hinata

>

キャンプ場

>

雄大な自然!おしか家族旅行村オートキャンプ場と周辺スポット3選

雄大な自然!おしか家族旅行村オートキャンプ場と周辺スポット3選

キャンプ場

おしか家族旅行村オートキャンプ場のキャンプサイトの画像

出典:おしか家族旅行村オートキャンプ場

宮城県石巻市牡鹿半島の先端にある「おしか家族旅行村オートキャンプ場」では、金華山と太平洋を一望に収める雄大な景色を満喫できます。気軽に泊まれるケビン(ロッジ)などがあり、希望に応じて選択が可能。石巻の自然と歴史を感じられる周辺のスポットめぐりをするのもおすすめです。

目 次

「おしか家族旅行村オートキャンプ場」ってどんなところ?

「おしか家族旅行村オートキャンプ場」は石巻の霊峰・金華山を正面に望むオートキャンプ場で、キャンプスタイルが豊富。電源付きサイトやオートサイトなどに加えて設備の整ったケビンが6棟あり、さまざまなニーズに対応しています。また、炊事場やコインランドリーといったサニタリー棟の設備はすべて無料で使用可能。清潔で快適なキャンプ生活をサポートしてくれます。

【基本情報】
住所:宮城県石巻市鮎川浜駒ヶ峯1-1
電話:0225-45-3420
利用料金:
[デイキャンプ] 300円 / 大人
[オートキャンプサイト] 3,050円~
[ケビン] 15,270円~
チェックイン / アウト:14:00 / 10:00
アクセス:
[車] 三陸自動車道「石巻港IC」から約60分
公式はこちら:おしか家族旅行村オートキャンプ場

「おしか家族旅行村オートキャンプ場」の魅力と周辺のおすすめスポット3選

「おしか家族旅行村オートキャンプ場」の魅力は、何といってもその眺望。石巻が誇る霊峰・金華山を目の前にした丘陵地に設けられており、雄大な景色を見ることができます。時間とともに見せる姿を変える金華山の様子も「おしか家族旅行村オートキャンプ場」の醍醐味。

さらに、「おしか家族旅行村オートキャンプ場」の名の通り、家族キャンプで訪れるのにぴったりな、清潔かつ快適なアウトドア環境もおすすめポイントです。個別サイトは、それぞれがきれいに区画されており、きちんと手入れされたサニタリー設備の使用はすべて無料。コインランドリーなどもあり、小さな子ども連れのご家族からも好評です。

また、赤ちゃんや高齢者と一緒でも安心な別荘感覚で利用できるケビン(ロッジ)も用意されており、アウトドア初心者にもおすすめ。ここでは、「おしか家族旅行村オートキャンプ場」のおすすめポイントと周辺の観光スポットを3つご紹介します。

金華山を目の前に望む最高のロケーション!

おしか家族旅行村オートキャンプ場のロケーションの画像

出典:おしか家族旅行村オートキャンプ場

「おしか家族旅行村オートキャンプ場」に到着すると、まず目に入るのが石巻の霊峰・金華山の姿です。キャンプ場は金華山と太平洋を望む丘陵にあり、海と山の雄姿を同時に楽しめます。朝日に照らされた壮麗な金華山の姿は見事で、宿泊する際の見どころです。

ただし、気をつけたいのは宿泊するサイトによってその眺めが変わること。どのサイトからも海がきれいに望めるわけではありません。海が見られることを第一に考えるなら、電源付きサイトを利用するのがおすすめです。フリーサイトからは、金網ごしに海を望むことになるためご注意を。

充実の設備で安心して過ごせるケビンあり!

「おしか家族旅行村オートキャンプ場」には、利用者のさまざまなニーズに対応したキャンプサイトが用意されています。電源が使える電源付きサイト、オートサイトの他にテント1張分のフリーサイトなどがあり、サイトの利用者であればサニタリー棟の設備はすべて無料で使用できます。

また、フリーサイトの奥にはケビンが6棟。5名用が4棟、8名用が2棟となっているため、人数によって選択しましょう。ケビン棟は広々とした作りになっていて、シャワーや浴室、キッチン、寝具はもちろん、エアコンやテレビ、冷蔵庫、電子レンジ、炊飯器、ガスヒーターなどもすべて完備。食器や鍋類も一式ある充実ぶりです。バリアフリーの棟もあり、車いすやベビーカーでも問題ありません。

ケビンを利用する際は、食材以外は手ぶらでも構いませんが、その他のテントサイトを利用する場合も、管理棟でアウトドア用品を購入できます。営業時間は7:00~21:00で、調味料や食材などの取り扱いもあるため、一度のぞいてみましょう。

注意すべきポイントは、「おしか家族旅行村オートキャンプ場」が完全予約制であること。予約なしでの飛び込み利用は原則できません。利用する予定の方は、事前に電話もしくはインターネットでの予約が必須です。

周辺のおすすめスポット①:田代島

田代島にいる猫の画像

出典:おしか家族旅行村オートキャンプ場

最近「猫島」の呼び名で知られているのが、旧北上川の河口から約15kmの海上にある離島「田代島」です。島内に多数の猫が暮らしているのは、昔から猫が大漁を招く縁起のよい動物として大切にされてきたから。

猫を祀った島内の「猫神社」は、平成21年に国土交通省の『島の宝100景』に選定されており、多くの外国人観光客が訪れるスポットにもなっています。また、田代島中心部には、有名漫画家が内装などを手掛けたキャンプ施設「マンガアイランド」があり、漫画ファン注目のスポットです。

周辺のおすすめスポット②:金華山

金華山の画像

出典:おしか家族旅行村オートキャンプ場

「おしか家族旅行村オートキャンプ場」の目の前でその雄姿を見せている「金華山」は、古くから地域の信仰の対象でした。青森の恐山や山形の出羽三山と並ぶ「東奥三大零場」の一つに数えられ、崇められてきたのです。

金華山には、「金華山に3年続けてお参りすれば、お金に困ることがない」と言われています。また、金華山に「金」にまつわる名前が多く残されているのは、日本で初めて金を産出した場所だという伝承が残っているから。

金華山の中心にある黄金山神社は、大漁や商売繁盛、開運といったご利益があるとされていて、付近の漁民から篤い信仰を集めてきた場所でもあります。

周辺のおすすめスポット③:御番所公園

御番所公園の画像

出典:おしか家族旅行村オートキャンプ場

「御番所公園」の名前の由来は、この場所に仙台藩が見張り所を設置し、唐船の襲来に備えていたから。遠くからの襲来に備えるため、牡鹿半島の最先端、太平洋を見下ろす場所が選ばれました。この御番所公園の展望棟からは、金華山・網地島・田代島の三島を見渡す大パノラマが楽しめます。

まとめ

今回は、宮城県石巻市にある「おしか家族旅行村オートキャンプ場」の魅力や周辺の観光スポットをご紹介しました。金華山と太平洋とを望むロケーションは大自然を満喫するのに申し分なし。施設も清潔でよく手入れがされており、設備の整ったケビンなどを使えば、赤ちゃんやお年寄りと一緒のキャンプでも安心して利用できます。アウトドア初心者もぜひどうぞ。

この記事で紹介したスポット

キャンプ場画像 おしか家族旅行村オートキャンプ場
キャンプ場名 おしか家族旅行村オートキャンプ場
リンク キャンプ場の情報を見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


関連するキーワード

キャンプ場

おすすめのキーワード