職人さんのこだわりが満載。ホーロー食器「プラットチャンプ」で自宅とアウトドアをボーダレスに。

 キャンプ用品

出典:Platchamp

使い勝手の良さから、キャンパーさんの間で人気のホーロー食器。そんなアウトドアでよく使われる食器に、自宅でも使える上品さをプラスしているのが「プラットチャンプ」です。自宅でもアウトドアでも、ボーダレスに使えるプラットチャンプのホーロー食器、その魅力をご紹介します。


 目次


知っておきたいキャンプで活躍するホーロー食器の特徴

   

出典:instagram(@platchamp)

金属の表面に、ガラス質の釉薬(ゆうやく)を高温で焼き付けたものをホーローと言います。金属と、ガラスの長所を最大限に活かした素材と言えるでしょう。

そんなホーロー食器はキャンパーさん達に大人気。そのワケは、ホーローの特性にあります。

【特徴①】冷めた料理は「直火」で温められる!

   

出典:Pixabay

キャンプ中に、冷めておいしくなくなった料理を、無理やり食べた経験がある人も少なくないのでは?温かい料理を食べたいものの、わざわざ料理を皿からフライパンに移して温めるのは面倒ですよね。

ホーロー食器は熱に強く、直火で温められるので、簡単に冷めた料理を温めることができます!いつでも温め直してホカホカの料理が食べられます。

【特徴②】熱伝導性に優れている

   

出典:instagram(@platchamp)

熱伝導性が高いホーロー食器。温めはもちろんですが、冷やして使う方法もあります。例えば、ホーロー食器のマグを、クーラーボックスに少しの時間入れておくと...。取り出してみてびっくり!キンキンに冷えています。キンキンに冷えたマグでワインやビールがおいしく楽しめます。

【特徴③】臭いがつきにくい

ホーローは、金属の表面にガラス質の釉薬を焼き付けているため、表面がガラスに近いものとなっています。そのため、臭いがつきにくく、雑菌が繁殖しづらく食材の風味が変化しにくいのが特徴です。保存容器として活躍すること間違いなしですね。 

【特徴④】手入れがカンタン♪

ホーロー食器はキャンプ料理の後に、お肉などの油汚れがついても、水やお湯で簡単に落ちます。その場にお湯がない場合は、お皿に少量の水を入れ、直火で温めた後にキッチンペーパーなどで拭けば、簡単に油汚れが落ちますよ♪

純日本製へのこだわり。ホーロー食器「プラットチャンプ」とは!?

   

出典:instagram(@platchamp)

アウトドアで使いやすいホーロー食器。キャンプで使われる食器というイメージが強いためか「自宅でも使いたい!」と思える、素敵なデザインが少ないのではないでしょうか?

そんな中、日本の職人さんのこだわりによって、アウトドアでも、自宅でも使える格調高いホーロー食器が話題になっています!それが「プラットチャンプ」です。プラットチャンプのホーロー食器に込められた、そのこだわりを見ていきましょう。

こだわり①まるで陶器のような質感

   

出典:instagram(@platchamp)

プラットチャンプの最大のこだわりは、その質感。陶器のような独特の温かみは、どのように生み出されるのでしょうか。その秘密は「使いやすさ」を追求する姿勢と、日本の職人さんの繊細な技術にありました。

陶器のような質感を生み出す「ディッピング」

プラットチャンプの陶器のような質感は、この工程を行うことで生まれます。ディッピングは熟練した職人さんでなければ「色むら」が出てしまい、海外の工場や機械では生産が非常に難しい工程。プラットチャンプのディッピングは、日本の職人さんならではの素晴らしい技術が活きています。

柔らかな色合いを生み出す釉薬「スムースマットカラー」

プラットチャンプの、温かみのある独特の色合いは、工場オリジナルの釉薬「スムースマットカラー」によるもの。他にはない発想で、自ら釉薬を開発するところに職人さんの並々ならぬ熱意を感じます。

こだわり②主婦の意見を取り入れた、職人さんの「手」から生み出される造形

   

出典:instagram(@platchamp)

プラットチャンプの造形への追求は、本当に「使いたい・使える」食器を作ることにあります。そんな理想の食器を作るため、料理をよくする主婦の方の意見をヒアリング。それをもとに高い技術を持った職人さんが機械ではなく、その手で作り出しています。

家庭で使える理想的な食器を追求

   

出典:instagram(@platchamp)

プラットチャンプの商品コンセプトは、アウトドアと自宅での料理を、ボーダレスに楽しむこと。そのコンセプトを実現するために、厳しい主婦目線からの意見を反映しており、実際に家庭での料理も想定した作りです。

彼女たちの意見をもとにして作られたプラットチャンプのデザインは、料理をする方の”Want”が詰まった、使いやすいものになっているのです。

職人さんの手作業で「1枚の板から皿ができる」

   

出典:instagram(@platchamp)

様々な意見をもとに設計されたデザインを、職人さんが1枚1枚、手作業で作り上げます。1枚の平坦なプレートが、職人さんの手によってきれいな立体物に仕上がっていきます。手作業で綺麗な形に仕上げられたその造形美に、日本の技術の高さがうかがえますね!

こだわり③アウトドアでの使い勝手さもグレードアップ!

   

出典:instagram(@platchamp)

プラットチャンプのホーロー食器は、アウトドアで活躍する要素も満載です。その秘密は、金属の「厚み」にあります。通常の倍以上ある厚みが、アウトドアでの使い勝手を良くしているのです。

温め直した後の熱持ちが改善

   

出典:instagram(@platchamp)

ホーロー食器は熱伝導が良いため「温まりやすく、冷めやすい」ことが特徴。せっかく直火で温めた料理も、すぐに冷めてしまいます。

しかしプラットチャンプは、通常の倍以上の厚さを持つ鋼板を用いています。なので、通常のホーロー食器よりも保温性が高いことが特徴です。特に冷え込む秋冬に、温かさが持続するというのはうれしいですね♪

風が吹いても飛びにくくなった

   

出典:instagram(@platchamp)

キャンプ中の料理で、風に煽られて皿が飛んでしまった、という経験をした方も多いのでは?プラットチャンプは通常のホーロー食器よりも金属が厚く、重いので、風に煽られにくいというメリットがあります。キャンプで料理をする、料理好きなキャンパーさんには嬉しいことですね♪

こだわりの詰まった、プラットチャンプのおすすめアイテム

STACKING MUG

   

出典:instagram(@platchamp)

スタイリッシュな形のマグカップ。重ねてもかさばることなく便利です。持ち手にもこだわり、親指の引っ掛かりをよくするための傾斜が付いています。そのため、持ちやすく使いやすいマグになっています。また持ち手は上部についているため、熱い飲み物を飲むときでも、持ち手が熱くなりにくいように設計されています。使う人のことがよく考えられた、造形だけでなく機能面でも素晴らしいデザインです。

CEREAL BOWL

   

出典:instagram(@platchamp)

底がせばまったシルエットは、自宅での食事の見栄えが良くなる素敵なデザイン。ほどよい深みは、サイドディッシュはもちろん、スープやフルーツとも相性抜群です。

DEEP PLATE

   

出典:instagram(@platchamp)

カレーやシチューなどの汁物はもちろん、丼やパスタといった一品料理にも丁度よいサイズ。ふちが広がっているので、熱い料理を持つときも安心です。職人さんの手から生み出された美しいフォルムは、自宅でも、アウトドアでも、料理の選択肢を広げます。

FLAT PLATE

   

出典:instagram(@platchamp)

サラダから肉料理に魚料理まで、あらゆる料理で使いやすい25cmサイズ。大人数で囲むパーティーなど、取り分けに最適な30cmサイズがあります。少し深みがついているので、ソースや肉汁がこぼれにくく、使いやすいですよ。

プラットチャンプで、自宅とアウトドアをボーダレスに楽しもう♪

   

出典:Platchamp

性能の高いホーロー食器は、アウトドアで便利ですよね。そこに自宅で使えるおしゃれさと、上品さを兼ね備えた、まるで陶器のような「プラットチャンプ」はいかがでしたか?あなたもプラットチャンプのホーロー食器で、自宅、アウトドアの料理をボーダレスに楽しんでみては?

こだわりのホーロー食器で、おしゃれな食卓を!

プラットチャンプを詳しくみる →


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キッチン用品

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪