キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

25リットル前後のクーラーボックス11選!中型が最適!

クーラーボックスとキャンプギア

出典:PIXTA

キャンプの必需品クーラーボックス。いろいろな形やサイズがありますが、今回はデイキャンプやソロキャンプにもちょうどいい、容量25リットル前後の中型クーラーボックスをご紹介!ハードタイプやソフトタイプ、釣り用の本気タイプまで。自分のスタイルにぴったりなクーラーボックスを見つけてみましょう!

使えるシーンが多いサイズは【20〜30リットル】

食材や飲み物の保冷はどのシーズンにおいても大切なことですよね。保冷の必需品といえばクーラーボックスですが、種類もサイズもたくさんあり、どうやって選べばいいか悩むこともあるかもしれません。 そんなとき、まずおすすめするのは20〜30リットルサイズの中型クーラーボックス。500mlのペットボトルが20本程度入るこのサイズ、実は使えるシーンがとっても多いのです。
 ソロキャンプデイキャンプ (2〜3人)1泊キャンプ (2〜3人)デイキャンプ (4人以上)1泊キャンプ (4人以上)ピクニック・スポーツ観戦・学校行事など
60L前後  
50L前後  
40L前後 
30L前後 
20L前後  
ソロキャンプや2〜3人のグループキャンプなどアウトドアシーンに加えて、スポーツ観戦や学校行事などにちょうどいい「持ち運びやすくて飲み物や軽食が入る」サイズが20〜30リットルなのです。 この記事では25リットル前後のクーラーボックスを
  • ハードタイプ
  • ソフトタイプ
  • 本気タイプ(釣り用)
の3種類に分けてご紹介します!

タフさと保冷力!ハードタイプのクーラーボックス

車載されたBAMKELのクーラーボックス

出典:Amazon

ハードタイプは衝撃に強く、中の食料が潰れたり傷んだりするのを防いでくれます。そのため車への積み込みも安心。保冷力の高さもポイントです。

持ち運びラクラク!ソフトタイプのクーラーボックス

ソフトクーラーボックス

出典:Amazon

バッグ感覚で持ち運びしやすく、コンパクトに収納できるのがポイント。ピクニックやデイキャンプのほか、家を出るときは畳んでおいて道中の買い出しで使うのも便利。

釣り人御用達!本気タイプのクーラーボックス

釣りをする人

出典:PIXTA

鮮魚を扱う前提なので保冷力がずば抜けているほか、釣りの間は椅子として座れるほどの頑丈さを兼ね備えているのが特徴。軽くて持ち運びやすいよう設計されているので、これはキャンプでも使うしかない!

25リットル前後のクーラーボックスを便利に使いこなそう!

飲み物が入ったクーラーボックス

出典:PIXTA

食材を安全に保管するためにも、飲み物をおいしく飲むためにも欠かせないクーラーボックス。今回は使い勝手のよい25リットル前後の中型サイズを中心にご紹介しました。軽さや断熱性、運びやすさなど、ご自身がより快適に過ごすためには何を優先しようか…イメージしながら選んでみてくださいね!

今回紹介したアイテム

商品画像コールマン エクスカーションクーラー30QTキャプテンスタッグ シエロクーラーボックス25ロゴス アクションクーラー25JEJアステージ クーラーボックスBAMKEL クーラーボックス 25Lコールマン アルティメイトアイスクーラーⅡ 25Lタイタン Deep Freeze 25Lハイドロフラスク Soft Cooler Pack 22シマノ スペーザ ベイシス 250 キャスターダイワ ライトトランクα秀和 フィッシングクーラー25L
商品名コールマン エクスカーションクーラー30QTキャプテンスタッグ シエロクーラーボックス25ロゴス アクションクーラー25JEJアステージ クーラーボックスBAMKEL クーラーボックス 25Lコールマン アルティメイトアイスクーラーⅡ 25Lタイタン Deep Freeze 25Lハイドロフラスク Soft Cooler Pack 22シマノ スペーザ ベイシス 250 キャスターダイワ ライトトランクα秀和 フィッシングクーラー25L
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事