hinata

>

キャンプ

>

焚き火台

>

0から焚き火を始めるには!焚き火台と、エルブレスイチオシの3種の神器を準備せよ!

0から焚き火を始めるには!焚き火台と、エルブレスイチオシの3種の神器を準備せよ!

 キャンプ

夏が終わり涼しくなってくるこの季節。キャンプ定番の焚き火が更に楽しくなる季節です。見るもよし、調理するもよし、暖まるもよしの焚き火を楽しむためには、しっかりとした準備が大切。何も道具を持っていない初心者が、焚き火をするために必要なアイテムを調査してきました。


 目次


焚き火アイテムを求めてエルブレス池袋西口店へ

たき火    

出典:den-belitsky / ゲッティイメージズ

段々と暑さが和らぎ、外でキャンプを楽しむのに最適な季節が近づいてきました。秋は、野菜や果物などの秋の味覚や色づき始める木々の景色など、自然を満喫できるキャンプにもってこいのシーズン。夜も肌寒くなってくるので、キャンプ定番の焚き火は本当に欠かせないアクティビティです。

   

焚き火台すら持っていない初心者が、0から焚き火を始めるには何を準備すればよいのか。今回はエルブレス池袋西口店にお邪魔して、焚き火アイテムをリサーチしてきました。ビルの1階から2階はスポーツ用品専門店であるヴィクトリア、3階から6階がアウトドア用品専門店のエルブレスとなっています。

   

今回は池袋西口店のスタッフの石川さんに協力をお願いしました。商品の特徴をわかりやすく教えてくれるプロ中のプロです。おすすめの焚き火アイテムの魅力を聞き出します。

焚き火台選びが第一歩

ーまずはやっぱり焚き火台から選ばないとですよね?

石川さん:そうですね、芝生を傷めてしまうので直火禁止のキャンプ場は多くなっています。キャンプ場で焚き火を楽しむなら、まず焚き火台は必ず準備する必要があります。

定番のファイアグリル(ユニフレーム)

   

ーこれはキャンパーなら誰もが知っているユニフレームの焚き火台ですね!

石川さん:そうです!大定番の焚き火台、ユニフレームのファイアグリルです。焼き網が付属しているので焚き火だけでなくバーベキューも楽しむことができちゃいます。バーベキュー台を別に購入する必要がありません。しかも一番の魅力は税込6,900円というお手軽さ!まさに初心者にぴったりの焚き火台です!

   

ーファイアグリルは有能な上に、お財布に優しいんですね。初心者が焚き火台に迷ったら、とりあえずファイアグリルを購入しても損はないですね。

石川さん:しかもエルブレスの店舗では、ファイアグリルの収納ケースと木炭がついたお得なセット販売も行っています。お得に必要な道具が手に入るのでおすすめです!

ーなんと!商売上手ですね(笑)!でも炭も一緒に手に入るならキャンプの準備も楽ちんですね。エルブレスって便利だな〜。

ユニフレーム ファイアグリル(L-Breathオンラインショップ)

焚き火台の元祖!焚火台(スノーピーク)

   

ースノーピークの焚き火台もファイアグリルと並んで大定番ですよね。

石川さん:スノーピークの焚火台もかなり売れています!3サイズ展開で、これは一番大きいサイズの焚火台L。ファイアグリルと大きく違うところは、スノーピークの焚火台は鉄板が分厚く頑丈で安定感があることですね。ファイアグリルの鉄板はちょっと薄いので、使い続けると熱で変形してしまうこともあるんですよ。

   

ーなるほど、スノーピークなら、丈夫だし、長く使うことができそうですね!

石川さん:そうです!その分、ファイアグリルよりは値段が高いですが、これからずっとキャンプを楽しみたいという方にはぜひとも購入してほしいです。焼き網は別売りとなっていますが、ほとんどの方がセットで購入してますね!ちなみに焚火台Lなら焼き網だけでなく鉄板も組み合わせることもできるんですよ!

ー焚き火をしながら、いろんな調理も挑戦できて良さそう!焚き火料理に幅が出ますね!

スノーピーク 焚火台 M(L-Breathオンラインショップ)

コンパクトなピラミッドグリル(LOGOS)

   

ー定番以外に、おすすめの焚き火台はありますか?

石川さん:そうですね、ユニフレームのファイアグリルもスノーピークの焚火台も4人家族にピッタリのサイズでしたが、少人数でキャンプするという方や、荷物をコンパクトにしたいと言う方には、LOGOSのピラミッドグリルMがおすすめです!

   

ーえ、こんなに小さく分解できるんですか!

石川さん:そうなんです、ピラミッドグリルは分解してコンパクトに折りたたむことができるんです。Mサイズだど、収納時はA4サイズより少し大きいくらいで、重量は2.3kgと持ち運びにすごい便利なんです!組み立てるときははめこんだり、ネジで留めたりする必要はないので、とっても簡単なんですよ。しかもこう見えて、ダッチオーブンを載せられるくらいの安定性もあります!

   

ーコンパクトなのにそんなに有能なんですね!ピラミッドグリル、侮れませんね!

石川さん:ピラミッドグリルも、初心者におすすめのお得なセットが販売されています。薪の他に、ダッチオーブンやケトルを吊り下げることができる三脚もセットになっています。直火で食材を焼くだけじゃなく、お湯を沸かすこともでき、他の調理に使える有能な焚き火アイテムです!

ー大人数でキャンプすることがほとんどないなら、ピラミッドグリルという選択肢もありですね!

さらにコンパクトさを求めるキャンパーへ

   

ー他にもおすすめの焚き火台はありますか?

石川さん:実はエルブレスの中でも池袋西口店では、ソロキャンパー向けのさらにコンパクトな焚き火台のラインナップも充実しているんです!

   

石川さん:これは先程のピラミッドグリルのさらに小さいサイズの、ピラミッドグリル・コンパクト。この焚火台は片手で抱えられるほど小さく、折りたためばリュックに入れてどこにでも持ち運びできます。家の庭やベランダでちょっとBBQを楽しむなんて使い方もありですね。

   

ーさっきのピラミッドグリルMよりもかなり小さいですね。本当にソロ用だ!

ロゴス ピラミッドグリル(L-Breathオンラインショップ)

   

石川さん:収納時のコンパクトさでいうと、ユニフレームのネイチャーストーブも、かなりコンパクトです。こんなに小さいのに調理用の五徳がついているので、小さなケトルやカップでお湯をわかすこともできますよ!

ーすごい。ソロキャンプ用の焚き火台も高性能で奥が深いですね!

ユニフレーム ネイチャーストーブ(L-Breathオンラインショップ)

焚き火に必須の3種の神器は?

   

ー自分に合った焚き火台を購入できれば、もう焚き火の準備はばっちりですね!

石川さん:いやいや、それだけじゃまだまだ焚き火の準備が完璧とは言えませんね。安全に楽しく焚き火を楽しむためには、3つのアイテムも準備する必要があるんです!

ーなるほど、焚き火に必要な3種の神器というわけですね!

グローブと火バサミで安全に焚き火を楽しむ!

   

石川さん:3種の神器の1つ目はグローブ、2つ目は火ばさみです。この2つは焚き火を楽しむための必須アイテムなんですよ!焚き火では火のついた炭や薪や、熱された網を扱いますからね。

ーなるほど、やけどなんてしてしまったら、楽しさは半減してしまいますからね。

スノーピーク ファイヤーサイドグローブ(L-Breathオンラインショップ)
スノーピーク 火ばさみ(L-Breathオンラインショップ)

   

焚き火用のグローブは、肘近くまでカバーしてくれるものも多いのが特徴です。薪バサミで炭や薪を持ち上げたときに火の粉が散ることがありますが、腕までしっかりガードしてくれます。

ー本当だ!これなら安心して炭や薪を扱えそうですね!

楽チン着火にはガストーチを!

   

ー3つ目の必須アイテムはなんですか?

石川さん:3つめは、特に初心者におすすめしたい、ガストーチです。着火剤を使用して炭や薪に火をつけるのが一般的なやり方ですが、キャンプ初心者だと失敗することも多いんです。このスノーピークのガストーチは、火力抜群で着火剤無しで火をおこすことができる優れものなんです!リニューアルして持ち手がついたのでさらに使いやすくなりました。

スノーピーク フォールディングトーチ(L-Breathオンラインショップ)

   

ーガストーチ、かっこいい!なんだか男心をくすぐられます(笑)。

石川さん:こちらのコールマンのガストーチもおすすめです。着火装置がついているので、安全に火をつけることができておすすめです!火力も調節可能なので、大火力で直接火をおこしてもいいですし、着火剤と併用しても火をおこせます。

コールマン トーチ(L-Breathオンラインショップ)

   

ーもっと小さいものはありますか?

石川さん:手軽さを求めるならSOTOのスライドガストーチですね。コンパクトサイズで持ち運びがしやすく、使用するときは火口が伸びるので火がつけやすくなっています。

ーこのサイズならどこにでも持ち運べて、色々なシーンで重宝しそうですね!

SOTO スライドガストーチ(L-Breathオンラインショップ)

【番外編】焚き火エプロンがおしゃれで有能!

   

石川さん:これは必須アイテムではないですが、焚き火用にエプロンがあるとかなり便利ですよ!実は焚き火の火の粉って、意外に遠くまで飛んで、服に穴が空いちゃうことが多いんです。これはエルブレス限定デザインのエプロンで、デニム素材でできており、火の粉が当たっただけでは全く燃えないので安心!大きいポケットもついているのでトーチやグローブなどのアイテムをしまって置けるのも便利です。

ーデニムデザインが可愛いですね!キャンプのおしゃれアイテムとしても活躍しそう!

エルブレス池袋店で秋キャンプの準備

   

池袋西口店で、焚き火に必要なアイテムをバッチリ聞き出してきました。エルブレスの店舗では、焚き火台だけでなく、テントから小物ギア、アパレル商品の取り扱いも多いので、欲しいものが見つかるはず!スタッフからも適切なアドバイスがもらえるので、ぜひとも足を運んでみてくださいね!

【店舗情報】
住所:〒171-0021 東京都豊島区西池袋3-29-1
TEL:03-5985-0831
営業時間:11:00-20:30
駐車場:マルイシティ駐車場を利用 
※¥5,000以上のお買い物で1時間無料、¥10,000以上のお買い物で2時間無料
店舗ブログはこちら:エルブレス池袋西口店


あわせて読みたい記事



新着記事



おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪