富士山と湖、樹海を一望!山梨県紅葉台キャンプ場の魅力4選

キャンプ場

山梨県のキャンプサイトに張ってあるテントの画像

出典:PIXTA

富士五湖の中でも、神秘的な湖として知られる西湖の湖畔にあるのが、「紅葉台キャンプ場」です。創業したのは1956年。長年にわたり、多くの家族連れや学生でにぎわってきました。富士山と樹海、湖を一望でき、真夏でも涼しい風を楽しめる環境が人気。設備も充実しており、キャンプ初心者にもおすすめです。


 目次


自然の壮大な景色を眺望できる紅葉台キャンプ場

「紅葉台キャンプ場」では、海抜900mに位置する西湖湖畔ならではの神秘的な光景を楽しめます。開業して60年以上という歴史をキャンパーとともに歩んできました。キャンプ場を取り囲むのは、富士山・樹海・湖。「紅葉台キャンプ場」で、富士山の壮麗さ、湖の静謐さ、自然の懐の深さを思う存分体感してみましょう。

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡富士河口湖町西湖2202
電話:0555-82-2250
料金:
[バンガロー F IIタイプ(人数の目安10~12人)] 24,000円 / 泊
[バンガロー Fタイプ(人数の目安5~6人)] 12,000円 / 泊
[バンガロー SEタイプ(人数の目安4人)] 9,800円 / 泊
[バンガロー SEタイプ(人数の目安3人)] 8,200円 / 泊
[バンガロー SEタイプ(人数の目安2人)] 6,500円 / 泊
[テントサイト] 1,500円 / 1張1泊
[大人] 1,000円 / 泊
[デイキャンプ] 900円 / 人
チェックイン / アウト:13:00 / 11:00
営業期間:3月20日~11月末まで
アクセス:
[バス] 富士急行線「河口湖駅」からバスで約30分「三湖台下停留所」下車後すぐ
[車] 中央自動車道「河口湖IC」から車で約22分、東名高速道路「東名富士IC」から車で約67分
公式はこちら:紅葉台キャンプ場

紅葉台キャンプ場のおすすめポイント4選

「紅葉台キャンプ場」は、雄大な自然に取り囲まれており、どこを見渡しても自然の素晴らしさを楽しめます。そのうえ、大規模キャンプ場ならではのさまざまな遊び方・泊まり方が可能です。

家族単位でのキャンプやソロキャンプができるテントサイトだけでなく、、大人数での研修などにも対応可能なバンガローがあり、季節ごとの遊び方や人それぞれの楽しみ方ができるでしょう。夏場には、湖での水遊びやボート、カヌー、釣りなどが人気。チャンスがあれば、樹海のエコツアーや洞窟めぐりにもチャレンジしてみましょう。

1956年に創業し、長い間多くの人々に親しまれてきたため、「小さいころに紅葉台キャンプ場で林間学校を経験した」という方が、自分の子どもを連れてキャンプを楽しむこともあるのだとか。小さい子どもから大人まで年齢を問わず、「紅葉台キャンプ場」が愛されていることがわかります。

「紅葉台キャンプ場」には、清潔なレストルームやシャワー室があり、Wi-Fiにも対応しています。ここでは、「紅葉台キャンプ場」のおすすめポイントを4つに絞って、詳しく紹介していきましょう。

何といってもキャンプ場からの眺望が最高!

紅葉台キャンプ場のキャンプサイトの画像

出典:紅葉台キャンプ場

「紅葉台キャンプ場」の魅力は、何といってもその眺望です。キャンプ場から見渡せば、360度どこを切り取っても素晴らしい自然の風景。富士山と樹海、湖が織りなす自然の移り変わりを肌身で感じることができます。大自然の雄大さを味わいたい人は、三湖台からの360度のパノラマをぜひ。

「紅葉台キャンプ場」は、紅葉台・三湖台・五湖台の山々に取り囲まれるような立地にあります。「春夏秋冬、それぞれで表情を変える自然を全部体感したい」「森と湖の自然の恵みを感じたい」という人から、「気軽にアウトドアを楽しみたい」という人にも「紅葉台キャンプ場」はおすすめ。

キャンプ場のすぐそばにある湖では、水遊びやボート遊び、カナディアンカヌー、釣りに興じることができます。もちろん森での散策も可能です。レンタルできる自転車で周囲をめぐってみたり、キャンプ場から少し足を伸ばして樹海のエコツアーや洞窟めぐりなどを楽しんでみたりするのもいいかもしれません。

三湖台・紅葉台へのトレッキングなどで、自然をめいっぱい満喫するのもいいでしょう。

【基本情報】
ボート:1,300円 / 時間、2,500円 / 半日、3,500円 / 日
カナディアンカヌー:2,000円 / 時間
自転車:500円 / 時間

テントがなくても大丈夫!大人数でも楽しめるバンガローあり

紅葉台キャンプ場のバンガローの画像

出典:紅葉台キャンプ場

「紅葉台キャンプ場」には、バンガローが54棟用意されています。バンガロー全体で、同時に350名まで宿泊することができるため団体客の利用も多く、「子どもの頃に学校の林間学校などで利用した」という人もいるかもしれません。大人数でも対応できるバンガローがある一方で、2~3人という少人数でも利用できるタイプもあり、さらに寝具類などをキャンプ場からレンタルもできます。

「アウトドア初心者でテントを張る自信がない」という人でも気軽に宿泊できるテントサイトの準備も。アウトドア用品をそろえなくても、キャンプの楽しみに触れられることはうれしいポイントです。

「紅葉台キャンプ場」では、炊事用具セットなどをレンタルすることも可能。事前に食材を予約し、共用のバーベキューグリルを利用すれば、たとえ手ぶらで出かけたとしてもとても簡単にキャンプ飯を味わうことができます。アウトドア初心者でも不安なく楽しめるのが、「紅葉台キャンプ場」の懐の深さなのかもしれません。

【基本情報】
布団・毛布・シーツセット:700円 / 泊(2泊目より550円)
炊事用具セット:1,800円 / 泊(2泊目より1,300円)

アウトドアでもレストルーム・シャワー室は清潔、きれい!

紅葉台キャンプ場のレストハウスの画像

出典:紅葉台キャンプ場

アウトドアは楽しみたいけれど、レストルームが汚いと少し残念……そんな人でも、「紅葉台キャンプ場」なら心配ありません。「紅葉台キャンプ場」のレストルームは、改装され実に清潔。お湯も使えます。

夜間照明もあるため、夜間にレストルームを利用する際もさほど不安を感じることはないでしょう。また、8:00~22:00までシャワーも可能です。「ゆったりお湯につかりたい」という人は、近隣の日帰り温泉などを利用するのもおすすめ。デイキャンプの帰りに利用する人も少なくありません。

【基本情報】
シャワー:8:00~22:00 300円 / 回

Wi-Fiが使えて売店も充実!

川遊びをしている人と犬の画像

出典:紅葉台キャンプ場

「紅葉台キャンプ場」は、利用者の利便性を高めるためさまざまな取り組みをしています。その一つが、無料で利用できるWi-Fiです。「キャンプの様子をSNSに投稿したい」という人からも大好評。

さらに、売店ではキャンプ用品や飲み物、食材などの販売のほか、寝具セットや炊事セット、レクリエーションで用いるカヌーやボート、自転車などのレンタルを行なっています。薪なども時価で販売しているため、安心です。

まとめ

今回は、山梨県にある「紅葉台キャンプ場」の特徴とおすすめのポイントを紹介しました。「紅葉台キャンプ場」は、富士五湖の一つである西湖から徒歩すぐ。富士山を間近に眺めつつ、ゆったり過ごせると評判のキャンプ場です。設備が充実していて、アウトドア初心者にもおすすめ。ぜひ一度足をお運びください。
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪