トリパスプロダクツの人気焚き火台グルグル・ファイヤー。使うほどにマストな理由【我が家のギア】

 キャンプ用品

夏でもキャンプ中は常に焚き火を楽しみたい我が家は、北海道発のアウトドアブランド、トリパスプロダクツの人気焚き火台GURU GURU FIRE(グルグル・ファイヤー)をついに購入しました。鹿のツノを彷彿とさせる斬新なデザインに一目惚れ。使えば使うほどマストな存在となった理由をレポートします。


 目次


金属加工のプロが生んだトリパスプロダクツ

トリパスプロダクツは、北海道石狩市を拠点にする老舗の金属加工会社が立ち上げたアウトドアブランド。加工のプロならではの熟練した技術で生まれたアイテムは、滑らかな仕上がりと扱いやすさが高い評価を得ています。焚き火台以外にもテーブルや鉄板などを続々とリリースしており、どれも職人技が光るものばかりです。

使えば使うほどマストになった理由

GURU GURU FIREは、ドライバー不要で組み立てられる焚き火台。収納ケースが炭受け、薪おき部分になり、コンパクトに収納できるのが特徴。サイズはXS、S、Mの展開で、ソロ、デュオ、グループ、ファミリーなど、シーンに合わせて楽しめます。見た目だけでなく、沢山の機能を持ち合わせた唯一無二の焚き火台。ここからはファミリーキャンプを楽しむ我が家でも、使えば使うほどマストになった理由を紹介します。

何よりも観賞用に最適

トリパスプロダクト

おしゃれで斬新なデザインはGURU GURU FIREの最大の魅力。薪を縦方向に投入するので、炎が上方向に長く伸びます。その炎の姿は美しく芸術的ですらあります。キャンプ中は、つい手を止めて焚火台の前でじっとながめてしまうことも。夜はお酒を飲みながら美しい炎を鑑賞。ゆったりとした時間が流れ、まさに最高の癒しです。

実は焚き火料理にも最適

ハンガーでケトルも安定

トリパスプロダクト

印象的な鹿のツノのようなハンガーは、調理器具を吊るせます。キャンプで0.9Lのケトルを安定して吊るせました。適度な重量の器具であれば、吊るし料理も楽しめるのはうれしい機能です。

フウボウMで快適に調理ができる

トリパスプロダクト

オプション品のフウボウMとゴトクを追加購入し、さらに調理が快適に。フウボウMは、焚き火台の内部に設置することで、風を防ぐだけでなく、壁の役割も果たしてくれます。火の調整が難しい焚き火料理も、フウボウMがあれば、簡単に料理を作ることができます。

ゴトクを使えば鉄板やフライパン、ダッチオーブンなどを置いて、調理できます。ゴトクの頂点部には中心に向かって徐々にさがる階段状の段差がつけられ、調理器具が滑り落ちるのを防ぎます。薪を投入しやすいように、脚の部分に高さが付けられています。

鉄板も設置してお手軽に料理できる

鉄板を敷いてのステーキ

GURU GURU FIREを使って、まるごとのトウモロコシと、それとは別にエノキダケとビーマン、ニンニクを調味料で味付けした2種類のホイル焼きに挑戦。食材を包んだホイルを、火の中に投入するだけのお手軽料理ができました。A4サイズ程の鉄板を設置し、ステーキも焼けます。、

他にも焚き火が楽しくなる商品がたくさん

GURU GURU FIREの他に、焚き火を楽しめる商品が販売されています。追加でそろえれば、焚き火の幅がさらに広がります。

トリバサミ

トリパスプロダクトのトリバサミ

長さが520㎜深さのある焚き火台には、ロングサイズの火バサミ「トリバサミ」が便利。先がのこぎり状になっており、耐荷重が30kgもあります。重く扱いづらいダッチオーブンも持ち上げられる優れもの。灰受けにも引っかけられるので、見失う心配もありません。我が家は、グリップ部分に、ガイロープを巻いてカスタマイズしました。

ツノスタンド

トリパスプロダクツ ツノスタンド

出典:トリパスプロダクツ

存在感抜群のツノスタンドは、23カ所の放射状とランダムに施されたホールのどこにでも、ツノパーツを取り付けられます。ランタンやケトルを好みの場所に吊るせば、サイトがより自分好みになり華やかに。細部にまでこだわって設計されている構造は芸術そのものです。

コンパクト収納

トリパスプロダクト

GURU GURU FIRE Mの収納サイズは、幅35mm×奥行き350mm×厚さ43mmとコンパクトなサイズ。オプション品である、フウボウMやゴトクも一緒にしまえます。収納にすべて入ってしまのでパーツが無くなってしまうなんてことも防げます。

さびには注意

素材が鉄のため、さびやすいのが難点。収納時は、完全に乾かした状態にします。パーツを分解できるのは便利。すみずみまで掃除し、付属の防さびフィルムに入れて収納すれば、さびを防げます。

使えば使うほどマストなGURU GURU FIRE

トリパスプロダクツの焚き火台 GURU GURU FIREは、使えば使うほど新たなアレンジを楽しめるので、我が家のキャンプには欠かせない存在となりました。気になる方はぜひチェックしてみてください。

詳細はこちら:トリパスプロダクツ公式サイト

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪