hinata

>

キャンプ用品

>

食器

>

すてきな食器で楽しいお外ごはん!我が家のヘビロテ食器をご紹介♪

すてきな食器で楽しいお外ごはん!我が家のヘビロテ食器をご紹介♪

 キャンプ用品

卓上に並べられたコップ

キャンプでの食器、何を使ってますか?紙皿は洗う必要がなくて楽ですが、風で飛んでしまったり、見た目もちょっと味気ないですね。せっかくのお外ごはんを楽しむためにも、食器にもこだわってみてはいかがでしょうか。今回は我が家で実際にヘビロテしているお気に入りの食器をご紹介します。


 目次


食器にはどんな素材があるの?

食器には様々な素材があります。プラスチック、ホーロー、金属などです。それぞれどういった特徴があるのか順に見ていきましょう。

プラスチック

プラスチックの食器セット    

紙皿の次にお手軽な素材、プラスチックです。軽くて割れないため、アウトドアでは大活躍。最近では100円ショップでもプラスチックプレートやマグなど取り揃えていますから、お手頃価格で買えるのも魅力です。白などシンプルなカラーや、赤や黄色のポップなカラーも選べます。

ただ気になるのは油汚れが落ちにくいこと。特にお湯が出ないキャンプ場ではなかなかお皿に付いたぬめりが取れないことがあります。

メラミン

メラミンの食器セット    

メラミンはプラスチックですが、プラスチック製品と全然違う利点があるので項目を分けました。軽さ、色の鮮やかさ、割れにくいという点はプラスチックと同じなのですが、なんといっても油汚れが落ちやすいです。また熱に強く、保温性もあります。熱いものを入れても手に持ちやすいです。プラスチックに比べて少しお値段は高いです。

ホーロー

ホーローの食器セット    

ホーローとは、金属の表面にガラスをコーティングしたものです。多少乱雑に扱っても丈夫ですのでアウトドア向きです。ホーローの良さは油汚れがさっと落ちることです。ガラスのコーティングのおかげで、汚れがきれいに落とせます。難点はプラスチックなどに比べてお値段が少々高いことです。

金属

金属の食器を使用した食卓    

金属プレートには、軽くて丈夫なチタンやステンレスが使われています。とにかく丈夫なのでアウトドア向きです。ものによっては食器ごとコンロの火にかけることができるものもあります。油汚れもさっと落とせます。ステンレスは比較的安価ですが、チタンはお値段が高いものが多いです。

木製

あたたかみのある自然の素材、木。ちょっとフルーツを盛ったり、パンやハムを乗せただけで絵になります。カッティングボードなら、まな板として使ってからそのままプレートとしてテーブルに出してもおしゃれです。軽くて比較的丈夫です。ただ、汁気のあるものや油には弱いので注意が必要です。

我が家の食器をご紹介

それでは我が家で実際にキャンプで使用している食器類をご紹介します。

プラスチックの食器セット

プラスチックの食器セット    


初めて買ったキャンプ用の食器です。家族4人分のコップ、深皿、楕円プレート、ランチプレート、スプーンやフォーク、収納ボックスまでセットになっています。まずはこれをひとつ買えば、キャンプでの食器に困ることはありません。これだけの数が入っていて1,191円ですからとてもお得。

ただ、紙皿よりはいいですが、やはり少し味気ないのも確かです。あと、油汚れが付くとなかなか落ちません。プラスチックですから仕方ありません。1年ほど使ったら、フォークの先が折れてしまいました。とはいえこのお値段ですし、この楕円プレートは使いやすく今でも長く活用しています。最初の食器セットとしておすすめです。

樹脂

樹脂のプレート    

プラスチックのプレートよりも雰囲気のいいものを探して購入したのが、木製に見える樹脂のプレートです。本当は木製プレートが欲しかったのですが、木製は油や水気に弱いのが気になりました。そこで見つけたのがこの一見すると木製に見えるプレートです。熱にも強く、食洗機でも使用ができます。

ランチプレートのように分かれているので、数種類おかずを乗せても味が混ざりません。プラスチックよりもちょっと雰囲気もおしゃれになりました。ただ、やはり油汚れを落とすのは少し大変です。

シェラカップ

シェラカップ    

キャンパーならみんな持ってるシェラカップ!憧れてはいたものの、1個1,000円近くするので買うのを躊躇していましたが、これだけキャンパーの人気があるには理由があるに違いない!と購入しました。実際に使ってみると、ご飯を盛ったり、汁物を盛ったり、ちょっとおかずを乗せたりと大活躍。ステンレスなので油汚れにも強いので、バーベキュー時に焼肉のたれを入れて使うにも最適です。

最初ユニフレームのシェラカップを購入しましたが、後日、100円ショップのセリアで販売しているのを発見!多少薄くはありますが普通に使用するには問題なく、買い足しして大成功でした。

ステンレスプレート

ステンレスぷれーと    

こちらもセリアで見つけた商品です。ステンレスプレートという商品ですが、このサイズがなんとも使いやすいです。個人の取り分け用のお皿としてちょうどいいサイズです。ステンレスなので油汚れもさっと落とせます。最近はこのお皿の出番がとても多いです。

ホーローカップ

赤いホーローカップ    

キャンプ場の売店で見つけたかわいらしい真っ赤なホーローカップ。一目ぼれで購入してしまいました。ホーローなので割れにくく、こぶりなサイズが子供にも使いやすいです。見た目のかわいらしさから、写真映えもするのでお気に入りのカップです。

チャムスのマグカップ

チャムスのマグカップ    

こちらはチャムスのマグカップです。少し大きめなので、コーヒーをたくさん飲みたい時に使用しています。ツートンカラーがおしゃれです。紐付きなので、カラビナを付けて吊り下げることもできます。厚みがあるので、熱いものを入れても手が熱くならない所もお気に入りです。

番外編 食器を乾かすために

キャンプで食器を乾かしている様子    

最後に、これがあると絶対便利なグッズをご紹介します。こちらはコールマンのハンギングドライネット。何に使うかというと、洗った食器をこの中に入れて自然乾燥できます。引っ掛けておけばいいので場所も取らず、使い終わったら畳んで小さくなります。我が家では絶対欠かせない便利グッズです。

すてきな食器で楽しい外ごはんを!

キャンプテーブルに並べられたマグカップ    

いかがでしたか?今回は我が家で使用している食器をご紹介しました。素材によって特徴がありますので、うまく使い分けるといいですね。盛り付ける食器で、同じお料理でもグレードアップして見えるものです。ぜひおしゃれな食器を探してみてくださいね。


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

関連するキーワード

食器 おしゃれキャンプ スタイル

おすすめのキーワード

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

3

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪