キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプで使えるワークマンのスリッポンを紹介!1500円で買える破格商品も!

LIGHT(ライト) スリッポンの画像

ワークマンでは1500円から買える高コスパのスリッポンを発売しています。履きやすく軽量なワークマンのスリッポンはキャンプのリラックスタイムにおすすめ。撥水加工で水濡れ・汚れに強いタイプ、靴底のグリップ力に優れ滑りにくいタイプなど人気のスリッポンも紹介します。

ワークマンのスリッポンはキャンプで使える!

キャンプや登山などのアウトドアでは、コンディションの悪い道を歩くことも想定してしっかりとしたアウトドアシューズを履きます。ただ、テントやコテージでリラックスする時にそういったアウトドアに特化した靴は足が休まりません。 そんなときに履きやすく足にもやさしいワークマンのスリッポンはおすすめ。軽く、持ち運びも簡単で、サンダルほどの露出もなくちょっとしたアクシデントから指や足を守ってくれます。コスパも良いので初心者でも気軽に手に取れるのもうれしいポイントです。
▼キャンプで着る服の選び方を知りたい方はこちらの記事もチェック!

ワークマンのスリッポンの魅力

キャンプや登山でのリラックスタイムに着用するのにぴったりのワークマンのスリッポンの魅力をチェック。思わず欲しくなること間違いなしです。

1500円から買えるコスパの良さ

コスパ

出典:photoAC

ワークマンのスリッポンは、軽量で履き心地が楽なだけでなく、カラーパターンも豊富。SS~3Lまで幅広いサイズに対応したスリッポンが1,500円から購入可能です。そのためリラックスシューズの最初の一足として試しに買ってみるのもおすすめ。シーンや気分によってカラー違いをそろえたり、買い替えも気軽にできます。

機能的

撥水性

出典:photoAC

手ごろな価格ながら機能性も充実しているのがワークマンのアイテムの魅力です。例えば人気のライトスリッポンは、撥水加工がされていて、水や汚れに強い作り。泥汚れが付いてもウェットティッシュで拭き取ればきれいになります。甲の部分のベルトで履き心地を調整でき、かかとを踏んでスリッパのように使うことも可能。片足約160gと軽く、専用収納袋付属で持ち運びも簡単です。 ファイングリップシューズは靴底のグリップ力に自信あり。耐油・耐滑機能を持つ特徴的な凹凸のある靴底で、濡れた路面をしっかりとつかみ、滑りません。アウトドアだけでなく、日常や作業現場でも使えるスリッポンです。

ワークマンのおすすめスリッポン

ワークマンのおすすめののスリッポンを詳しく紹介します。

LIGHT(ライト) スリッポン

片足わずか160gという軽量なスリッポン。撥水加工で水濡れや汚れに強く、アウトドアでも活躍できるスペックを備えています。カラーは5色から選ぶことができ、またSS~3Lまでの豊富なサイズ展開なので男女問わず誰でも使えます。甲のベルトで履き心地の調整も可能。 専用の収納袋付属で持ち運びも楽々。またかかとを踏んでサンダルのようにも履けるので、キャンプや登山のリラックスタイムでの使用や、自宅でスリッパの代わりに使うのもおすすめです。 【hiantaのおすすめポイント】
  • 撥水加工で水濡れや汚れに強い<
  • 専用収納袋付きでキャンプや登山への持ち運びも楽々
  • 軽量で履きやすいスリッポン
【基本情報】
  • サイズ:SS~3L
  • 重さ:約160g(L)
  • カラー:ダークオリーブ・ベージュ・ブラック他全5色
詳細はこちら:LIGHT(ライト) スリッポン

ファイングリップシューズ

濡れた路面や水濡れが多い厨房の床など滑りやすい地面に強い、グリップ力のあるスリッポン。特徴的な凸凹模様の合成ゴムの靴底は、地面との摩擦が強く滑りにくくなっています。アッパーも撥水加工が施され水に強い仕様。小雨や雨上がりの日常使いにおすすめです。 片足約200g(23.5cm)と軽量で履きやすくほど良いフィット感。シンプルなデザインなのでカジュアルな装いにも合います。サイズも幅広く男女のペアや親子で合わせることも可能。日常から作業現場まで活躍するスリッポンです。 【hiantaのおすすめポイント】
  • グリップが強い、滑りにくい靴底
  • シンプルでカジュアルなデザイン
【基本情報】
  • サイズ:サイズ:22.0~28.0cm
  • 重さ:約240g(片足 26.0cm)
  • カラー:クロ
詳細はこちら:ファイングリップシューズ

ワークマンのスリッポンを使ってみよう!

履きやすく使いやすいワークマンのスリッポン。キャンプだけでなく、日常でも活躍するスリッポンをぜひ手に入れて活用してみましょう。 ▼こちらの記事もどうぞ
 最終更新日:

あわせて読みたい記事