hinata

>

アクティビティ

>

マリンスポーツ

>

夏を遊びきれ!最高な夏を過ごせる海の遊び【まとめ】

夏を遊びきれ!最高な夏を過ごせる海の遊び【まとめ】

 アクティビティ

夕日に照らされた海で走る男女と水しぶき

出典:Sam Edwards / ゲッティイメージズ

最近暑い日が続き、夏が近づいているのを感じますね。夏といえば、もちろん海!今回は、海で気軽に楽しめる遊びから最先端のマリンスポーツまで、紹介していきたいと思います♪夏はもう、すぐそこです!夏にしかできない遊びを、思いっきり楽しみましょう♪


 目次


砂浜で楽しむ遊び

まずは、砂浜で楽しめる遊びを紹介していきます。

一番の定番、すいか割り

   

Instagram (@natsu83d)

夏の風物詩でもあるスイカ割り、盛り上がること間違いなしの遊びですね。実はこのスイカ割りにルールが存在していることをご存知ですか?日本すいか割り推進協会が認定版としてルールを提示しています!競技場所や道具、進行や勝負の点数など決められていて、れっきとした競技となっています。このことに筆者は驚きでした!

ここで簡単にルールを説明します。
【競技場所】砂浜、芝生の広場が最適
【道具:棒】(直径5cm以内、長さ120cm以内)、目隠しの手ぬぐいやタオル、日本国産すいか
【競技者】割る人1名とサポーター複数人で1組
【競技】持ち時間は1分30秒。まずはじめに、右回りに5回と2/3回転してからすいかを割りに行く。時間内であれば3回まで棒を振ることができる。
【得点】割られたすいかの状態によって、得点が決まる。

詳しいルールを知りたい方は、以下リンクよりご覧ください。
日本すいか割り推進協会認定版 すいか割りルール

緩くみんなで楽しむもよし、ルールに従って競い合うもよしなスイカ割りです。必要とする道具も少ないので、気軽に楽しめます!

ギリギリを楽しむ、砂山崩し

多くの人がやったことがあるであろう、砂山崩し。砂を盛った頂点に棒を刺し、崩れないよう順番に砂を削っていく簡単な遊びです。小さい子がする遊びというイメージが強いですが、大人でも十分楽しめる遊びだと思います。例えば、トランプを一緒に使用して遊ぶのはどうでしょうか?引いたトランプの数字の分だけ、砂を崩さなくてはいけないルールを作り、棒を倒した人には罰ゲーム!このように、自分たちでオリジナルのルールを作って遊ぶことができると思います!また、この砂山崩しはお話をしながら遊ぶことができるところも魅力だと思います。たわいもない話をしながらゆっくりと遊ぶのも、また違った楽しさがあっていいと思います。

本気を出して、砂のお城作り

   

出典:pixabay

砂遊びの定番、砂のお城作りですが砂山くずし同様、子供が楽しむ遊びのイメージが強いと思います。ですが、これを見てください。

   

Instagram (@makosienne)

砂で作ったとは思えないクオリティですよね!砂のお城作りのポイントは、砂の水分量です!少なくても多くてもダメです。ぎゅっと握って固まるぐらいがベストだと言います!その他に、スプーンやハケなど使って作ることをおすすめします!100円ショップで安く手に入るものなので、挑戦しやすいです!色々な道具を使ってみて、表現の発見があるところもワクワクしてきます♪そして、砂のお城作りを楽しむ最大のポイントは「本気」です。本気を出して作れば写真のような作品も夢ではないはず!クリエイティブが好きな方、注目を浴びるのが好きな方にオススメの遊びだと思います。

風が吹いても遊べる、フリスビー

   

出典:pixabay

風の影響を受けやすいビーチボールと比べ、フリスビーは風の影響を受けにくいのでオススメです!誰でも簡単に扱え、みんなで楽しめるところもポイントだと思います!またフリスビー1個で、様々な遊び方ができると思います♪例えば、缶を並べて的あてゲームとしても遊べますし、スローワーとキーパーに分かれて得点制のゲームとして遊んでも楽しそうです。海へダイビングキャッチするのも気持ちよさそうですね!ですが、周りの方の迷惑にならない程度で楽しみましょう。フリスビーを飛ばす際も周りに人が少ない場所を選んでくださいね!

逆転の発想で楽しむ、ビーチコーミング

   

出典:pixabay

ビーチコーミングとは、海岸などに流れ着いた漂流物を拾ったり、見たりして楽しむ遊びです。ゴミとして扱われがちな漂流物を逆転の発想で楽しもうという、なんとも素敵な遊びなのです!漂流物のジャンルは様々、貝殻や瓶の破片、変わった形をした流木など沢山のものが流れ着いています!それを写真に撮ってみたり、家に持ち帰りインテリアにしてみたり。楽しみかたも様々だと思います!まるで宝探しのようで、ワクワクしますし、心豊かな気分になれる、そんな遊びだと思います!

夜の海には、花火

夜の海の定番、花火です。1日、海で遊んだ後に締めくくりとして花火を楽しむのはどうでしょうか。昼とはまた違う表情の景色を楽しむこともできますし、盛り上がる遊びとして花火はもってこいだと思います!その日1日の出来事を話しながらの花火も趣があっていいなと思います。ただ、注意して欲しい点は、海によっては花火を禁止しているところもあるので、確認をしてから楽しんでくださいね♪そしてゴミは必ず持ち帰るようにしましょう!

海上・海中で楽しむ遊び

砂浜でできる遊びはどうでしたか?楽しそうなものが沢山ありました!次は海上、海中で楽しめる遊びを紹介していきます♪

プカプカ優雅に、うきわで浮かぼう

   

出典:pixabay

海を純粋に楽しめるうきわは、定番の中の定番ですよね!ゆったりプカプカ海に浮かんで日光浴をしたり、複数人ではしゃぎながら泳いだり、うきわにも楽しみ方が沢山です。また、最近のうきわは、ユニークなものが多いんです!

見た目がユニークなのはもちろん、複数人で使えるものもあったりするので、遊び方の幅も広がり、うきわ1つで十分に遊ぶことができると思います!今年の夏は、気になるうきわを新調してみんなで楽しく遊んじゃいましょう♪

海を散歩しよう、SUP(サップ)

   

出典:pixabay

SUPとは、スタンドアップパドル・サーフィンの略です。ボードの上に立ち、パドルで漕いで海上を進むという、近年人気を集めているアクティビティです!まるで海上を散歩しているような気分を味わえます♪サップ用のボードは浮遊力が高く安定感があります。そのため一般的なサーフィンに比べ、誰でも簡単に楽しむことができます。また2人で乗ることも可能なんです!友達と、カップルで、親子で一緒に楽しさを共有できるところがいいですね!また、海上ヨガや釣りなど様々な遊びに応用することができるのも、このサップの魅力です。

風と波に乗れ、ウィンドサーフィン

ウィンドサーフィンは、ヨットとサーフィンを融合したウォータースポーツです。波だけでなく、風も使って滑走するウィンドサーフィンは、爽快感抜群です!自然の力を利用して楽しむスポーツなので、自然と自分の一体感を感じることもできます。ただ、すぐにできるようになるスポーツではありません。練習が必要になってきますが、一度始めれば誰もが病みつきになる程の快感を得ることができます!また幅広い層の人が楽しめるスポーツで、50代60代の方でも現役でウィンドサーフィンをしているそうですよ!この夏にぜひ、始めてみませんか?

アクション度MAX、スキムボード

スキムボードとは、波打ち際で楽しむウォータースポーツです。

ボードを持って波に向かって走り、波が引いたときにタイミングよく板に乗り、戻ってくる波に乗って楽しむものです。動画を見ていただけるとわかりますが、スケートボードやスノーボードとサーフィンを掛け合わせたようなスポーツです。波打ち際で楽しむスポーツなので、サーフィンほど泳力は必要とせず、マリンスポーツ未経験者でも始めやすいスポーツだと思います。波の上とは思えないほどのアクション性があるスキムボードに、筆者も興味を持ちました!この夏始めてみたいウォータースポーツです。

海中をドライブ、潜水スクーター

   

Instagram (@sensuiscooter)

潜水スクーターは、沖縄の「思い出販売所 美ら海」で楽しむことができるアクティビティです。この潜水スクーターは、泳げない人も海中を楽しむことができます。スクーターにまたがるだけでいいので泳ぎは必要ありません。子供からシニアまで、幅広い層の方が楽しめるアクティビティです!また、ヘルメットはスクーターと一体型になっていて中に水が入らない仕組みになっています。そのため顔が濡れないのでメイクをしたまま、メガネをしたまま、写真を撮ったりして楽しむことができます♪二人乗りなので、会話を楽しみながら海中をドライブできますよ♪

【アクセス】沖縄県名護市済井出233
【電話】0980-52-8855

詳しくは 思い出販売所 美ら海HP をご覧ください。

空を飛べる、フライボード

   

Instagram (@dolphin3029)

水圧を利用して空を飛ぶウォータースポーツです。CMでおなじみのスポーツですよね!2012年に世界で同時に導入され、高い人気を得ています。水面・水中で楽しむイメージが強いウォータースポーツの概念を変えてくれる新感覚のスポーツだと思います。飛び上がった場所から見える景色は最高です!誰しもが一度は思ったことがあるであろう空を飛ぶ夢を叶えてくれるスポーツです♪

サブウイング

   

Instagram (@blackdicek)

ノルウェーで生まれた、海中を滑走する新感覚のマリンスポーツです。サブウイングは、2枚のボードを繋ぎ合わせたような構造をしていて、左右それぞれを捻ることができます。モーターボートや水上バイクに引っ張ってもらいながらボードを操作することで、進行方向を変えたり回転することができます。ゆったりと楽しむダイビングと違い、海中を滑走するスポーツなので、スピードを感じることができ、まるで魚にでもなったかのような体験をすることができます。このサブウイングは、石垣島で楽しむことができます。

上の記事には、サブウイングの魅力・詳細がぎゅっと詰め込まれています!興味を持った方はぜひ、チェックしてみてください♪

まとめ

いかがだったでしょうか?気軽に遊べるものからマリンスポーツまで紹介してきましたが、どれも楽しそうで、惹かれるものばかりでした!筆者的には、やはりスキムボードが気になります!動画のようまで出来るようになるには練習が必要だと思いますが、あのアクション性の高さに、始めたら一気に引き込まれそうです♪皆さんは、気になる遊びはありましたか?今年の夏は1度きり。沢山遊んで、沢山思い出を作って、最高の夏を過ごしましょう♪


あわせて読みたい記事



新着記事

関連するキーワード

夏キャンプ マリンスポーツ


おすすめのキーワード

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪