カンブリア宮殿でも紹介!金属加工の匠の技術を結集した究極の焚き火台が登場

 キャンプ用品

芸術的なデザインの焚き火台「Bonfire Grill」が、クラウドファンディングサービスMakuakeでリリースされました。焚き火台といえば無骨な印象を持たれがちですが、熊本県のステンレス加工会社の匠が持つ技術を詰め込み、繊細な美しさと使い勝手の良さを両立。応援購入額は既に目標の10倍に迫る勢いで、焚き火台としては近年まれにない注目を集めています。


 目次


ステンレス加工の技術が光る繊細なデザイン

幻想的に光り輝く模様

男性目線の物が多いキャンプなどのアウトドア用品。特に、焚き火台は大きくて無骨なデザインの物がほとんど。そこで焚き火台の常識を打ち破るべく誕生したのが、「Bonfire Greill」です。本体表面の繊細な模様が、火の中で幻想的に光り輝く様子は、まるでインテリアの照明のようで、女性も魅了するデザインが施されています。

デザインだけではないポイントも多数

高い耐久性も魅力

繊細な見た目とは裏腹に、熱や衝撃、サビに強いタフさがあるステンレス製の焚き火台「Bonfire Grill(ボンファイア・グリル)」。開発したのは、創業47年の金属加工のプロ集団である「丸山ステンレス工業」(熊本)です。

同社は、少量多品種の半導体や有機ELなど、ステンレス部品の精密加工を手掛ける町工場です。そんな同社が「ステンレス加工のノウハウを生かし、アウトドア愛好家の皆さんに商品を届けたい」という思いから、自社のアウトドアブランド「STEN FLAME」を設立。その挑戦の第1弾が、「Bonfire Grill」となりました。

洗練されたデザインは3種類

デザインは、熊本県花の「Rindou(リンドウ)」と同県伝統的工芸品の「Temari(テマリ)」、「Takekago(タケカゴ)」をイメージした3種。最高技術のレーザー加工で施された繊細な模様が施されており、焚き火の炎をより幻想的に魅せてくれます。今までのキャンプとは一味違う、贅沢な時間が過ごせます。

手軽に持ち歩けるサイズ感と重量感

本体はステンレス製なので、お手入れも簡単。さらに使えば使うほど風合いが変化する、特別な愛着が湧く一台です。持ち手もあり、女性でも片手で持ち運べる設計。使う人を選びません。

どこでも楽しめる専用の付属パーツ付き

付属のパーツである「着脱式持ち手」と「脚ボルト」を使用すれば、用途に合わせて、ランタンハンガーに吊るすことやテーブルに置くことも可能。この焚き火台があるだけで、アウトドアの快適さや楽しみの幅が格段に広がります。

調理もできる安定感

お手軽サイズでありながら、調理器具が置けるだけの十分な耐久性も兼ね備えた優れもの。付属パーツを使用して、直接テーブルで調理できます。簡単な調理であれば、車にあれこれ積み込まずに、この1台で十分楽しめます。

すでにクラウドファンディングサイトでは目標達成!

まだ実店舗での販売がない「Bonfire Grill」ですが、既に人気経済トーク番組「カンブリア宮殿」(テレビ東京系)でも紹介されるほど注目を集めている一台。一つ一つが職人の手作りなため、少々お値段は張ってしまうものの、品質面の安心感は抜群です。Makuakeでの応募期間は2020年4月20日まで。予定より早く締め切られることもあるので、早めの購入をおすすめします。

【アイテム詳細】
名称:Bonfire Grill
サイズ:(取手なし・脚ボルト付) W185x D164 x H214
    (取手あり・脚ボルト付) W193 x D164 x H329
    ※開発中のため、変更の可能性あり
重量:約1.4kg
柄:Rindou、Temari、Takekago
販売予定価格:29,700円(税込)

詳細はこちら:Makuake


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪