キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

音楽フェスへは公共交通機関で向かおう。自然を愛する大人の「エコ」なキャンプとは?【プロ店員のみっちり講座】

フェスに参加する人

出典:PIXTA

キャンプを始めたい家族や初心者のため、アウトドアのプロが徹底サポート!道具の選び方やキャンプ当日の動きを解説します。今回は大型アウトドア専門店「エルブレス おゆみ野店」(千葉市)のプロスタッフで、音楽フェス好きで、販売員歴15年以上のベテランに、エコなキャンプインフェスを実践するためのコツを教えてもらいました!

キャンプインフェスは、最強の外遊び

エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

相性がいいキャンプと音楽フェス。「アウトドア遊び」という共通項がありつつ、前者はどちらかといえばまったり、後者は身体を揺らして活発に動き回る。 どちらもそれ単体で十分に楽しめるものですが、両者を掛け合わせたときのよろこびは倍以上となります。日中はステージ前でアクティブに、暗くなったらテントサイトでチルアウト、といった具合。 そんな風にメリハリをつけながら、2つのアクティビティを同日に味わえるのが、音楽フェスの会場内で行うキャンプ「キャンプインフェス」です。好きなアーティストの生演奏を聴いたあとにテント泊ができるなんて、「外遊びの完成形」と言っても過言ではありません。

地球に配慮する大人なら、公共交通機関でフェスへ

エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

そんなキャンプインフェスへ行く際、自然を愛する大人ならば環境に配慮したいところ。 国土交通省が過去に行った調査によると、自家用車の単位輸送量あたりのCO2排出量は、鉄道と比べてなんと約9倍。大勢の人が集結する音楽フェスで、各人が鉄道などの公共交通機関をチョイスすることは、環境負荷の削減につながります。 そこで今回は、日常の移動で積極的に公共交通機関を利用している、音楽フェス好きのエルブレス おゆみ野店(千葉市)のプロスタッフ・佐藤寿人さんに話をうかがいました。佐藤さんが初めて音楽フェスに参加したのは、いまから45年以上も前。当時高校生だった佐藤さんは、フェスのすばらしさに触れ、感動を覚えました。 そんな根っからのフェス好きで、アウトドア販売員としての知識も豊富、かつエコなマインドを持ち合わせた佐藤さんが考える、フェスキャンプのスケジュールとは?環境に配慮しつつアウトドア遊びを楽しみたいと考えている方、必見です。
person icon

佐藤さん

せっかく気持ちのいい自然の中へ遊びに行くのですから、環境に配慮するのがアウトドア好きの大人ではないでしょうか。私自身、15年前に自家用車を売り払い、電車やバスで普段から移動するようにしています。 音楽フェス会場内で行うキャンプは、お目当てのミュージシャンの生演奏を聴けるのはもちろん、見知らぬ人との出会いなどの楽しみもたくさん。機能性を追求した道具選びと無理のないスケジュールで、快適にキャンプインフェスを楽しみましょう。
▼キャンプインフェスに向いている道具とは?前回の記事をチェック!

エコなキャンプインフェスを実践できるスケジュールがこちら!

【その1】公共交通機関を利用しよう

エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

person icon

佐藤さん

音楽フェスの会場は山中の場合が多いので、首都圏からだと遠方になることは必須。まずは朝早く、新幹線などの公共交通機関に乗ります。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

person icon

佐藤さん

新幹線にはあまり大きな荷物を持ち込めないので、キャンプ道具はなるべくコンパクトに収めるよう意識するといいですね。 目安としては、キャリーカートに載せられるくらい。バックパックよりも肩への負担が少ないので、身体にかかるストレスを軽減できますよ。

【その2】フェス会場へ到着したらサイトの設営を

エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

person icon

佐藤さん

朝イチに出発すれば、たいていはお昼前には会場に到着します。まずは、自分の休憩スペースとなるテントサイト作りから始めしょう。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール
エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール
person icon

佐藤さん

1時間ほどでサイト作りを終えたら、演奏を聴きに行く前に軽く腹ごしらえを。手の込んだ料理を作ると大変なので、手軽に食べられる食品を用意しておきましょう。 最近はお湯を入れるだけで食べられるご飯物の保存食や、ちゃんとおいしいインスタント麺がたくさん発売されているので、そういった商品を選ぶのもアリ。エルブレスでは各店舗に「キャンプめし」コーナーを設けているので、訪れた際はチェックしてみてください。

【その3】お目当ての演奏をじっくり堪能する

エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

person icon

佐藤さん

昼食を済ませたら、いざステージ前へ。お目当てのミュージシャンの演奏に酔いしれましょう。フェスでは、それまで知らなかったミュージシャンの音楽と出会うことがあります。「このバンドしか聴かない!」と決めていくのではなく、いろいろなステージを見て回るのも新しい発見があって楽しいですよ。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

person icon

佐藤さん

テントサイトを離れる際に注意したいのが、雨対策。山の天候は変わりやすいので、ポンチョなどレインウェアを持参するといいですね。雨が降ると地面がぬかるむため、あらかじめ長靴を履いておくのもひとつの手段です。それと、途中でお腹が空いたとき用に、エナジーバーなどをポケットに忍ばせておいてもいいかもしれません。

【その4】仲間ができたら一緒に飲むのもあり

エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

person icon

佐藤さん

そもそも好きな音楽を聴きにいっているので、その場で友人ができやすいのもフェスの特徴。気の合う仲間を見つけたら、演奏が終わったあと、テントサイトに招待してお酒を酌み交わすのもいいんじゃないでしょうか。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール

出典:PIXTA

person icon

佐藤さん

その際に、オイルランタンがあると雰囲気が出ますよ。気持ちいい大自然の中、気の合う仲間と好きな音楽について語るのは、貴重な経験となります。

【その5】翌日は温泉に入るのも一興

エルブレス おゆみ野店のプロ店員がおすすめするキャンプのスケジュール
person icon

佐藤さん

翌日はゆっくりと起きて、コーヒーでも飲んだらさっさと撤収しましょう。フェス会場の近くに温泉があれば、前日の疲れを癒すために入浴してから帰宅するのもありです。

エコな精神とコンパクトなギアで、いざキャンプインフェスへ!

エルブレス おゆみ野店の外観
キャンプインフェスを成功させるためには、チル感を演出できるテントサイト作りと、心から音楽を楽しむことがポイント。そのためには、雨が降っても演奏に集中できるようなレインウェアや、オイルランタンなどの準備をぬかりなく行いましょう。 「フェスに行くときって、どんな道具があると便利?」「音楽フェスの種類によって用意するものは変わる?」と疑問のある方は、気軽にお店を訪れてみてください。音楽フェスが好きでアウトドアギア選びに精通したプロスタッフが、あなたの好みに合わせたギアやスタイルを提案してくれます。 【店舗情報】 エルブレス おゆみ野店 住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野南5-19-7(スーパースポーツゼビオ店内) 電話:043-266-9901 営業時間:10:00〜21:00

音楽フェス好きのベテランスタッフがおすすめの道具を教えてくれる!

エルブレス おゆみ野店を見る
 最終更新日: