hinata

>

ファッション

>

ファッションカテゴリ

>

小物

>

冬のアウトドアシーンをおしゃれに暖かく!おすすめのネックウォーマー10選

冬のアウトドアシーンをおしゃれに暖かく!おすすめのネックウォーマー10選

 ファッション

ネックウォーマーをつけた女性

出典:Pixabay

ネックウォーマーをこの寒い時期に活躍させていますか?素材や形で様々な種類があるので、お好みのネックウォーマーを見つけて冬のアウトドアシーンを暖かく楽しみましょう!今回はネックウォーマーの魅力とアウトドアで活躍してくれる、おすすめのネックウォーマー10選を紹介します。


 目次


ネックウォーマーって何?

@hitomi_seaが投稿した写真 -

ネックウォーマーは、名前のとおり首回りを温めるのに役立つ、冬の防寒具のひとつです。首回りを温めてくれると聞いて、誰もが思いつくアイテムと言えばマフラーではないでしょうか。マフラーは細く長い1本の帯状であるのに対して、ネックウォーマーはマフラーの端と端を合わせて縫い付けたような筒状の形をしているのが特徴です。

スポーツ用品店などでは、ネックウォーマーのことを「ネックゲイター」と呼んだり、ネックウォーマーの中でも見た目がマフラーに近くて、首に二重に巻いたりするものを「スヌード」などとも呼びますが、ここでは筒状になっている首回りの防寒アイテムをまとめて「ネックウォーマー」と呼ぶことにします。

ネックウォーマーで首元をあたためると女性にとってのメリットいっぱい!

ネックウォーマーに包まる犬    

出典:Pixabay

人の体の中で「首」がつく部分(首、手首、足首)は、動脈が皮膚のすぐ下にあり、外気温の変化を受けやすい部分です。さらに動脈の中でも太い血管が流れているところなので、ここを覆ったり温めたりすると中の血液も温められます。温められた血液が全身を流れることで冷え性の対策にもつながります。

ネックウォーマーで首回りをすっぽりと覆えば、血行が良くなり、体温も上がります。冷えが気になる女性にとって、これは嬉しいことですね!

他にもネックウォーマーはメリットがたくさんあります。そのひとつが防風性。ネックウォーマーをつけることで、首元からあのヒヤッとした冷たい空気が服の中に入ってくることを防いでくれます。

顔を覆う女性    

出典:Pixabay

また、春夏以外の季節も一年中、女性にとって紫外線はお肌の大敵!ネックウォーマーをつけることで首元の日焼け予防にもなるのです。

マフラーも便利な防寒グッズですが、活動的になりたいアウトドアではマフラーの端が解けてしまったり、静電気のバチバチが気になったり、マフラーは何かと邪魔になりがち。その点、ネックウォーマーは筒状になっているので邪魔になることはありません。ネックウォーマーのタイプによっては、着けたまま温度調整もしやすいので蒸れにくく、すっきりしているので肩もこりません。

アレンジいろいろ、ネックウォーマーの楽しみ方

ネックウォーマーをつけた人    

出典:Pixabay

ここまでネックウォーマーのメリットを色々挙げてきましたが、機能面だけでなく、ファッション性の高さもネックウォーマーの魅力のひとつです。

スポーティーですっきりとしたシルエットのシンプルなタイプから、ボアやニットなど女の子らしく可愛く着こなしたいときにぴったりな凝ったデザインのタイプまで様々にあるので、自分好みのテイストをひとつ取り入れるだけで、いつものアウトドアファッションの雰囲気を変えるのも簡単にできちゃいます!

さらに上級のおしゃれアイテムとして、ロングタイプのものを頭まですっぽりかぶってみたり、フード付きのネックウォーマーを取り入れたりしても良いですね。ネックウォーマーを首ではなく、おでこの方につけてヘアバンド代わりにするのもおしゃれ!

服の着脱よりも楽に温度調節ができ、使わないときはコンパクトにたたんでバッグの中に収納しておけるので、持ち運びに便利なところもネックウォーマーの魅力です。

ネックウォーマーのタイプを知って、目的やシーンで使い分けよう!

便利で機能的なネックウォーマー。ひとつあるだけで冬の防寒アイテムとして活躍してくれそうですが、たくさんの種類があるので様々なタイプを集めて、その日の気分であれこれ楽しんでみてはいかがでしょう。

タイプ別の特徴をまとめてみました。

締め付け感が気にならないタイプ

ストレッチ系の素材のネックウォーマーはすっきりしている反面、キュッと首を包むので締め付け感が気になる人もいるでしょう。そういう場合には、ウールやニット素材のものがおすすめです。暖かく、首回りをゆったりと快適に包んでくれます。

ロングタイプ

ロングタイプのネックウォーマーは、防寒性の高さと着け方のアレンジができるのが魅力。布の幅が広くなっているのでくしゅくしゅっとたるませて着けたり、伸ばして頭をすっぽりと覆ったり、気分によって変えられます。

ボタンやチャックが付いているタイプ

「ネックウォーマーは便利そうだけど、頭からすっぽりかぶる時にメイクや髪型が崩れてしまいそうでイヤ!」という人には絶対おすすめなのが、ボタンやチャックが付いているタイプ。かぶらずにくるっと首に巻いてとめることができます。

ボタンタイプなら、ボタンのつけ方によって見せ方を変えることができるので、ボタンを上の部分一か所だけとめて、下の部分は開いて襟巻型にするというアレンジもできます。

アジャスターコード付きのタイプ

アジャスターコードとは伸縮性の紐のことです。アジャスターコードがついているネックウォーマーは暑いときはコードを緩めて風を通し、寒さが気になるときはコードを締めて風の侵入を防ぐというように温度調節が簡単にできます。

このアジャスターコード付きネックウォーマーの正しい着用方法は、コードが首の後ろ側です。一見すると、コードが前にある方が締めたり緩めたり簡単そうに思えますが、実際に着けてみるとコードが顔の前にあって邪魔です。そしてもうひとつ。コードの通っている方が上になるように着けることで風の侵入を防ぐことができるので、コードは上側、首のうしろにくるように着用してください。

リバーシブルタイプ

筒状の布の裏と表で、素材や柄が違うタイプ。例えば、片面はボア素材、もう片面はフリース素材に柄が入ったものは、気分や天候に合わせて裏表を好みで変えられるのが魅力です。リバーシブルかつボタンで着脱可能なタイプであれば、ひねってからボタンでとめれば両面を見せられるので3WAYの楽しみ方ができます。

冬のアウトドアシーンでおすすめのネックウォーマー10選

たくさんある種類の中から、登山やキャンプなどのアウトドアでもおしゃれに楽しめるネックウォーマーを集めてみました。肌ざわり、サイズ感、ブランド独自の機能性素材などが選ぶときのポイントです。

まとめ

ネックウォーマーはそれひとつ追加するだけで、冬の寒さから首回りを守ってくれて体温が奪われるのを防いでくれる優秀なアイテムです。素材や形、色や柄などたくさんの種類があるので、自分の好みにあったネックウォーマーを見つけるのも楽しそうですね。筒状なので、着用時はもたつかずに温かさを確保できるから、厚着で動きにくくなりがちな冬のアウトドアの中でも動きを妨げることもありません。防寒具として、ひとつは持っておきたいアイテムです!


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner

 人気の
アウトドアスポット

森と星空のキャンプヴィレッジ

 キャンプ場,栃木県

森と星空のキャンプヴィレッジは、栃木県の東端に位置するキャンプ場です...

1

北軽井沢スウィートグラス

 キャンプ場,群馬県

「北軽井沢スウィートグラス」は、アメリカの国立公園をモチーフに作られ...

2

森のまきばオートキャンプ場

 キャンプ場,千葉県

「森のまきばオートキャンプ場」は、都心からわずか60分で行くことので...

3

無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場

 キャンプ場,群馬県

「無印良品カンパーニャ嬬恋キャンプ場」は群馬県吾妻郡嬬恋村にあります...

4

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base)

 キャンプ場,神奈川県

ボスコオートキャンプベース(BOSCO Auto Camp Base...

5
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪