キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

2018年オープン!注目すべきキャンプ場はココだ(西日本編)

    2018年の西日本では、自然豊かなキャンプ場が続々とオープンしています。それぞれの特徴や魅力を紹介。実はこの秋、アジア初のNordisk Villageが長崎に誕生!キャンプが好きな方も、これから始めてみたい方も、最新情報をチェックしてください!

    2018年、西日本にオープン!最新施設の魅力を紹介

    今回ご紹介する2018年オープンのキャンプ場には、日本一の清流や、「日本の渚100選」にも選ばれている海水浴場など、そこでしか味わえない自然を堪能できます。大自然の中で、アクティビティを楽しみたい方におすすめです!

    大自然に囲まれて、のんびり過ごせる!

    出典:COMOREBI

    山や川など、その土地ならではの自然が楽しめます。特別天然記念物である「オオサンショウウオ」や「ニホンカモシカ」が見られたり、世界文化遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を巡れます!キャンプを楽しみながら、日本の文化にも触れてみてはいかがでしょうか。

    様々なアクティビティを楽しめる!

    2018年は、アクティビティを楽しみましょう!地域の自然に触れながら、カヌーやサイクリングができます。また、バリエーションが豊富なので、好みのアクティビティを選びましょう。

    関西地方の最新施設をご紹介!

    関西地方からは、4つの施設を紹介します。どれも自然が豊富で、アクティビティも充実しています!

    かぶとの森テラス CAMP&LOCAL FITNESS【三重】

    キャンプを通して、自然の大切さや、森林資源を活用することの大切さを学ぶことをコンセプトとしているこちらの施設。鈴鹿川の源流に位置し、豊富な自然に囲まれています。
    空中に浮遊する、珍しいツリーテントに宿泊することもできます!ハンモックで寝ているような、ゆったりとした時間が過ごせます。また、地面の状態を気にせず設営可能!空中にあるので、ヘビや虫の侵入が地上より少ないといったメリットも。いつもと違ったキャンプを楽しみたい方におすすめです。
    こちらでは「非日常でアクティブレストに過ごせる休日」を提案しています。日常生活から離れた里山で、フィットネスアクティビティが楽しめます。豊かな自然の中で、起伏に富んだコースでのサイクリングや、霊山・鍚杖ヶ岳のトレッキングをも可能。また、田園風景や川、古い町並みを眺めながらのノルディックウォーキングもおすすめです。 【基本情報】 住所:三重県亀山市加太中在家 電話:0595-98-0605 営業期間:通年営業 公式はこちら:かぶとの森テラス CAMP &LOCAL FITNESS

    京都大呂ガーデンテラス【京都】

    こちらは、「本格レジャーと洗練されたホテルの側面を併せ持つ森のアウトドアリゾート」として誕生しました!テント泊だけでなく、ホテルで泊まることも可能です。また、8月からグランピングでもよく利用されている、ベルテントのレンタルがスタート!好きなスタイルでアウトドアが楽しめます。
    また、バーベキューインストラクターと楽しむ、バーベキュープランも用意されています!自分達だけでバーベキューをするのも良いですが、プロに教えてもらいながらのバーベキューもいつもと違った楽しさが味わえて良いですね。バーベキュー料理が、いつもの何倍もおいしくなります!
    アクティビティも充実!川遊びや、女性でも楽しめるグラウンドゴルフ、6月はホタル観賞など、季節ごとに様々なコンテンツが用意されています。また、こちらの施設がある福知山では、明智光秀ゆかりの福知山城や鬼伝説の地を巡りもできます。 【基本情報】 住所:京都府福知山市大呂298-5 電話:0773-33-2041 営業期間:通年 料金: [ミニログプラン] 9,000円~ [洋室プラン] 7,500円~ [和室プラン] 9,200円~ [オートキャンプサイト] 530円 公式はこちら:京都大呂ガーデンテラス

    芦見谷芸術の森【京都】

    こちらはなんといっても、京都の大自然に囲まれていることがポイント!芦見谷川では、特別天然記念物であるオオサンショウウオが生息しています。
    通信機器の電波が入らない、非日常的な場所のため、ここでしか味わうことのできないぜいたくな時間を過ごせます。パソコンやスマートフォンばかりの生活で、自然に触れる時間が少ない方は、この機会にぜひ試してみてください。 【基本情報】 住所:京都市右京区京北細野町芦見奥13-1 電話:090-8519-9403 営業期間:通年営業 公式はこちら:芦見谷芸術の森

    大河原温泉アウトドアヴィレッジ かもしかオートキャンプ場【滋賀】

    野洲川の源流に位置するこちらの施設。近くの鈴鹿国定公園では、特別天然記念物の「ニホンカモシカ」を見られます!また、車で1時間半走れば、琵琶湖に行も行けます。こちらを拠点に、滋賀の絶景を巡るのも良いでしょう。
    アクティビティが豊富!2つのコースからなるグラウンドゴルフや、ペットと一緒に楽しめるドッグランがあります。近くの野洲川では、鮎などの魚つかみやホタル観賞など、季節ごとに違った体験ができます。 【基本情報】 住所:滋賀県甲賀市土山町大河原1104 電話:0748-69-0352 営業期間:通年 公式はこちら:大河原温泉アウトドアヴィレッジ かもしかオートキャンプ場

    四国の最新施設をご紹介!

    スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド【高知】

    スノーピークが経営するキャンプ場が、高知にオープン!日本一の清流、仁淀川が流れる自然豊かな地でキャンプができます。スノーピークギア・アパレルを取りそろえた直営店も併設しています。
    こちらでは、スノーピークのテントやギアをレンタルできます!手ぶらで本格的なバーベキューを楽しみたいという方にぴったりなので、家族や友達を誘って気軽にキャンプを楽しめます。この機会に、キャンプデビューをしてみてもいいかもしれません。
    また、透明感が高く美しい「仁淀ブルー」と呼ばれる仁淀川でのアクティビティも充実!スノーピークでは初となる、ラフティングツアーが楽しめます。 【基本情報】 住所:高知県高岡郡越知町片岡4 電話:0889-27-2622 営業期間:通年営業 公式はこちら:スノーピークおち仁淀川キャンプフィールド

    最新情報!九州にオープン予定の施設を紹介!

    この秋、九州に最新の施設がオープンします!なんと、超人気アウトドアブランドであるNordiskのキャンプ場まで!また、2019年にオープン予定のグランピング施設も紹介します。

    Nordisk Village Goto Islands【長崎】

    アジア初のNordisk Villageが、長崎の五島市にオープン予定!昨年イタリアに誕生し、本格的なグランピング施設として話題となったこちらが日本に進出です!自然豊かな五島列島で、心地よいグランピングが楽しめます。「日本の渚100選」にも選ばれている高浜海水浴場など、魅力がいっぱい詰まった島で日々の疲れを癒してはいかがですか。
    オシャレな共用キッチンを使用することもできます!みんなで食材を持ち寄れば、グランピングも盛り上がります。普段の食卓では味わえない、特別な時間を過ごしてはいかがでしょうか。
    また、2018年7月に世界文化遺産に登録されたばかりの「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を巡れます!禁教令による、隠れキリシタンの歴史に直接触れられるスポットです。世界遺産を巡りながら、優雅なグランピングを楽しんでみてはいかがですか。 【基本情報】 住所:長崎県五島市富江町田尾1233
 電話:0959-86-3900
 営業期間:通年
 料金:[スタンダードプラン] 23,500円〜/1名(季節によって変動) 公式はこちら:Nordisk Village Goto Islands

    COMOREBI【大分】

    出典:COMOREBI

    2019年5月オープン予定!由布岳や鶴見岳、くじゅう連山、由布川渓谷などの自然豊かな地でグランピングが楽しめます。澄み切った空気、山間に沈む夕日、満点の星空など、ここにしかない絶景が味わえます。また、サファリスタイルに「革新性と物語性」を取り入れたテントでは、ぜいたくな時間を過ごせます。

    出典:COMOREBI

    こちらでは、入浴施設も充実しています!プレミアムロッジのテントには、なんと個室の露天風呂が完備!好きな時に、いつでも露天風呂に入ることができますよ。思いっきり自然の中で汗をかいた後に、露天風呂でくつろげるなんて、ぜいたくです。大自然に囲まれた露天風呂では、日々の疲れもとれること間違いなしです!

    出典:COMOREBI

    18時から約3時間、キャンプファイヤーが行われています!また、「参加者皆で楽しむナイトシネマ」として、映画鑑賞をすることも。山の中という、いつもと違う環境で映画を見ることができます! 【基本情報】 住所:大分県由布市挾間町時松105 電話:092-736-1083 営業期間:通年営業 [ロータスベルテント] 25,000円~(1室2名) [ドームテント] 28,000円~(1室2名) [エアストリーム] 31,000円~(1室2名) [プレミアムロッジ] 35,000円~(1室2名) 公式はこちら:COMOREBI

    まとめ

    西日本の最新施設をご紹介しました。世界文化遺産や特別天然記念物に触れられる施設は特に必見です。大自然に囲まれて、みんなでアクティビティを楽しみましょう!
     最終更新日:

    あわせて読みたい記事