初心者必見!キャンプ場での宿泊の種類とおすすめキャンプ場

 キャンプ場

出典:Teen00000 / ゲッティイメージズ

キャンプで泊まるという時、みなさんはどのような状況をイメージしますか?未経験の方、初心者の方はテントを張って自然の中でのテント泊をイメージする方が多いと思います。そんなイメージからキャンプでの宿泊は寝心地が悪そうで苦手という方も多いのではないでしょうか。しかし、キャンプでの泊まり方は本当はいろいろな宿泊施設やテント泊でも種類があるんですよ!今回はキャンプ場での泊まり方についてご紹介します。


 目次


サイトの種類とは

テントサイトとはキャンプでテントやタープを張るのに利用出来る区切られた場所のことです。テントサイトは主にオートサイトとフリーサイト、それ以外の普通のサイトに分けられます。

オートサイト

オートサイトは車でサイトの中にまで入って、車のすぐ横にテントを張ることが出来ます。現在の主流となっていて様々な設備が整っていることも多い、近代的なサイトです。快適なアウトドア空間を作り出せるため、初心者、家族連れの方にオススメです。

フリーサイト

エリア内であれば自由にテントを張ることが出来るため大型のテントや広いリビングの確保、グループでのキャンプなどにオススメです。

区画サイト

区画ごとに区切られているサイトです。区画サイトではキャンプ場の外に駐車場があり、オートサイトなどと比べると利便性が低いため、料金が比較的に低めとなっています。

キャンプ場の宿泊施設

バンガロー(キャビン)

木造の宿泊専用の小屋です。テントが苦手な人で値段をおさえたい方はこちらで。部屋は4畳~8畳程度の1室だけで少人数用です。ベッド、トイレ、キッチン、お風呂等の設備は何もついていないので雨や風、虫を防ぐためだけの宿泊小屋です。寝袋などを個人で持参する必要があります。

hide.aさん(@pumi9)がシェアした投稿 -

バンガローに泊まる前にメンバーで食材を持ち寄ってBBQなんて楽しみ方良いですよね!

smiyonさん(@smiyon)がシェアした投稿 -

この季節には山奥のバンガローで静かに紅葉を楽しむなんてのも有りですよ!

コテージ(ロッジ・ログハウス)

   

出典:dennisvdw / ゲッティイメージズ

1棟ずつ独立している宿泊施設で、板材で囲ってある建物です。貸別荘と表現されることもあります。中には複数の部屋が存在していて、家族やグループでも利用出来ます。設備はベッド、トイレ、お風呂、キッチンなど充実しているので、連泊する方にオススメですよ。冷暖房まで完備している場合が多く、高額ですが贅沢で快適なキャンプが味わえます。ロッジ・ログハウス・コテージの分類に明確な定義はなく、キャンプ場により呼び方や質がそれぞれ違います。

akinaco29さん(@akinaco29)がシェアした投稿 -

コテージのキッチンを使っての豪華な料理は格別です。皆で料理を作るのも仲が深まって忘れられない思い出になりますよ!

トレーラーハウス

K07さん(@k007.a)がシェアした投稿 -

キャンピングカーの一種で、車でけん引することが出来る移動式の家です。電気や水道などのライフラインを、移動先の設備にドッキングする機能がついています。トレーラーハウスの中にはキッチンや水道設備、ベッド等の設備があり快適に過ごすことができます。普通の車よりも快適に過ごしたいというか方はこちら!

こんなオシャレなトレーラーハウスも♡泊まるだけで楽しくなりますよね!

パオ(ゲル)

Manami Takagiさん(@manaly)がシェアした投稿 -

元はモンゴル人などの北部のアジア圏に住む遊牧民族が使用しているドーム型の移動式の家です。パオは中国語で,モンゴルではゲルと呼ばれています。壁全体が木で覆われたコテージに近いタイプや、壁には革を使い、床は木製など様々なパオがあります。テントと比べると大きくで、1棟にだいたい5~6人以上は宿泊することできます。ベッドやキッチン等がついていますが、トイレや浴室が必ずついているとは限りません。水まわりが共用のパオもあります。普段と違うキャンプ泊をしたい方はどうぞ!

パオの中は雰囲気が違いますよね!モンゴルの遊牧民の気分に浸れます。

こんな景色の良いスポットでのんびり釣りなんて良いですよね!

ティピーテント

マックさん(@ryo5310)がシェアした投稿 -

元はアメリカインディアンの平原に住む部族が使っていた錐形の移動式のテントで、インディアンテントとも呼ばれています。多くのキャンプ場ではあまり見かけませんが、小中学生が自然学習などで利用するキャンプ場にはよく見られます。内部は木製の床になっていて、居心地が良いですよ。見た目もかわいいですよね!

Youki Nagasawaさん(@youki_n)がシェアした投稿 -

夜のティピーはロマンチックですね!自然の中の澄んだ空気の中で見る月は普段より綺麗に見えること間違いなしですよ!

ツリーハウス

生きている木を土台にして作られた家です。ツリーハウスというと高い木の上にあるイメージですが、必ずしも木の上にある必要はありません。その木の堅さ、高さ、太さ、曲がり具合、場所などそれぞれの木の特徴を生かせば、どんな木にでもツリーハウスを作ることができます。ツリーハウスの魅力は自然と一体になれるということです。ツリーハウスに泊まれば、いつもと違う視点の非日常感を満喫することができますよ。

naoさん(@i.naomi)がシェアした投稿 -

家の中に木が生えている風景もツリーハウスならではですね!落ち着いて雰囲気で読書がはかどりますよ!

ライトアップされたツリーハウスはまさに非日常!おとぎ話の世界に来たみたいですよ。

オススメキャンプ場 5選

①大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラの空撮写真    

出典:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

東日本No.1との呼び声が高い5つ星キャンプ場☆
レンタルが充実していてテントから調理器具まで何でも揃っていますよ。手ぶら行けるキャンプ場で初心者にオススメです。
キャビン、キャンピングカー・トレーラー、オートキャンプ(個別サイト、フリーサイト)の方法で宿泊出来ます。

【基本情報】
住所:茨城県久慈郡大子町矢田15-1 
電話:0295-79-0031
営業期間:通年
公式はこちら:大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ

②北軽井沢スウィートグラス

   

出典:北軽井沢スウィートグラス

心を惹きつけてやまないツリーハウスが魅力!オールシーズンやっているイベントも要チェックですよ!
ツリーハウス、コテージ、キャビン、ティピー、普通サイト、フリーサイトの方法で宿泊出来ます。

【基本情報】
住所:群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1990-579
電話:0279-84-2512
営業期間:通年営業
公式はこちら:北軽井沢スウィートグラス

③PICA山中湖ヴィレッジ

   

出典:PICA山中湖ヴィレッジ

コテージキャンプならここがオススメ!ハンモック、キッチンコテージ等、様々な種類があってコテージキャンプに特化しています!

【基本情報】
住所:山梨県南都留郡山中湖村平野506-296
電話:0555-62-4155
営業期間:通年
公式はこちら:PICA山中湖ヴィレッジ

④キャンピカ富士ぐりんぱ

キャンピカ富士ぐりんぱのキャンプサイトの様子    

出典:キャンピカ富士ぐりんぱ

富士山を眺めながらの解放感あるキャンプに最適!
フリーサイト、トレーラーハウス、コテージ、ログハウス、ティピーの方法で宿泊出来ます。

【基本情報】
住所:静岡県裾野市須山字藤原2427
電話:055-965-1331
営業期間:通年
公式はこちら:キャンピカ富士ぐりんぱ

⑤キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原のドックランで犬が遊ぶ様子    

出典:キャンプ・アンド・キャビンズ那須高原

10m×25mのドッグランがあるので、ワンちゃんを連れてのキャンプならここがオススメ!
オートキャンプ、バンガロー、キャビン、コテージの方法で宿泊出来ます。

【基本情報】
住所:栃木県那須郡那須町高久甲5861−2
電話:0287-64-4677
営業期間:通年
公式はこちら:http://www.camp-cabins.com/

キャンプを楽しく成功させるには、自分に合った宿泊方法を決めることが最重要であると言っても過言ではありません。全国各地にたくさんのキャンプ場がありますが、自分好みの宿泊施設・キャンプ場を見つけて、キャンプライフを楽しく快適に過ごしてくださいね!



あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪