キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

「秋空×日本酒=最強」。改めて知りたい、キャンプでの晩酌の楽しみ方

沢の鶴のお酒でキャンプを楽しむ画像

猛暑の夏が終わり、キャンプ場は肌寒い秋を感じる季節へと移り変わってきました。空気が澄み、紅葉が色づく中、日常を忘れてしっぽり過ごしたい気分になります。テントにこもったり、焚き火を囲んで食事を楽しんだり――。そんなシーンにおすすめなのが、奥深い味わいや芳醇な香り漂う日本酒。豊富なラインナップから多彩な飲み方、晩酌が進む料理を提案します。

秋冬キャンプは「日本酒」の季節

しっぽり過ごす“大人な”スタイルで

焚き火の前で日本酒をたしなむキャンパーの画像
SUPやカヌーなど水辺を中心にアクティビティが豊富な夏が終わり、肌寒い秋冬は日没も早く、外でできることが限られる季節でもあります。そんな時はテントの中でしっぽり過ごしても良し、焚き火を囲んで食事を楽しむのも良し。そんなシチュエーションをより充実させるのがお酒です。澄んだ空気や色鮮やかな紅葉などを眺めたい秋冬キャンプは、落ちついた雰囲気を醸し、ゆっくり静かに味わいたい「日本酒」がおすすめ。 ちなみに、10月は、日本酒造りが始まる時期ということもあり、10月1日は「日本酒の日」とされています。その日を祝して乾杯するのもオツでしょう。

秋冬キャンプに欠かせない日本酒

100人の唎酒師でお酌をするキャンパーの手もとの画像
すっきりとした飲み口とフルーティーな味わいで若い世代にも人気な日本酒。一方で奥行きのある芳醇な味わいの日本酒もあります。幅広い味わいがあり、飲み方も多様で、アルコール好きなキャンパーからの支持も厚い。キャンプ料理に合わせるだけでなく、料理の隠し味にもなる便利な調味料の一つでもあり、無駄なく活用できる利便性も持ち合わせています。
日本酒のパックを潰すキャンパーの手元の画像
一升ビンのイメージが強い日本酒ですが、キャンプに持っていくならパックがおすすめ。移動中に割れる心配はありませんし、飲み終えたらパックを潰すことができるためごみ捨ても楽にできます。

キャンプで楽しむ日本酒は、自分にピッタリなものを選びたい

上質な酒のラインナップ

日本酒と一口にいっても、種類はさまざま。その中でも、一般的に日本酒として知られているのは、「純米酒」「吟醸酒」「本醸造酒」「純米吟醸酒」「純米大吟醸酒」の5つです。 「純米酒」の特徴は、米、米麹、水のみで造られているところ。炊きたてのお米のようなふくよかなうまみと香りが魅力です。一方で「吟醸酒」、「本醸造酒」は、香味調整や防腐効果のある醸造アルコールを添加して造られます。この2つのうち、フルーティで華やかな香りとされるのは「吟醸酒」、香りは控えめでスッキリとした辛口と表現されるのは「本醸造酒」です。そして、純米酒と吟醸酒それぞれの特徴を併せ持っているのが「純米吟醸酒」、「純米大吟醸酒」と言われます。 製造方法の違いで飲み口も変わってくるので、特徴を押さえて自分好みの1本を選びましょう。

飲み方はあなた次第。冷酒や熱燗など多彩にアレンジ

熱燗をおちょこにそそぐ画像
日本酒は冷や(常温)をはじめ、冷酒やぬる燗、熱燗など温度により、味わいや香りの変化を楽しめます。その日の気分や自分のキャンプスタイルに合わせられるのもうれしいポイント。夏に爽快なビールとは違った魅力があり、味わい方が多彩なので、幅広い料理とのペアリングも楽しめます。基本的には、冷やすと味わいがシャープになり、温めるとお米のうまみや甘み、香りが広がります。 冷酒 冷蔵庫などで冷やして飲むのが「冷酒」。味わいがシャープに引き締まるため、軽快で滑らかなタイプの本醸造酒や香り高い吟醸酒や大吟醸酒に合うと言われます。 冷や 20~25℃の常温で飲む「冷や」は、冷酒と燗酒の中間的な味わい。長期熟成したものや純米酒など、風味や米のうまみを味わいたい時におすすめ。 ぬる燗 40℃以下に温めて、まろやかなうまみと香りを楽しむ「ぬる燗」は、純米酒にマッチ。香り高い吟醸酒などでも楽しめますが、甘みと酸味の両方を感じられるので、好みや状況に合わせてトライしてみましょう。 熱燗 40℃以上に熱くする「熱燗」は、個性ある風味を存分に味わいたいときに最適。ぬる燗よりも一層、お米のうまみと甘みを感じられます。風味や酸味が強いと感じたときは、少し時間をおいて温度を下げて味わってみましょう。

キャンパー心理をくすぐる?ギア感漂う酒器

酒器の画像
日本酒は酒器によって味わいが変わるのも魅力で、ギア集めが好きなキャンパーにぴったり。おちょこの種類もさまざまで、定番のものから、ククサや鉄器など、多彩な種類があります。熱燗を飲むときには、手が熱くならない木製のぐい呑みがおすすめ。自分の好みや状況にマッチした酒器を見つけましょう。

これさえあれば、理想の晩酌。日本酒に合うレシピ3選

ビンやパックの日本酒って、全てを飲み切るのは意外と難しくありませんか?残ってしまうと、風味や味わいが変化してしまい、せっかくのお酒がもったいない。そんな時は、料理の隠し味に使えば、風味が増して味に奥深さが出てさらにおいしくなり、無駄なく味わえます。

甘口・辛口とは……?

日本酒のパッケージには、「甘口」や「辛口」と表記されていることがあります。飲む際や料理に使用するときの判断材料として、どういう基準なのか知っておきましょう。 日本酒の甘口・辛口というのは、いくつかの要素で決まってきますが、大きな基準となるのが「日本酒度」です。日本酒度とは、簡単に言うと「酒の比重」のこと。0を基準に「+」「-」で表し、大きくなるほど辛口、小さくなるほど甘口になります。これは、酒が発酵する際、酵母が糖を分解してアルコールになった比重が多いか、少ないかの数字。発酵が進むほど糖からアルコールに変わっていくため、糖度が少なくなり、甘みが減り、辛口になるという考え方です。 これをひとつの基準に、さまざまな料理に合わせてみましょう。

純米酒、「中口」に合うのは「鮭のホイルちゃんちゃん焼き」

鮭のホイルちゃんちゃん焼きと日本酒の画像
甘さと辛さのバランスがちょうどよい「中口」の日本酒には、みそのコクを感じる濃い目の味付けを。鮭のホイルちゃんちゃん焼きがベストマッチ!炊き立てのお米のようなうま味と香りを感じられる純米酒をお米代わりに召し上がれ。飲み方は、40℃以下に温めてまろやかなうまみと香りを楽しむ「ぬる燗」がおすすめです。
材料
  • 鮭の切身 2切れ
  • 白菜 適量
  • エリンギ 適量
  • みそだれ(みそ 大さじ2、日本酒 大さじ1、砂糖 ひとつまみ)
作り方
  1. アルミホイルを引き、白菜・エリンギ・鮭を乗せる
  2. 鮭に軽く塩をふり、味噌だれを塗る
  3. アルミホイルを包み、フライパンに水と一緒にいれ蓋をし約10分蒸す。鮭に火が入り、白菜がしなってきたら完成

純米酒、「甘口」に合わせるなら「ムール貝の酒蒸し」

ムール貝の酒蒸しと日本酒の画像
フルーティーでしっかりと甘さを感じられる甘口な日本酒には、ハーブを効かせたシーフード系の料理を。簡単なのにおいしくて見栄えもする「ムール貝の酒蒸し」で決まり!飲み方は、風味や米のうまみを味わえる「冷や」がおすすめ。20℃~25℃の常温でいただきましょう。甘さを引き締めたいときは「冷酒」にすると良いでしょう。適温は20℃以下です。
材料
  • ムール貝 約10個
  • 日本酒 適量
  • ニンニク(みじん切り) 大さじ1
  • 鷹の爪 1本
  • タイム 多め
作り方
  1. 小さめのフライパンに材料を全部入れ、蓋をし弱火にかける。
  2. ムール貝が開いたら完成

特別純米酒、「やや辛口」とベストマッチなのは「豚ロースのソテー香味野菜ソース」

豚のソテー香味野菜ソースと日本酒の画像
スッキリした甘さとキレのある後味が特徴的な「やや辛口」日本酒には、大胆に厚切りにした「豚ロースのソテー香味野菜ソース」を。ロース肉は、下ごしらえの段階で日本酒に事前につけておくと、より柔らかくなってグッド。お米のうまみと香りをスッキリと感じられる純米酒なら、ボリューミーな料理もさらっと食べられます。 飲み方は、お酒の味がストレートに伝わってくる「冷や(常温)」で。もう少し、うまみと甘みがほしいのであれば「ぬる燗」もありです。
材料
  • 豚肩ロース(ブロック) 適量
  • やや辛口の日本酒 適量
  • 香味野菜ソース
(長ネギ、万能ネギ、茗荷、生姜、ニンニク→各お好みの量をみじん切りにし塩麹で味を整える)
作り方
  1. ジップロックに豚肩ロースを入れ、少量の日本酒で6〜10時間程漬ける
  2. キッチンペーパーで水分をとった豚肩ロースを焼く
  3. 豚肩ロースを焼いて出た油と香味野菜ソースを混ぜ軽く温める
  4. 豚肩ロースをカットし、ソースを盛り完成

コラム:中の人が教える二日酔い対策

「沢の鶴」WEBマーケティング担当の矢野麻己子さんの画像
おいしいお酒で食卓を囲むと、ついつい飲みすぎてしまうもの。翌朝起きて二日酔いで苦しまないために、できることはやっておきましょう!では、実際にどのような対策があるのか、純米酒に自信をもつ老舗酒蔵の「沢の鶴」WEBマーケティング担当の矢野麻己子さんに伺いました。 キャンプに持って行くお気に入りのお酒は、、冷やでも燗でも、料理にも使える万能選手の「米だけの酒」という日本酒好きの矢野さん。二日酔い回避のために重要なのは、飲む際に同量の水を飲むこと、と語ります。日本酒を推している居酒屋などでは、日本酒を頼むと水も一緒にでてくるお店があるように、お酒と一緒のペースや量で水を摂取することで、アルコールの吸収を抑えることができるのです。

こだわりの日本酒を醸して300年

沢の鶴の日本酒の画像
左から、沢の鶴史上最も飲みやすい「SHUSHU Light」、お米にもこだわる純米酒「米だけの酒」、生酒本来の味わいを引き出した「100人の唎酒師」
こだわり抜いた米と水で仕込んだ上質な日本酒を造る沢の鶴。純米酒のうまさを残しつつ、アルコール分を下げる独自の手法を取り入れ、飲みやすい日本酒を世に広めた先駆的存在です。純米酒や純米大吟醸などラインナップも豊富で、自分に合った一本が見つかるはず。
【基本情報(写真左)】 アイテム名:「​​SHUSHU Light」 種類:純米酒 アルコール度数:8.5度 日本酒度:-23.0 酸度:1.1 価格:300円(税込み)

フルーティで飲みやすい「SHUSHU Light」

オンラインショップで見る
【基本情報(写真中央)】 アイテム名:米だけの酒 種類:純米酒 アルコール度数:14.5度 日本酒度:+2.0 酸度:1.5 価格:845円(税込み)

ワンランク上のパック酒「米だけの酒」

オンラインショップで見る
【基本情報(写真右)】 アイテム名:100人の唎酒師 種類:純米生原酒 アルコール度数:18.5度 日本酒度:+2.5 酸度:2.0 価格:1,350円(税込み)

香りとコク、うまみがバランスよく共存する「100人の唎酒師」

オンラインショップで見る

日本酒で秋冬キャンプが充実

alt
秋冬キャンプはしっぽり楽しみたい大人向き。肌寒くなる季節は、体がポッと暖かくなる沢の鶴の日本酒を片手に語らい、時間を忘れて、晩酌を楽しみましょう!

キャンプに持って行きたいこだわりの日本酒が勢ぞろい!

日本酒情報サイト「酒みづき」を見る
 最終更新日: