木崎湖畔の「木崎湖キャンプ場」でアクティビティやイベントを満喫!

 キャンプ場

出典:大町市観光協会

木崎湖キャンプ場は、木崎湖の南岸にある湖畔キャンプ場。釣りやSUP、湖水浴など、湖畔ならではのアクティビティを楽しめます。今回は、そんな木崎湖キャンプ場の魅力を、ブログでの評判もあわせてご紹介!バンガローや、毎年人気のイベントも!


 目次


湖畔でキャンプ!木崎湖キャンプ場って?

   

出典:木崎湖キャンプ場

木崎湖キャンプ場は、長野県大町市の北部に位置する仁科三湖の1つ「木崎湖」に面する湖畔キャンプ場です。約3,000坪の広大な敷地に、100張のテントが設置可能なフリーテントサイトと、16棟のバンガローがあります。アニメの舞台ともなった木崎湖キャンプ場は、アウトドア派や湖水浴のファミリーのほか、コスプレマニアも集まる賑やかなキャンプ場です。

【基本情報】
住所:長野県大町市平森9707-1
電話:0261-23-3939
料金:
[バンガロー] 1,600円~ / 大人
[テント] 1,300円〜 / 大人
[駐車場] 500円 / 台
アクセス:
[車] 安曇野ICから約45分
[電車] JR大糸線信濃木崎駅から徒歩約20分
チェックイン / チェックアウト:8:00 / 12:00
予約はこちら:木崎湖キャンプ場

木崎湖キャンプ場の魅力とは?

   

出典:長野県観光機構

目の前に広がる木崎湖!

木崎湖キャンプ場の魅力は、何と言っても目の前に広がる木崎湖です。仁科三湖の1つである木崎湖は、西側に北アルプスがそびえ立ち、秋は紅葉など、自然の景観と湖のコラボレーションを楽しめます。気温の下がる冬の朝には、霧に包まれた幻想的な湖を眺めることもできます。

また夏の木崎湖は、湖ならではのウォーターアクティビティが盛んです。キャンプ場のある木崎湖の南岸は遠浅で、小さな子どもも安心して遊ばせることができるので、湖水浴にもぴったり☆キャンプ場のフリーサイト前には木崎湖へ桟橋が出ていて、バス釣りにも最適です。提携のシロウマアウトドアカンパニーに依頼すれば、SUPやカヤックなどの体験も楽しめます!

荷物いらず!豊富なレンタル

木崎湖キャンプ場は、レンタル品も充実しています。テントやタープ、シュラフなどはもちろん、調理器具もレンタルできるので、荷物は食器や食材など最小限でOK。2,000円でレンタルできるバーベキューセットには、バーベキューコンロや鉄板のほか、炭3kgと炭バサミもついてきますよ!

木崎湖キャンプ場の宿泊施設を紹介!

   

出典:長野県観光機構

木崎湖キャンプ場の宿泊施設はフリーテントサイトと3種類のバンガローです。宿泊施設ごとに、それぞれの特徴をご紹介します。

フリーサイト

湖畔の松林の中にあるフリーサイトは、夏でも木陰で快適♪木々の間隔が適度に狭いので、タープやハンモックを固定するのに便利です。キャンプ場の隅へ行かなくても、非自立式のハンモックを設置できます。心地よい湖畔の風に揺られながら、ハンモックでユラユラと昼寝なんて素敵ですね!

区画が決められていないフリーサイトなので、テントはどこでも自由に設置できます。中でもロケーションの良い湖脇は、オンシーズンにはすぐに埋まってしまうほどの人気っぷり。しかし、湖畔は風が強いこともあるので、ペグはしっかり打ち込んでおきましょう。ペグ打ち用のハンマーは忘れずに!

サイト内に車の乗り入れはできませんが、駐車場が隣接しているので荷運びもそんなに苦ではありません。テーブルやダッチオーブンなど、重い荷物の多いキャンパーはカート持参がおすすめです。またツールームテントの場合は、テント泊料金のほかにタープ代がかかるのでご注意を。

岬バンガロー

木崎湖のへりに位置する岬バンガローは、湖に最も近いバンガローです。2~4名の宿泊が可能で、ボート遊びや釣りを楽しむファミリーにおすすめ☆屋内はやや狭いですが、広いベランダが付いていて、湖の眺めが最高です。30AのAC電源完備で、スマートフォンの充電や電子機器の使用もOK。1棟のみで大変人気の施設なので、ご予約はお早めに!

和室バンガロー

3棟ある和室バンガローは、すべて木崎湖へのびる桟橋から近い場所にあります。平屋のプレハブですが、木崎湖が一望できる大窓が付いていて、風の通りも良いので夏でも快適。AC電源もあり、何と言っても畳敷きでゴロリとくつろげるのが特徴です。足元が柔らかいので、小さな子ども連れのファミリーにもおすすめ!

2階建てバンガロー

キャンプ場西側の小熊山に近いエリアには、三角屋根の可愛らしい2階建てバンガローが全部で12棟。松林の中にバンガロー村を形成しています。全棟30AのAC電源付きで、団体利用もOK。バンガロー同士は適度に距離があるので、バンガロー前にタープを設置してくつろいだり、食事をしたりすることも可能です。

1階はフローリングで、テーブルや椅子が備え付けられており、荷物などを収納できる大型の多目的スペースもあります。ハシゴで上り下りする、屋根裏部屋のような2階部分が就寝スペース。絨毯敷きで、最大8名までの宿泊が可能です。

キャンプ場で本を楽しむイベント!「ALPS BOOK CAMP」

   

出典:ALPS BOOK CAMP

「ALPS BOOK CAMP」は湖畔で本を楽しもうという趣旨のもと、2014年から木崎湖キャンプ場を中心として毎年夏に開かれている本のフェスティバルです。個性豊かな本屋が軒を連ねるほか、自然素材を使ったグッズショップやフードショップも集まりとても賑やか。自然や本をテーマにしたさまざまなワークショップやトークショー、音楽ライブなども開催されます。

5年目を迎えた今年2018年は、7/21~7/22の2日間にわたり、木崎湖キャンプ場と木崎湖 POW WOWの2会場を使って開かれました。Patagoniaと旅する八百屋「ミコト屋」によるフィルム上映会や、アン・サリー、三日満月など多数のアーティストのライブが開かれ、とても好評だったようです。読書や音楽などの文化と自然のコラボレーション。一度は足を運んでみたいイベントですね。

木崎湖キャンプ場の評判をブログでチェック

   

出典:長野県観光機構

日が落ちると、湖畔の風がすごく気持ちいい。山間特有の気候か、いきなり風が強くなったり、雲があっという間に広がり雨がざあっと降ることがありますので、天気予報が晴れでも折りたたみ傘は準備した方がベター。ペグ打ちしないと強風に煽られてテントが飛ばされ悲惨です、必ず打ちましょう。

てれうさのきまぐれブログ

8月にテント泊された方のブログです。湖から吹いてくる涼しい風は、真夏の避暑キャンプにもぴったり。しかし、突然起こりるる雨風への準備や対策も重要なようです!

桟橋があるのでみんなここから湖に飛び込みまくりです。もう本当に、楽しすぎます。水が綺麗なので湖の底まで見えます。魚も貝も見える。本当に綺麗。
テントサイトの目の前が湖!
テントサイトの目の前が湖なのですごく気持ちがいいんです。朝昼夜と表情が変わる湖畔がすごく綺麗でした。

都会より田舎が好き

夏に木崎湖キャンプ場の前で湖水浴された方のブログです。桟橋から湖へ飛び込むなんて、とっても楽しそう☆変わりゆく水面を眺める時間も、湖畔のキャンプ場ならではですね!

さて、泳ぎ疲れたらまったりバス釣りへ。
と言っても桟橋からの釣りでは、他の湖水浴のお客さんに迷惑になってしまうので、人気のないところへ・・・
 ってことでちょっと沖まで入水して釣行(笑)

うぇんけばっはにアウトドアと晩酌日記

夏に木崎湖キャンプ場前でバス釣りをされた方のブログです。なるほど、湖水浴のシーズンは桟橋付近が込み合うので、釣りのポイントを考慮する必要がありそうですね。

キャンプ場の注意点

   

出典:長野県観光機構

出発前にぜひチェックしておきたい、木崎湖キャンプ場を利用する際の注意点をまとめてみました。

焚き火はできる?

直火での焚火はできませんが、焚火台を持参すればOKです。

バイクは乗り入れできる?

キャンプ場内への、車やバイクの乗り入れはできません。隣接の駐車場があるので、そちらを利用しましょう。

天気も見ておこう!

バンガロー泊でも、トイレや炊事場への移動に雨具が必要です。お出かけ前に、天気のチェックは忘れずに。
天気予報をチェック:木崎湖キャンプ場の天気予報

まとめ

   

出典:長野県観光機構

木崎湖キャンプ場は、湖畔ならではの景色とアクティビティを堪能できるキャンプ場です。湖に近いキャンプ場はよくあるけれど、湖に直結しているからこその違った楽しみ方があります。湖を眺めながらくつろぐもよし、ウォーターアクティビティで自然を満喫するもよし。派手さも豪華さもないけれど、ただ湖畔の風に包まれてゆっくりと時を過ごす、そんなシンプルなキャンプに出かけてみませんか。


この記事で紹介したスポット


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

フリーサイト キャンプ場 コテージ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪