キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ソロキャンプは「ミニマルさ」を意識。無駄のない荷物選びで充実のひとり時間!【プロ店員のみっちりキャンプ講座】

エルブレス名古屋店のイメージ

キャンプを始めたい家族や初心者のため、アウトドアのプロ店員たちが徹底サポート!道具の選び方やキャンプ当日の動きを解説します。今回はアウトドア専門店「エルブレス 名古屋みなと店」のプロスタッフに、快適なソロキャンプを実現するためにそろえたい道具選びを手伝ってもらいました!

ソロキャンプでは本当に必要な道具だけを。

ソロキャンプのイメージカット

出典:PIXTA

コロナ禍でさらに加速した感のあるソロキャンプ人気。キャンプ場選びに食事のメニュー決め、テントサイトの位置など、全て自分の気分次第で動けるので、一度やったらやみつきになるキャンパーが続出しています。 そんなソロキャンプを決行する際に、意外と悩ましいのが道具選び。ファミリーキャンプであれば「とりあえず誰かが使うだろう」と、道具をどんどんと収納ケースに放り込めばいいのですが、自分ひとりの場合はそうもいきません。 「サイズ以外に、ファミリーキャンプ用品との違いがわからない」 「ひとりで使うのに向いている道具って?」 「大は小を兼ねる」と言いますが、あまり大きな道具だと運ぶのが大変。設営に余計な時間をとられ、せっかくのソロキャンプがもったいない。ソロにぴったりなギアだけを選んで、最小限の荷物で身軽に楽しみたいものです。

ソロキャンプのミニマルなギア選びを教えてくれるのはこの人!

エルブレス名古屋みなと店のプロスタッフ
今回は、エルブレス 名古屋みなと店(名古屋市)のチーフスタッフ・岡本久美子さんに話をうかがいました。もともと登山を20年以上やってきた岡本さん。キャンプに目覚めたのは3年ほど前で、「スタイルはもっぱらソロキャンプ」と語るほど、道具選びにこだわりがあります。キャンプでも「いかに荷物を減らせるか」を基準に、手軽な趣味としてひとり時間を楽しんでいます。
person icon

岡本さん

ソロキャンプは、自分だけのために行うもの。せっかくひとりきりの時間なので、楽できる部分は手を抜いて、のんびりと自然を満喫しましょう。たとえば料理するのが面倒なら、食事はコンビニでいいと思います。実現のハードルを低くしておけば、長く続けられる趣味になりますよ。

道具の選び方で重視すべきことは?

person icon

岡本さん

ソロキャンプの道具選びでは、コンパクトな収納を重視しましょう。次に軽さです。私が実際に使っているチェアや焚き火台、テーブルなどは、すべてトートバッグひとつに収まるほどコンパクト。道具が多いとそのぶん設営や準備も大変なので、必要最小限に収めるよう意識するといいですね。

ソロキャンプ初心者が手に入れるべきミニマルな道具がこちら。

タープと一体型のテント

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

まずはテントを用意しましょう。こちらはホールアースのタープと一体型のテント「アーストリッパー 」。1~2人用に設計されたサイズなので、ソロキャンプにしてはやや広め。「いきなりミニマルじゃない!」と思うかもしれませんが、追加でタープを購入する必要がないため、結果的に荷物もコストも減らせるメリットがあります。 このテントは寝室と前室、延長タープ下と3つのスペースに区切られているので、目的に応じた使い分けができて便利。日中はキャノピー(ひさし)の下で焚き火にあたりながら過ごし、暗くなったらチェアやテーブルとともに前室へ。そして就寝時は寝室に移動するなど、これひとつで3つのシーンをカバーしてくれます。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

インナーテントが付属するのですが、さらにミニマルなスタイルを追い求めるなら取り外してしまうのがおすすめ。見た目がすっきりするのに加え、コット(簡易ベッド)で寝るほうが結果的に道具を減らせます。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

専用のケースに収納すれば、女性が片手でも余裕で持てるぐらいコンパクトになります。

防水のラグ

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

インナーテントを取り外してコットで寝る際、地面の上に直接置いてもいいですが、防水のラグを敷いておくと便利です。起床後、すぐに靴を履かなくてもラグの上でくつろげますし、防水ならば地面が芝生であっても朝露に悩まされる心配はありません。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

裏地に防水加工さえ施されていれば、メーカーを気にせずお好みの柄や色味で決めていいと思います。そのほかの道具とテイストをそろえ、自分好みのテントサイトを作りましょう。

超軽量なロースタイルのコット

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

ラグを敷いたらコットを載せます。こちらもテントと同じく、ホールアースの「フェザーウエイトコンパクトコット」。天井の低いテントにも合う高さで、とても軽くてコンパクトになるため、ミニマルなソロキャンプの必需品です。 コットの置き場所は、テントの内壁から少し離すのがコツ。冬キャンプでは内壁に結露が発生しやすいので、カラダが内壁に触れないくらいの距離をとりましょう。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

コットの重さは約1.8kg。女性1人でも片手で楽々持ち上げられます。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフがおすすめするキャンプギア
person icon

岡本さん

脚はレバーで簡単に着脱できます。女性でも力いらずなのがうれしいポイント。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

矢印のガイドが付いており、パーツ同士を結合する箇所がわかりやすいです。立ったままの姿勢でサクサクとセッティングが進みます。組み立てにかかる時間は2~3分ほど。

6センチ厚のインフレータブルマット

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフがおすすめするギア
person icon

岡本さん

コットの上に直接寝てもいいのですが、クッション性が足りずに身体を痛める可能性があるため、マットを使うのがおすすめ。これはクッション性と断熱効果に優れたホールアースの「ヒーリング インフレータブルマット シングル ジュクスイ 6」。コンパクトに丸められた状態からバルブを開けると、自動的に空気が入ってふくらみます。 最近は8cmくらいの分厚いマットも人気ですが、ソロでコット寝ならば6cmもあれば十分。収納時のコンパクトさを優先しましょう。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

このマットは裏地に滑り止めが加工が施されており、就寝時にも滑りにくく快適な寝心地を約束してくれます。

マミー型のシュラフ

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
 エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

寝袋は封筒型よりもコンパクトになるマミー型のダウンシュラフを推奨します。ナンガの「オーロラライト 450 DX」は、表生地に防水加工が施してあり、シュラフカバーを必要としない優れもの。あお向けに寝転がった足先にフィットするような構造など、細かい部分で気が利いています。 軽くてコンパクトですが、春〜秋の3シーズン向けなので、冬に使う場合はインナーシュラフとの併用をおすすめします。寒冷地向けの冬用シュラフを別途買うとキャンプ道具が増えてしまうため、自宅での収納を考えると、インナーシュラフを買い足す方が使い勝手がいいかと思います。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

シートゥサミットの「サーモライトリアクター コンパクトプラス」は、「体感温度を最大8度上げる」というインナーシュラフ。オーロラライト 450 DXと組み合わせれば、平地のキャンプ場なら真冬でも余裕です。

脚がラク~な難燃素材のチェア

 エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
 エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

チェアはロースタイルを選ぶと、焚き火の手入れがしやすく使い勝手がいいですよ。ホールアースの「ボンファイヤーチェア」は座面高13センチで、かなり低め。アームレストが付いているので立ち上がりが楽ちん。シートには難燃素材を使用しており、火の粉で穴があく心配が少ないので、焚き火を眺めるのにうってつけです。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフがおすすめするキャンプギア
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

こうやって脚を投げ出したり、あぐらをかいたりといろんな体勢で座れるので、疲れにくいところもソロキャン向きです。

ひとり時間をグッと盛り上げる焚き火台

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

ソロであっても、やはり焚き火はキャンプの醍醐味。サッと使えるコンパクトな焚き火台で、薪のはぜる音や揺らめく炎を楽しみましょう。 こちらはベルモントの「焚き火台 タビ」。約423gと軽量で、簡単にセッティングできるので初心者でも取り扱いやすい商品です。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

両サイドの仕切りを外せば、買ってきた薪をカットすることなくそのまま投入できます。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

解体もほんの1分程度で終わります。各パーツを取り外して、本体を折りたたむだけ。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフがおすすめするキャンプギア
person icon

岡本さん

専用のケースに入れれば、トートバッグのサイドポケットにも収納できるほどの大きさに。

耐熱仕様の天板を備えたテーブル

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

最後に、ロースタイルのテーブルをご紹介します。これはホールアースの「ヒートレジスタントサイドテーブル2.0」というモデル。耐熱仕様のスチール天板が特徴です。熱いダッチオーブンやケトルをそのままのせられ、中央部分のパンチングメッシュが素早く熱を放出してくれます。
エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア
person icon

岡本さん

両サイドのレールには、シェラカップなどを引っかけられます。

全部まとめても両手におさまる!

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフ
person icon

岡本さん

ご紹介したキャンプ道具はすべてコンパクトになるため、テント以外は全部まとめてトートバッグに収納できます。「荷物が少ない」というだけでソロキャンプのハードルは下がるので、ちょっとしたお出かけ気分でキャンプをしに出かけてみてください!

ミニマルな道具選びで、ソロキャンプを充実させよう!

エルブレス 名古屋みなと店のプロスタッフおすすめキャンプギア

出典:PIXTA

ソロキャンプの道具選びでは、「軽量でコンパクトなものを」と教えてくれた岡本さん。そのマインドを体現するように、初心者でも取り扱いやすいミニマルな道具と選び方を紹介してくれました。 次回は、岡本さんが実際にソロキャンプへ行く際のスケジュールをお伝えします。「道具選びはわかったけど、どんな行程を組めばいいんだろう…」と疑問のある人は、ぜひチェックしてみてください! 【店舗情報】 エルブレス 名古屋みなと店 住所:愛知県名古屋市港区砂美町1-5 電話:052-665-2081 営業時間:11:00~20:00

ソロキャンプの道具をそろえるならココ!

エルブレス 名古屋みなと店を見る
 最終更新日: