キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

キャンプインフェスのギアは「コンパクトさ」一択。公共交通機関で行くためのチェア、テーブルの選び方【プロ店員のみっちり講座】

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア

出典:PIXTA

キャンプを始めたい家族や初心者のため、アウトドアのプロ店員たちが徹底サポート!道具の選び方やキャンプ当日の動きを解説します。今回は大型アウトドア専門店「エルブレス おゆみ野店」(千葉市)のプロスタッフに、2022年も多く予定されている音楽フェスで、キャンプを快適に過ごすための道具選びを教えてもらいました!

持ち運びやすいギアを携えて、いざキャンプインフェスへ

長距離移動では「コンパクトさ」が鍵に

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア

出典:PIXTA

アウトドア好きのテンションを、最大限まで上げてくれるのが音楽フェス。太陽光の降り注ぐ広い野原に立って、好みのアーティストの演奏に酔いしれる…。朝から夜まで音楽づくし、ついでにキャンプも楽しめる。まさに一石二鳥な、キャンパーとしてはこの上ない環境を味わえるのが、音楽フェスの会場内に宿泊する「キャンプ イン フェス」です。 ただし、せっかく2つの遊びを同時に楽しめるアクティビティだからこそ、気をつけたいのが道具選び。 「フェスは行き慣れているけど、キャンプはいつも友達の道具に頼っている…」 「キャンパーではあるけど、フェスのことはわからない。結局何が必要なの?」 音楽とキャンプをともに満喫するためには、現地でリアルに役立つ道具をチョイスすることが大切。それに加え、フェス会場は山中に設けられるのが一般的です。ゆえに移動は長距離となりやすく、ギアの持ち運びやすさが重要なポイントに。「コンパクトさ」を意識して、携行する道具を選びたいところです。

フェスにぴったりな道具選びを教えてくれるのはこの人

エルブレス おゆみ野店のプロ店員
今回はアウトドア専門店、エルブレス おゆみ野店(千葉市)のプロスタッフ・佐藤寿人さんに話をうかがいました。 エルブレスでキャンプ用品の販売歴15年以上になる佐藤さんは、音楽が趣味。1975年に開催された日本におけるフェスの先駆け「ワールド・ロック・フェスティバル」に参加した経験もあるなど、若いころから音楽フェスに関心を持ち続けてきました。 今回はそんな佐藤さんが、音楽好きとして、さらにはアウトドア専門店のスタッフとして蓄積した知識を基に、キャンプインフェスでの活躍が期待できるギアの選び方を伝授。初心者にもわかりやすいコツを教えてくれました。
person icon

佐藤さん

フェスによっては、マイカーの利用を控えるようアナウンスが出ている場合もあります。なので、今回は公共交通機関で行く想定。その場合、荷物はできるだけコンパクトにまとめたいですよね。目安としては、手引きのキャリーカートに載るくらいに収まると、新幹線やバスに乗車する際に手間取りません。 さらに、携行するギアの「使いどころ」を考える必要があります。演奏を聴いているときなのか、テントサイトで必要になるのか。そうして使用される場面をきちんと想定しながら準備することで、無駄のない道具選びが実現できますよ。

音楽フェスとキャンプをともに充実させてくれる道具がこちら

脚を伸ばせるローチェア

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

まずはチェアをご紹介します。こちらは音楽鑑賞時とテントサイト、2つの場面で使えるホールアースの「C/P キャリーチェア」。広い座面と厚みのある生地のおかげで、どっかりと腰を落ち着けられます。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

シートには、組み立て時に便利なフック付き。これを引っ張ることで脚が入りやすくなるなど、細かい部分で気が利いています。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

付属の収納袋に入れて、ショルダーベルトで肩にかければフェス会場内での持ち運びも楽ちん。長距離移動時にも、キャリーカートにも収まるほどコンパクトになりますよ。ただし、フェスによってはステージ前でのチェアの使用が禁止されている場合もあるので、事前にチェックしておきましょう。

折り畳みがイージーなミニテーブル

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

続いては、ロースタイルのチェアと相性のいいミニテーブル。ソトの人気商品「フィールドホッパー」です。フェスで手の込んだ料理を作る人はあまりいないと思うので、シェラカップやお湯を沸かすためのシングルバーナーなど、ひとり分の食事作りに必要なギアがのるちょうどいいサイズ感です。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

このテーブルが優れている点は、なんといってもそのシステマチックな折りたたみ方です。2枚の天板を合わせるように内側に折りたたむと、脚が自動的にスライドする仕組み。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

このように、天板を合わせます。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

あとはピョコンとはみ出した脚をしまえばOK。わずか5秒で、薄い1枚の板になりました。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

専用の収納袋が付属します。そのままカバンに放り込んでも汚れないのがうれしいところ。

手のひらサイズのシングルバーナー

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

お次はプリムスの定番ガスバーナー「153ウルトラバーナー」。長年、アウトドア好きを支えてきたロングセラー商品です。パワフルなガスや安定性の高い4本ゴトクなど、使い勝手のよさでユーザーの心を掴んで離しません。圧倒的なコンパクトさも魅力。1泊2日のフェスキャンプで必要な「炎」は、これひとつあれば十分です。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

ゴトクの脚を折りたたみ、小さくしていきます。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

カートリッジから取り外せば、こんなに小さく。次にご紹介するクッカーにちょうど収まるサイズ感ですよ。

ひととおり調理可能なクッカー

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

続いては4つのクッカーがセットになった、ホールアースの「ノマド クッカー セット」です。4パターンの深さを備えた、多様なクッカー。フェスで作る簡単な料理であれば、このセットひとつあれば問題ありません。 アヒル口の注ぎ口や目盛りなど、随所にこだわりが見受けられます。ハンドルはラバーなので熱を持ちにくく、火傷の心配もありません。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

4つのクッカーはスタッキング可能。とてもコンパクトになります。表面にはノンスティック加工が施されており、食材が焦げ付きにくいのも嬉しいところ。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

そしてなんと、250サイズのガスカートリッジを収納することも。なるべく荷物のかさを減らしたい公共交通機関で行くフェスキャンプに、ぴったりな商品です。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

さきほどご紹介した「153ウルトラバーナー」も、この通りシンデレラフィット。調理器具とガスをひとまとめにできる、かなり優秀なクッカーです。

雨にも負けない防水ハット

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

こちらはキウの「パッカブルサファリハット」。表地に撥水加工、裏地に防水加工を施した、雨に強い総柄ハットです。折りたたむとポケットサイズまで小さくなるうえ、「いかにもフェス」という明るい柄で気分まで盛り上げてくれます。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

フェスでは日中、音楽鑑賞時に強い日差しを浴びる場面がありますが、こちらのハットはUVカット生地を使用しているので熱中症対策にもなります。また、裏面は通気性を高めてくれるメッシュ素材で、蒸れにくく快適な被り心地ですよ。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

それと、音楽鑑賞時には身体を動かすこともあるので、あご紐が付いているのも便利な点。ぴったりフィットしてくれるから、ずり落ちるのを気にせず音楽を楽しめますよ。

小さくて明るいペンダントライト

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

お次は、あると頼もしいペンダントライト。ホールアースの「スイング ペンダント ライト」です。手のひらサイズで、バックパックのサイドポケットなどにも収納可能。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

光量は最大150ルーメン。なかなかの明るさです。単4電池3本で最大17時間点灯してくれるので、1泊2日のキャンプインフェスであれば、電池切れの心配もありません。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

付属のカラビナで、ベルトループに装着可能。夕方帯のステージ前など、暗くなった会場内で足元を照らしてくれます。

なにかと重宝するブランケット

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

あとは、こんなエマージェンシーブランケットがあってもいいかもしれません。メーカーは特に気にする必要はありませんが、フェス会場は山の場合が多いので、急激に下がる気温に対応できるようにしておきましょう。

冬場は見落としがちな水筒

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

最後にご紹介するのは、ナルゲンの「広口 1.0L トライタン」。見ての通り普通の水筒ですが、100度までの耐熱仕様なので、温かい飲み物を入れておくことが可能。冬場のフェスであっても、脱水症状の危険は伴います。こういった水筒をひとつ持参して、こまめに水分補給をしましょう。
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア
person icon

佐藤さん

キャップの紛失防止ループが付いているので、持ち運びも容易です。この部分にカラビナなどを付ければ、腰に下げておけるので手ぶらで音楽鑑賞に集中できますよ。

移動時の負担をなるべく減らして、キャンプインフェスを満喫しよう!

エルブレス おゆみ野店のプロ店員おすすめのキャンプギア

出典:PIXTA

公共交通機関を利用して向かうキャンプインフェスのギア選びは、「移動時に持ち運びやすいものを」と教えてくれた佐藤さん。その言葉通り、高い機能性を持ちながらもコンパクトになる道具を紹介してくれました。 次回は、佐藤さんがキャンプインフェスを行う際の想定スケジュールについてお伝えします。キャンプ好きな愛する大人ならば、やっぱり自然のことは大切にしたいもの。マイカーではなく公共交通機関に乗ってフェスへ足を運びましょう。フェス好きとキャンプ好き、両者にとって役立つ情報が満載なので、ぜひチェックしてみてください! 【店舗情報】 エルブレス おゆみ野店 住所:千葉県千葉市緑区おゆみ野南5-19-7 (スーパースポーツゼビオ店内) 電話:043-266-9901 営業時間:10:00〜21:00

音楽フェスで役立つ道具のことなら!

エルブレス おゆみ野店を見る
 最終更新日: