アクティビティが充実!めいほう高原キャンプフィールドの魅力3選

キャンプ場

めいほう高原キャンプフィールドに貼ってあるキャンプテントの画像

出典:めいほう高原キャンプフィールド

標高900mのめいほう高原にある「めいほう高原キャンプフィールド」は、高原ならではの爽やかさや満点の星などを楽しめるうえ、自然の中で思いっきり身体を動かすアクティビティも充実。手ぶらで行っても楽しめるセットプランがあり、アウトドア初心者にもおすすめです。


 目次


「めいほう高原キャンプフィールド」で自然を満喫しよう!

「めいほう高原キャンプフィールド」は、「めいほうスキー場」の敷地に4月下旬~10月下旬限定でオープンするキャンプ場です。キャンプサイトが充実していて自分好みのキャンプスタイルを選択できるのがうれしいポイント。さらに、面積の95%が森林という、明宝エリアの自然を満喫できるアクティビティも豊富です。

【基本情報】
住所:岐阜県郡上市明宝奥住水沢上3447-1
電話:0575-87-0030
利用料金:
[GRACEサイト] 20,000円~ / サイト
[芝サイト] 3,000円 / サイト(レギュラーシーズン)、3,500円 / サイト(トップシーズン)
[オートサイト・ウェスト] 入場料600円 / 人(定員5名)、車3,000円 / サイト(レギュラーシーズン)、車3,500円 / サイト(トップシーズン)
[オートサイト・イースト] 入場料600円 / 人、車2,800円・オートバイ2,000円 / サイト(レギュラーシーズン)、車3,300円・オートバイ2,500円 / サイト(トップシーズン)
[たけのこサイト] レギュラープラン10,000円 / サイト(レギュラーシーズン)、10,500円 / サイト(トップシーズン)
[デイキャンプ] 800円 / 人
チェックイン / アウト:13:00~17:00 / 11:00(GRACEサイト 14:00~17:00 / 10:00)
アクセス:
[車] 「一宮JCT」から東海北陸自動車道経由で約80分、「豊田IC」から約1時間40分、「吹田IC」から名神高速道路経由で約3時間
公式はこちら:めいほう高原キャンプフィールド

「めいほう高原キャンプフィールド」の魅力3選

郡上市明宝エリアは、その面積の95%が森林に覆われている自然豊かな地域です。ここで冬季に営業しているスキー場を、グリーンシーズンのみキャンプ場としてオープンしているのが「めいほう高原キャンプフィールド」。さまざまなニーズに対応し、自分好みのキャンプスタイルを選択できる大規模キャンプ場として、名古屋からはもちろん東海、関西からも多数のキャンパーが訪れています。

標高900mのめいほう高原からは、開放感たっぷりの光景が。夜間には、満天の星を眺めつつ、家族や仲間とゆったりと語り合う時間が持てるでしょう。「めいほう高原キャンプフィールド」には、「優雅にそして美しく」をキャッチコピーにしたグランピングサイトやゲレンデを利用した芝サイトなど以下のようなサイトが設けられています。

・グランピングリゾートスタイルのGRACEサイト
・芝の心地よさを味わえる芝サイト
・キャンピングカーで利用できるオートサイトなど

そのため、自分好みの方法でキャンプを楽しむことができるでしょう。手ぶらでもバーベキューができるのはうれしいポイント。日中は、カヌー体験やジップライン、バギー体験、ピザ作りなどさまざまなアクティビティを子どもと一緒に楽しみ、高原の1日をめいっぱい遊び尽くしてください。

ここでは、アウトドア初心者でもキャンプの魅力を満喫できる「めいほう高原キャンプフィールド」を利用する際のおすすめポイント3つを紹介してきます。

豊富なサイトラインナップから自分好みのキャンプスタイルを選ぼう!

めいほう高原キャンプフィールドでキャンプをしている画像

出典:めいほう高原キャンプフィールド

「めいほう高原キャンプフィールド」には、さまざまなキャンプサイトが用意されています。「優雅にそして美しく」がキャッチコピーのGRACEサイトは、ステラサイト(ログハウス)とグラースサイト(テントサイト)の2タイプ。ソファベッドやバーベキューコンロ、焚火台といった必要なアイテムがすべてそろっているため、食材だけ調達すれば手ぶらでアウトドアライフを楽しめます。

また、やわらかい緑の芝の上にテントを張れる芝サイトは、家族連れにぴったり。管理棟やトイレが近いのも安心です。オートサイトは、車専用のウェストとオートバイも可能なイーストとに分かれています。砂利が敷かれていて地面は少々固めですが、広々しているのがうれしいポイント。

また、たけのこサイトは、テントが常設されているため、設営する必要がありません。車の乗り入れも可能です。たけのこサイト用のプランとして、バーベキュー道具一式とテーブル、イス、ランタンがセットになったものもあり、アウトドア初心者でも快適にテント泊ができます。

いずれのサイトも、レギュラーシーズンとトップシーズンとで価格が変わります。トップシーズンは、5月のゴールデンウィーン期間中と夏休み期間にかけてです。詳細は、「めいほう高原キャンプフィールド」に確認してみましょう。

手ぶらでバーベキュー、手ぶらでキャンプも可能!

めいほう高原キャンプフィールドでオートキャンプをしている画像

出典:めいほう高原キャンプフィールド

「めいほう高原キャンプフィールド」には、キャンプ用品が一切不要のGRACEサイト以外にもさまざまなレンタルアイテムが用意されているため、手ぶらでキャンプに向かうこともできます。レンタルアイテムは、テントとグランドシート、タープなどがセットになったテントセットをはじめ、シュラフやテーブル、ランタンなど盛りだくさん。

任意のレンタル安心保障などもあり、活発な子ども連れのファミリーでも安心して利用できます。もちろん、バーベキュー用のアイテムも多岐にわたります。テントセットとバーベキュー用品がセットになった手ぶらパックやバーベキュー用品セット、コンロ、調理道具セット、食器セットなど、こまやかな配慮がなされているのが特徴です。

また事前予約すれば、バーベキューパークでの気軽なお食事も可能。牛サーロインや豚肩ロースなどが入ったセットメニュー、単品メニューなどがあり、アメリカンスタイルのバーベキューを楽しむことができます。ほかにも、時間制限ありのフリードリンクや誕生日プランなども。片付けをする必要がなく、ゆったり食事の時間を楽しめます。

豊富なアクティビティで遊び尽くし、家族の夏の思い出をいっぱい作ろう!

めいほう高原キャンプフィールドでさまざまな体験をしている子ども達の画像

出典:めいほう高原キャンプフィールド

「めいほう高原キャンプフィールド」は、家族との夏の思い出づくりにもぴったりです。家族と一緒に経験するすべての体験は、とても大切なもの。キャンプだけでなく、豊富なアクティビティで家族の思い出をたくさんつくりましょう。

家族向けに用意されたファミリーセットで体験できるのは、カヌーやアマゴつかみ・アマゴ焼き、石窯を使ったピザ作りなど。自分たちで捕まえた魚や粉から手作りしたピザを味わうのは格別の思い出になるはず。

ファミリーパックを利用しない人も、「めいほう高原キャンプフィールド」にオープンしたアクティビティパーク「ASOBOT」でアクアジップライン、バギーパーク、カヌーという3種のアクティビティが楽しめます。ジップラインで大きな池の上を飛び越えたり、かっこいいバギーで特設コースを走り抜けたり、ゆったりした池の中でカヌーを漕いだりすれば、その興奮もまた格別。小さな子どもの場合は、スライダーやトランポリンなどもおすすめです。

まとめ

今回は、岐阜県郡上市にある「めいほう高原キャンプフィールド」でぜひ体験していただきたいおすすめポイントをご紹介しました。高原にある開放感たっぷりのキャンプ場で、常設テントやグランピングサイトもあるため初心者でも安心。オートサイトも数多く用意されていて、高原の自然をめいっぱい堪能できるアクティビティも豊富です。
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ場

おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪