キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

求む、次世代のアウトドアリーダー!「JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD 2023」エントリー受付中

JOLA

あらゆるものが目まぐるしく変化する情報社会の中で、自ら判断し、選択する力が求められる現代。そんな「生きる力」を子どもの頃から育むために、社会を引っ張るアウトドアリーダーを選出するのが「JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD」です。2015年の創設以来、教育など多分野でリーダーを輩出してきた"JOLA"が2023年度のエントリーを受付中。これまでの歩みと歴代受賞者をふりかえってみましょう。

「JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD」通称"JOLA"

日本にアウトドア文化を根付かせ、人間を育む「JOLA」

情報にあふれる現代社会において、自分自身を持って力強く生きていくためには「心身の健康」「判断力」に優れた、強く優しい心が必要です。 「人間力」とも言えるそんな力は、アウトドア活動を通じてこそ育まれる。 そんな思いのもと、日本の豊かな自然環境を学びの場として活用できるような、アウトドア活動がライフスタイルとして根付いた社会作りに取り組んでいるのが「JAPAN OUTDOOR LEADERS AWARD(ジャパンアウトドアリーダーズアワード)」、通称"JOLA(ジョラ)"です。

質の高いアウトドア活動を支えるリーダーを選出

JOLA
四季の移り変わりとともに、山・川・海・里など、あらゆる自然環境も姿を変える日本。アウトドア活動を行う上では、これ以上ないほど恵まれた風土です。しかし同時に、正しい知識を持ったうえで、その場に応じた適切な状況判断ができないと、自然はあっという間に牙をむくもの。 子どもたちが「生きる力」を身につけるため、アウトドア活動に取り組むには、それを導く優秀なリーダーが必要不可欠です。JOLAはこれまで、アウトドアに関する優れた知識や技術を持ち、それを教育など各々の専門分野で発揮している人材を「リーダー」として表彰してきました。

歴代受賞者の活動も十人十色

JOLA
JOLAはこれまで、5回の表彰式を実施。教育者や漁師など、45名の受賞者を輩出してきました。特にユニークなリーダーたちの経歴を、何名かピックアップして紹介します。
JOLA2017 大賞 北広島町立芸北高原の自然館 主任学芸員 白川勝信さん プロフィール/広島県芸北地域で、湿原、半自然草原、里山林など、地域の人間活動によって維持されていた整体毛いの保全をテーマに博物館活動を展開。さまざまな主体による自然への関わり方を見直し、新たな仕組みを組み込みながら、地域を自然を将来に残していく道を模索している。 JOLA2018 大賞 よみたん自然学校 代表 小倉宏樹さん プロフィール/沖縄のNPO法人で研修生をしながら環境教育の手法や組織マネジメントを学んだ後、2004年よみたん自然学校を開校。日常の体験に意味があると、赤瓦の古民家を学び舎に、3年保育「幼児の学校」、フリースクール「小学部」の平日学校事業を主軸に、週末イベント&長期休暇キャンプ事業、「ちんすこうづくり体験」の観光事業を行う。 JOLA2020 大賞 川漁師/結の舟 代表 平工顕太郎さん プロフィール/木造和船と伝統漁法を継承する唯一の現役長良川漁師。国指定重要無形民族文化財「長良川鵜飼」では宮内庁式部職・鵜匠代表の専属船頭を勤めた。河川漁業を主軸に、天然鮎の流通、川魚の6次産業化、魚食普及活動ほか、行政・教育期間と連携した「流域担い手育成事業」「海洋教育講師」などを兼任。

11/27(日)まで、JOLA2023のエントリー募集中!

JOLA
さまざまな角度から、未来につながる人づくりをしているアウトドアリーダーを支えてきたJOLA。2023年度は3月15日(水)に表彰式が開催される予定で、2022年11月27日(日)までエントリーを受付中です。 コロナ禍と相まってキャンプ・アウトドアにさらなる注目が集まる昨今、アウトドア活動は人を育むだけでなく、周辺の地域社会づくりにも影響する需要な営みになってきています。JOLAはそんな視点を「ソーシャルアウトドア」と呼び、JOLA2023のコンセプトも「SOLA(Social&Outdoor&Local&Associate)」=「社会的・アウトドア・地域・仲間」に。 アウトドアフィールドで子どもや地域のウェルネスを考え、地に足の着いた取り組みを進めている、そんな次世代のリーダーへの応募は、自薦・他薦ともに可能。応募方法などの詳細はJOLA公式サイトをチェックしてみてください!

JOLAについてもっと知りたい

JOLA公式を見る
【開催概要】 応募費用:無料 応募資格: 「アウトドアで過ごすこと」「アウトドアでの人づくり」これらを良いことだと考え、人々を海、山、川、森、田畑に誘い、人づくりの活動を続けている方。自分自身の活動を自己評価し、言語化していただける方。 アワード対象者: ・1年以上(過去にさかのぼるも可能)継続して活動していること ・宗教政治活動を除く活動であること ・プロアマ、年齢等は不問(U25賞は、1997年12月1日以降に生まれた方が対象) 応募方法: 1.JOLA2023エントリーフォームより、自薦もしくは他薦でエントリー 2.エントリー後、事務局より送付された審査シートに必要事項を記入。メールにて提出して応募完了

エントリーフォームはこちら!

JOLA2023にエントリーする
 最終更新日:

あわせて読みたい記事