ノースフェイス×シュプリームを見ずしてアウトドアファッションは語れぬ!コラボ商品を年別に振り返ろう

hinata

>

ライフスタイル

>

ノースフェイス×シュプリームを見ずしてアウトドアファッションは語れぬ!コラボ商品を年別に振り返ろう

ノースフェイス×シュプリームを見ずしてアウトドアファッションは語れぬ!コラボ商品を年別に振り返ろう

 ライフスタイル

出典:Supreme / Facebook

ノースフェイスとシュプリームのコラボ商品は、発売と同時に品切れになるほどの人気商品。そんなコラボ商品も、時代に合わせて変化し、そして進化してきました!今回はその傑作たちを振り返るために、アウターを中心とした歴代コラボ商品を紹介しますよ♪そのデザイン性の高さとそれに負けない機能性に、アウトドアへのモチベーションも上がること間違いなしです!


 目次


2007年からずっと続くノースフェイスとシュプリームのコラボ

シュプリームって?

   

出典:Supreme / Facebook

シュプリームは、1994年にジェームズジェビア氏がスケートボードの専門ウェアブランドが無いことに嘆き、創立したブランドです。現在の「NY Stussy」のオーナーでもあるジェームズジェビア氏は設立当時、他のスケートショップに並ぶアパレルとは一線を企したクオリティーの高い服作りや、広告におけるアンダーグラウンドなプロモーション活動を展開。ファッション関係人、地元の子供たちなど、幅広い人々を魅了し、ブランドは大ブレイクを遂げます。そして今や世界のストリート界をリードするブランドとなりました。

そんなシュプリームですが、スケートボードの枠を超えた様々なアーティストや「NIKE」、「Vans」とのコラボなど、様々なジャンルのブランドとのコラボ商品を多く出していることが特徴。その斬新なデザインと、コラボで生み出される新たな世界によって、世界中のコレクターを魅了し続けています。なかでもファンを熱狂させたのは人気アウトドアブランド、「ザ・ノースフェイス」とのコラボ商品です。

ザ・ノースフェイスって?

   

出典:The North Face(Japan) / Facebook

山のもっとも寒くもっとも征服が困難なルートのことを指す、「ザ・ノースフェイス」という言葉。そんな言葉をブランド名に掲げたこのブランドは、今や街でもよく見かけますし、その高いデザイン性から忘れがちですが、初めはクライミング専門店としてアメリカで創立したアウトドアブランドです。その後もバック、ウェア、テント、シューズ等を制作、そのいずれも伝説とささやかれる機能を持ち、アウトドア・ギアの限界を高めてきました。そして今はアウトドアはもちろん、機能性に優れ、シンプルかつスタイリッシュなデザインを持つタウンカジュアルなブランドとして、街でも大人気の代表的アウトドアブランドに。

そんな2つの人気ブランドの夢のコラボ

   

出典:Supreme / Facebook

この夢のコラボレーションは2007年から始まりました。奇抜なデザインでとがった印象のシュプリームと、汎用性の高いスタイルと、それでいて存在感のあるノースフェイスのアイテムは相性が良かったのか、それ以来ほぼ毎期発売するほどの人気アイテムに!その人気はすさまじいもので、発売予定日の前日の夜から、路上に長蛇の列ができるほどです。では、そんな大人気シリーズの歴代モデルをおさらいしていきましょう!

年別コラボ商品おさらい

   

出典:Supreme / Facebook

コラボ商品のなかでも最も注目度が高いのがジャケットやコーチジャケット、ダウンなどのアウターです。どの年もアウターは必ず出していて、年によってはバックパックやグローブなどを一緒に出しています。では、そんなアウターを中心に歴史を刻んできたコラボ商品を、年別に古い順で見ていきましょう!

2007年

Summit Series Jacket

   

出典:supreme

ファースト商品の「Summit Series Jacket」です。左手側にはSUPREMEの文字、胸元にはノースフェイスのロゴが。右手に両方のロゴが並べられ、コラボらしいデザインになっています。一見すると、ノースフェイス色の強いシンプルなスタイルのジャケットに大きく分けたカラー割りが目立ちますが、裏地のアニマル柄がスパイスを加えています。これぞコラボレーション!といった感じの、2つの良い所取りジャケット。今は公式にも通販等にもめったに出回っていなく、入手が困難なモデルとなっています。

2008年

Summit Series Jacket

   

出典:supreme

こちらは2008年版の「Summit Series Jacket」で、春夏のモデルです。ジャケット自体は2007年のモデルと同じ作りで出していますのでロゴの位置等は同じで、軽量かつ高い耐水圧を持った高機能ジャケットです。脇下のベンチレーションや止水ジッパー搭載で、厳しい天候化にも対応できる、手の抜かない作りになっています。ただ、斬新なニューヨーク・マンハッタンの絵画風なプリントがインパクト大で、印象が全く違って見えますね。

2010年

Expedition Pullover

   

出典:supreme

2010年の春夏モデル、「Expedition Pullover」。その名の通りプルオーバー型で、トリコットの裏地付きの、100%防水可能な3層織りシェルです。2年間空けての登場となったこのモデルは、奇抜さや革新的なデザインは抑えた、ベーシック意識のスタイルに。一番人気はカモフラ柄で、入手は難しい状況です。

Mountain Jacket

   

出典:supreme

こちらは冬に出されたモデルで、その名も「Mountain Jacket」。こちらもどちらかというとノースフェイス色の強いように見えるベーシックなデザインですね。その名の通り山で使うのにぴったりな耐水コットンを使用した、機能性も抜群のシェルになっています。

2011年

2012年

   

出典:supreme

   

出典:supreme

同じデザインのリュックも人気のある商品です。パーカーとはまた違った雰囲気で、日本人にも使いこなせそう。

Mountain Shell Jacket

   

出典:supreme

2012年冬モデルの「Mountain Shell Jacket」。深みのあるコーデュロイ生地を使用しています。色味も落ち着いた雰囲気のマウンテンパーカーで、耐水加工がなされています。

2013年

2014年

   

出典:supreme

同じコンセプトで出ているコラボ商品の、リュック。大き目のポケットが突出している珍しい形で、使い勝手は抜群です。

   

出典:supreme

   

出典:supreme

このときは同時に「Bandana Thermoball Traction Mule」と、「Bandana Dolomite Sleeping Bag」も出しています。スリッポン型で脱ぎ履きしやすいミュールは、アウトドアやルームシューズとして便利。SUPREMEの文字が目立つ寝袋はコラボ商品ではこれが初めてで、以降も出ていません。

2015年

Mountain Pullover

   

出典:supreme

また、ほとんど同じデザインでプルオーバー型の「Mountain Pullover」も同じ時期に登場。ジャケット全体に横断する言葉は、アメリカ人の黒人公民権運動活動家であるマルコム・Xのスローガン、「By Any Means Necessary」です。意味は「いかなる手段をとろうとも」。彼の訴えの強さを象徴します。

   

出典:supreme

   

出典:supreme

そして同時に出ているのがこちらの「Winter Runners Glove」と、「Base Camp Crimp Backpack」。グローブはその名の通りランナー用に作られているもので、写真の通り5本指の手袋の上からカバーできるようになっています。バックパックも大胆に「By Any Means Necessary」のスローガンをあしらったデザインで登場。ストリートなイメージの強い仕上がりで、やわらかい曲線は残しています。

2016年

Nuptse Jacket with packable hood

   

出典:supreme

こちらの「Nuptse Jacket with packable hood」はフード付きのマウンテンパーカーになっています。

Nuptse Bootie

   

出典:supreme

Pokono Backpack

   

出典:supreme

同じシリーズとして出ている「Nuptse Bootie」と、「Pokono Backpack」も注目。「Nuptse Bootie」はノースフェイスの人気商品として有名ですね。アウトドアにぴったりな防水・保温性に優れたキルティングブーツです。そして独特のラインがその柄使いと同時に異彩を放つバックパック。2つのブランドがうまく合わさって、今までに無いようなものになっています。

まとめ

以上、歴代のノースフェイスとシュプリームのコラボ商品を見てきましたが、いかがでしたか?発売と同時に品切れになり、今でもプレミア付きの傑作ばかりですから、そのデザイン性は最高峰でしたね。また、年によってデザインの幅が大きく変わっていたことから、その時代ごとのニーズが反映されていることも分かります。2017年モデルの発表はまだありませんが、この流れから考えれば例年通り最新コラボモデルがリリースされることは十分にあります。どんなデザインの、どんなスタイルのものなのか、今から楽しみですね!


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner