「わんぱくサンド」なら、栄養もおなかも満足度いっぱい!

 キャンプ料理

萌え断

出典:photo AC

今SNSなどで話題の「わんぱくサンド」は、手軽な軽食のイメージが強いサンドイッチを、ボリュームいっぱいのごちそうに仕上げたものです。育ち盛り・食べ盛りの子どもたちだけでなく、大人も大満足のわんぱくサンドレシピをご紹介していきます。


 目次


わんぱくサンドに王道はない

トマトのわんぱくサンド    

出典:photo AC

わんぱくサンドには、これといった決まりごとはありません。好きなものを好きなように、好みに合わせて彩り良く作るのが唯一のコツと言えるかもしれません。サンドイッチの醍醐味はその美しい断面。切り口を見て思わず「おいしそう!」と声が上がれば成功です。SNSでは「#萌え断」というカテゴリの投稿が人気。

ただ、サンドイッチづくりの基本については、やはり押さえておきたいポイントがあります。パンに水分が染み込まないように、バターやマーガリン、マヨネーズなどの油分を塗っておくのはわんぱくサンドでも同じ。また、パンを軽くトーストしておくと、水分の染み込みを防ぐ効果があります。

きゅうりのように水分の出やすいものは、塩を加えて下処理をする必要があります。トマトを使う際には、タネ部分をのぞくと水っぽくならず、切り口もきれい。 パンについてはフィリングにボリュームがあると、一般的なサンドイッチ用では薄すぎて、ちぎれてしまう可能性があります。やや厚めのパンを使い、パン自体の存在感も十分に感じさせましょう。

上手にまとめるためにメイン素材を決めよう

わんぱくサンドの断面    

出典:photo AC

圧倒的なボリュームがわんぱくサンドの魅力ですが、食べたときの美味しさ、見た目の美しさを決めるのは、主役となる素材です。例えば、とんかつとベーコンを一緒にはさんでも、お互いの良さが引き立ちません。油っこい素材同士を重ねるのではなく、それぞれを別のサンドイッチのメインにして仕上げるといった工夫が大切です。

主役は何も肉類とは限りません。野菜の千切りを彩りよく、たっぷりと詰めたわんぱくサンドもおいしいものです。このときには、脇役としてハムやベーコンを添えたり、マヨネーズでコクを出したりして食べやすさを考えます。また、同じ卵のサンドイッチでも、ゆで卵、オムレツ、スクランブルエッグ、サラダエッグなどで表情・味・インパクトが変わります。

まず何をメインにするかを決めて、そこからボリュームを出すためのサイドメニューを考えていきましょう。

オリジナルわんぱくサンドのための参考レシピ

にんじんが主役のわんぱくサンド

人参のイメージ画    

出典:Pixabay

甘めのにんじんラぺ(千切り)を主役に、グリーンを加えてヘルシーに仕上げたわんぱくサンドです。

【準備する材料(2人前)】
パン6枚切り:4枚
マヨネーズ:適量
にんじん:1本
グリーンリーフ:適量
オリーブオイル:大さじ2
きび砂糖:大さじ2
酢:大さじ1
粒マスタード:大さじ1
ブラックペッパー:少々
サラダチキン:1人前

【作り方】
1.にんじんは皮をむいてピーラーでスライスする
2.調味料をすべて合わせる
3.にんじんを調味料に浸けて冷蔵庫で30分ほど冷やす
4.パンにマヨネーズを塗る
5.グリーンリーフはよく洗い、水気をキッチンタオルでとる
6.サラダチキンを薄くスライスする
7.パン5枚分ほどの長さでラップを敷く
8.ラップの上にパンを載せ、サラダチキン・にんじん・グリーンリーフの順に重ねる

真ん中が高く盛り上がるように載せるのがコツです。グリーンリーフの代わりに千切りキャベツでも。ラップを強めに巻いて、ラップごとカットするときれいにできます。

ゆで卵の断面が美しい定番わんぱくサンド

ゆで卵と食パン    

出典:Pixabay

【準備する材料(2人前)】
パン6枚切り:4枚
マヨネーズ:適量
卵:2個
キャベツ:お好み
プチトマト:4個
缶詰の肉(スパム・コンビーフなど):適量
スライスチーズ:2枚

【作り方】
1.卵は好みの固さにゆでて殻をむいておく
2.キャベツは千切りにして2~3分レンジにかける
3.パンにマヨネーズを塗る
4.パン5枚分ほどの長さでラップを敷く
5.パンの上にキャベツ1/4量を山盛りに載せる
6.真ん中に卵を置き、両脇にプチトマトを1個ずつ載せる
7.キャベツ1/4量をさらに載せる
8.スライスチーズを載せ、パンを上から重ねる
9.ラップを強めに巻き、そのままカットする

マヨネーズにマスタードか辛子を混ぜても。カットの方向を間違えてしまうと美しくならないため、注意してくださいね。

がっつり食べたい日に豚カツが主役のわんぱくサンド

美味しそうな豚カツ    

出典:Pixabay

【準備する材料(2人前)】
パン6枚切り:4枚
バター:適量
豚カツ:2枚
キャベツ:お好み
紫キャベツ:お好み
マヨネーズ:適量
ソース:適量
ケチャップ:適量
マスタード:適量

【作り方】
1.キャベツ・紫キャベツは千切りにし、別々にマヨネーズ・マスタードとあえる
2.パンにバターを塗り、5枚分程度に広げたラップの上に載せる
3.食パンにキャベツ1/4量を広げてカツを載せる
4.ソース・ケチャップを塗る
5.キャベツ1/4量をかぶせてラップで強めに巻く

市販の豚カツを使えば時短でできあがります。前の晩に自宅で揚げたときには、レンジではなくオーブントースターで軽く焼き直すと香ばしさが加えられます。薄くスライスした玉ねぎをキャベツに加えると、さっぱりとした味わいになります。

まとめ

わんぱくサンドは、おなかだけではなく見た目から心も満たされます。冷蔵庫の残りものを使っても工夫次第では、ボリュームのあるサンドイッチが完成。野菜を多めにするときには、レンジをかけたり少し塩をかけておいたりすると、子どもでも食べやすくなります。煮物などのあまりを細かくして、オムレツとサンドするなど、思いがけない発想から美味しいわんぱくサンドが生まれるかも!?チャレンジするほどに、オリジナルレシピが広がっていきそうです。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

レシピ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪