初心者でも簡単!?こたつキャンプの3大ハードルを手持ちアイテムで攻略!

 ノウハウ

冬キャンプを楽しむ方法の一つとして、今注目を浴びているのが「こたつキャンプ」。そろえるギアが分からないことに気後れし、まだ挑戦したことのない方も多いのではないでしょうか。しかし、普段のキャンプで使うアイテムを駆使すれば、誰でも簡単に実践できます。今回はこたつキャンプの3つのハードルを紹介した上で、その攻略方法を紹介します!


 目次


冬キャンプをこたつで暖かく過ごしてみたい

こたつキャンプは準備が大変?

「冬にキャンプを楽しむなら、こたつでまったりするキャンプもしてみたい!」。しかし自宅にこたつのある人は最近では少なく、わざわざキャンプのために買う人もまれです。またこたつを買ったとしても、ただでさえアイテムの多い冬のキャンプで、こたつテーブルを車に積んで持っていくのは大変です。

手持ちアイテムを駆使すれば、意外と簡単に楽しめるんです!

わざわざキャンプ場にこたつを持ち込まないでも、手持ちのアイテムを駆使してこたつキャンプを楽しめます。今回はカーペットやキャンプテーブル、シュラフなど普段のキャンプで使うアイテムを用意。こたつキャンプで直面する3つのハードルを紹介しながら、全てを攻略するためのノウハウを紹介します!

①こたつの下に敷くマットは?カーペットやシュラフで代用

自宅で使っているカーペットでOK

こたつキャンプといえば、椅子ではない「お座敷スタイル」が定番。こたつの下にカーペットを敷く必要がありますが、これは普段自宅で使っているマットを持っていきましょう。セッティングする場所は、基本的にフロア(底)のあるインナーテントで使用するのがおすすめです。テント内であれば、カーペットをそのまま敷いても汚れることはありません。フロアレスのシェルター内にも設置できますが、その場合はマットが汚れることがないように、レジャーシートも持っていくと良いでしょう。

シュラフやピローで居心地さらにUP

マットを敷くだけでは地面が硬く、座っているとお尻が痛くなってしまうので、プラスで緩衝材が必要になります。自宅にあるクッションや座布団を持っていくのも良いですが、わざわざ持って行かずとも。就寝時に使う予定のシュラフや枕をクッション代わりに使うことで快適な時間が過ごせます。

シュラフは掛け布団のように広げてこたつの下に敷くのも、マットの役割を果たしてくれるためおすすめです。

銀マットがあるとより暖かい

あると理想的なのが、ホームセンターでも手軽に買える銀マットやエマージェンシーシート。銀マットのアルミ素材には地面からの冷えを反射する効果があるので、1枚敷くだけで地面からの底冷えを防止してくれます。

②こたつアイテムを持っていない!

テーブルやシュラフを駆使して作れます

キャンプ場によってはこたつを貸してくれるところがあるので、まずはホームページをチェックしてみましょう。ただ、大抵のキャンプ場では借りることができないので、その場合は普段キャンプで使っているテーブルとシュラフを駆使して作るのがおすすめです。

作り方はとても簡単!おおよそ同じサイズのテーブル2つと、掛け布団のように広げられる封筒型シュラフを一つ用意します。片方のテーブルをセットして、上から掛け布団のように広げた封筒型シュラフを被せます。テーブルは高さ30〜40cm程度のものがベストです。

今回使用したテーブルはこちら!

COLLATAGE LIVING TABLE 90/2 ▼

シュラフをテーブルに被せたら、その上から脚を畳んだ状態のテーブルを置くだけで完成です。シンプルで作業工程が少ないため、今まで作ったことがない方でも5分あれば完成します。

こたつで暖まったシュラフで就寝時も快適に

こたつに使ったシュラフは、就寝時にはぽかぽかに暖まっているので、非常に快適に眠りにつくことができます。シュラフを持参することで、こたつアイテムという荷物を減らすことができる、かつ夜はぽかぽかに過ごせるため一石二鳥です!

今回使用したシュラフはこちら!

Largo 10 ▼

③キャンプ場に電源サイトがない!

実は湯たんぽをいれるだけで、とてもあたたかいんです!

「こたつを作っても電源がないと暖まらないのでは?」と思う人もいるでしょう。確かに電源サイトがないキャンプ場もたくさんあり、このままこたつに入っても暖かくありません。しかし電源がなくとも湯たんぽを入れると、こたつ内が予想以上に暖まります!こたつの大きさにもよりますが、2人用のこたつには2〜3個の湯たんぽを用意すると、こたつ内がとてもぽかぽかになります♪

こたつキャンプも寒さ対策は必須!トップスは厚手のものを

こたつが暖かいとはいえ、全身こたつに入ることはできません。ストーブがあれば理想的ですが、持っていない方は保温性の高いアウターを着ていくことをおすすめします。

今回使用したアウターはこちら!

SHERPA FLEECE JACKET ▼

保温性の高いだけでなく身動きの取りやすいボアフリーズ素材がおすすめ。モコモコ素材で着心地が良いため、テント内でも快適に過ごせます。

今回使用したアウターはこちら!

BOA FLEECE JACKET ▼

あとはみかんを置いてゆったり過ごすだけ!

防寒対策が完了したら、あとはこたつキャンプを楽しむだけ!みかんやお菓子、温かい飲み物を置いて、お話しながらゆったり過ごしてください。鍋を作ってぽかぽかに過ごすのもオススメです。家にいるかのように快適に過ごせるこたつがキャンプで簡単にできると分かれば、想像するだけでワクワクしてくるはず!

最後に

こたつキャンプは、普段のキャンプで使っていたテーブルやシュラフ、マットを使って気軽に楽しめることがお分かりいただけたかと思います!寒い冬はまだまだ続くので、ぜひいつもとは違ったこたつキャンプに挑戦してみてください。

今回使用されているギアは、こちらでチェック!

使用キャンプギアのあるページ ▼

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪