お米マイスターが料理ギアを解説!第3回はついにメスティン。【究極キャンプ炊飯vol.3】

 ノウハウ

メスティン炊飯

日本でのキャンプに欠かせない「炊飯」。「どの調理ギアで、どのように炊けば究極においしい白米が食べられるのだろう」。その答えを求めて訪れたのは、日本有数の炊飯のプロであるお米マイスター。お米マイスターが実際に使用してたどり着いた究極の炊き方を全5回にわたって提案します!第3弾は、トランギアのメスティンを特集します!

五ツ星お米マイスターと料理ギアのコラボで、おいしいお米が食べられる?!

料理ギアを使って、本当においしいお米が食べたい!

「どのギアで、どのように炊いたら、最高においしく食べられるのか」。そこで人気の調理ギアを選び、まずはメーカーに推奨の炊き方を取材。五ツ星お米マイスターのもとを訪れ、極限まで米のうまさをひきだせる方法を提案してもらいました。自分のキャンプスタイルと料理の好みに合ったギアと、おいしいお米の炊き方を知り、家族や仲間をうならせる「炊飯」を目指しましょう。

解説は、五ツ星お米マイスター・小池 理雄(こいけ ただお)さん

五ツ星お米マイスター・小池さん

東京・表参道で唯一の精米店「小池精米店」3代目店主。高品質で、安全・安心なお米を全国の食卓へ届けるべく、お米の小売だけでなく幅広い分野へ精力的に活動。おいしいお米の選び方やオリジナル商品の開発、イベントやweb上で積極的に情報を発信。情報バラエティ番組「ヒルナンデス」(日本テレビ)、ニュース・情報番組「news every」(同)など、メディアへの出演も多数。

各メーカーごとのアイテムを紹介

各メーカーのアイテムごとに製品開発者による商品解説してもらい、お米マイスターの小池氏が実際に炊飯した実験の様子や、実験の結果、各アイテムに合った炊飯方法を紹介します!

No.3 Trangia(トランギア)のメスティン

トランギアのメステイン

ここ数年のキャンプブームにより、キャンプ初心者から上級者まで幅広いキャンパーの支持を集めているアウトドアクッカーの名品、トランギアの「メスティン」。炊飯に限らず、パスタや炒め物、揚げ物など幅広い調理に使えることで重宝されています。そんな万能選手のイメージの強いメスティンですが、炊飯ではどれほどの実力を発揮するのでしょうか?!

【基本情報】
商品名:trangia メスティン TR-210
重量:150g
サイズ:17×9.5×6.2cm
主素材:アルミ製(無垢)
価格:1,600円(税込)
公式サイトはこちら:trangia

解説してくれたのは、商品部の鈴木さん

鈴木さん

イワタニ・プリムス 商品部

鈴木さん

実際に、スウェーデンにあるトランギア社の工場に見学へ行ったことがあります。

アウトドアクッカーとして言わず知れたトランギアのメスティン。そんなメスティンで炊飯をするときのポイントや注意点、「中の人」ならではのエピソードを聞きました。

「水と火加減を間違えなければ、ほとんど失敗することはありません」

メスティンでの炊飯したときの特徴をきっぱりと答えてくれた鈴木さん。

鈴木さんによると、メスティンでお米を1合炊くときは、30分ほど吸水させた後、中火または強火で加熱します。湯気が出てきたら火を弱めます。スプーンを当てて振動を感じなくなったり、プクプクとした音からチリチリとした音に変わったりと変化が出てきたら火を止めます。15分ほどタオルでメスティンを包んで蒸らしたら完成。「風や天候などの気象条件により加熱の具合は変わるため、加熱時間は明確に設けていない」とも教えてくれました。

「水を入れる量は、ごはん1合のときはメスティンの内側のハンドルを固定する金具『リベット』の真ん中が目安です。もともとお米を炊くことを想定した作りではないにもかかわらず、たまたま目印となるパーツと水の量が合っていました」。なんとも不思議なエピソードです。

炊飯する際の注意点についても教えてくれました。「メスティンのハンドルにはゴム製のカバーがついています。ハンドルを水平に倒した状態のまま加熱すると、バーナーやメスティン本体からの熱でハンドルのゴムが溶けてしまったり、すごく熱くなって危険なこともあります。それを防ぐために、ハンドルは完全に倒さず斜めに傾けておくくらいが適切です」。

「あとは、ちゃんと炊けているか心配になってもふたを開けないことです。熱や水分が逃げてしまうので、気長にじっくり待ちましょう」と鈴木さん。途中で開けたくなる気持ちがすごくわかる筆者は、あらためて気を付けようと思いました。

五ツ星お米マイスターがメスティンをジャッジ

小池氏「シンプルで軽く使いやすい!」

五ツ星お米マイスターの小池氏に、トランギアのメスティンで炊いた感想や炊き方のポイントを解説してもらいました。

お米マイスターの小池氏
hinata編集部
マツモト

hinata編集部
マツモト

連載も中盤となりました!第3回は、トランギアのメスティンの特集です。メスティン で炊飯した実際の炊き上がりはいかがでしたか?

五ツ星
お米マイスター
小池氏

五ツ星
お米マイスター
小池氏

仕上がりは硬めな印象を持ちましたが、お米一粒一粒が立っておりふっくらと炊けていました。

hinata編集部
マツモト

hinata編集部
マツモト

やはり人気なクッカーなだけあり、お米もしっかり炊けていたようですね…!
炊く時の水加減は、いかがでしたか?

メスティンでお米をさらしている様子
五ツ星
お米マイスター
小池氏

五ツ星
お米マイスター
小池氏

事前の説明の通り、お米1合に対して水はリベットの真ん中まで水を入れました。これは、事前の情報通りの量でちょうど良いと思います。

hinata編集部
マツモト

hinata編集部
マツモト

公式で言われていた水量はまさにぴったりだったんですね!どなたが発見したことか分からないですが、お米マイスターも納得の水加減であることが分かりました。火加減はどうでしたか?

五ツ星
お米マイスター
小池氏

五ツ星
お米マイスター
小池氏

最初は中火からスタートし、吹き出してから弱火、火を止めたのは点火してからおよそ20分後。アルミ製で熱伝導率が良いため、量が少なくてもじっくりと中火で加熱した方が焦げ付きにくくなります。

メスティンで炊飯をしている様子
hinata編集部
マツモト

hinata編集部
マツモト

よくお米を炊く時、最初は強火でしっかり加熱すると良いと聞きますが、アルミ製で小さい容器の場合は火加減を調整する必要があるということですね。ちなみに、メスティンならではの火加減の見方で分かりにくいこともあったようですね?

五ツ星お米
マイスター
小池氏

五ツ星お米
マイスター
小池氏

はい。炊飯が進んできて、メスティン内部の水分が減ってきたときに、メスティンのふたにスプーンなどで触れるとチリチリとした音や振動のようなものが感じられるとのことですが、実際はよく分かりませんでした。そのため、今メスティンの内部がどんな状態なのかは少し分かりにくかったです。

hinata編集部
マツモト

hinata編集部
マツモト

火加減の調整に慣れていない人だと少し難しく感じられるかもしれませんが、キャンプ場のような静かな場所なら分かりやすそうですね。最後に、メスティンでの炊飯に合うお米を教えてください。

メスティンで炊飯したお米
五ツ星お米
マイスター
小池氏

五ツ星お米
マイスター
小池氏

メスティンでの炊き上がりは硬めになるので、連載第1弾のコールマンのダッチオーブンでも紹介した「だて正夢」がおすすめです。もちもちの食感のお米だとバランスが取りやすくなると思います。

hinata編集部
マツモト

hinata編集部
マツモト

なるほど。クッカーごとに合うお米の特徴が分かっていれば、よりおいしくキャンプでお米を食べられますね!

五ツ星お米
マイスター
小池氏

五ツ星お米
マイスター
小池氏

お米向きのクッカーでなくても米のうま味がしっかりと引き出され、甘みを香りでもしっかりと感じられました。今回取り上げたメスティンも含め、クッカーごとによって炊き上がりの違いなど面白い発見がありました。

hinata編集部
マツモト

hinata編集部
マツモト

メスティンがシンプルなのに、炊飯に限らず幅広い料理に使え、長年多くの人に支持されている理由に通じるものがあるのでしょうか。第3弾も詳しい解説をありがとうございました!

次回は、ユニフレームのヒット作「キャンプ羽釜」

長年キャンパーに支持されているクッカー・トランギアのメスティンでの炊飯について、イワタニ・プリムスの商品部 鈴木さん、五ツ星お米マイスター・小池氏に解説いただきました。鈴木さんによる製品の熱心な説明や、小池氏のお米マイスターならではの意見はとても興味深いものばかり。次回は、多様な調理器具を開発しているユニフレームの画期的な人気商品「キャンプ羽釜」を紹介します。どんな解説になるのか、お楽しみに。

究極キャンプ炊飯

日本でのキャンプで、誰もが経験する「炊飯」。「どの調理ギアで、どのように炊けば究極においしい白米が食べられるのだろう」。その答えを求めて訪れたのは、日本有数の炊飯のプロである五ツ星お米マイスター...

記事一覧へ
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプ料理 特集 キッチン用品 連載

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪