hinata

>

ノウハウ

>

女子キャンプ

>

【保存版】メイクにスキンケア 、どうしてる?女子キャンパーのナイトルーティーン拝見!

【保存版】メイクにスキンケア 、どうしてる?女子キャンパーのナイトルーティーン拝見!

ノウハウ

夜に語らう女子キャンパー

出典:PIXTA

初めてのキャンプで「あれ、メイクとスキンケアはどうすれば…?」と困った記憶はないでしょうか。何度か行っても正解が掴めず、毎回なんとな〜く済ませている人も多いかと思います。「アウトドアだから」特別なケアをするのか、はたまた「アウトドアだから」最低限で済ませるのか。女子キャンパー2人のナイトルーティーンをのぞき見して、夜の準備の正解を教えてもらいました。

目 次

キャンプ場でスキンケア…?水道で?メイクはどうする?

お風呂がなくてもちゃんとしたい。女子としての意地がある

キャンプをする女性

出典:PIXTA

キャンプに限らず、泊まりの準備をする際に立ちはだかる「化粧品どこまで持ってくか問題」。できるだけ荷物は減らしたい。でも現地で「あれが必要だった…」と後悔するのもイヤ。逆に言えば、現地の状況を想像して過不足なく「ちょうど」の量・種類のコスメを持っていけたときは、そっとガッツポーズしたくなります。そう、男性にはわからない女の静かな戦いは、準備段階からすでに始まっているのです。

UV対策はマスト。Tシャツ焼けの絶望からは全力で逃れよう

夫婦でキャンプをしている様子

出典:Instagram(@y___nami)

中には荷物の軽さ重視で「すっぴんで行く」という猛者もいるかもしれません。が、そんな勇気があれば化粧品がどうのこうのと悩むこともないでしょう…。その度胸、世の悩める女子キャンパーにちょっとだけ分けてください。

といいつつ、1日中外で過ごすので、たとえノーメイクでも日焼け止めは必須です。夏場はちょっと動いただけでも汗をかくので、こまめに塗り直すのも大切。ついつい油断してTシャツ焼けがくっきり、なんてことになったら、気づいた瞬間、楽しいキャンプもテンションだだ下がりです。

女子力の話は女子力強者に聞くしかない

自力で考えてもラチあかない…。先輩、教えてください!

初めてメイクを覚えたとき、何よりもまぶしく見えたメイク上手な女友達。世界で一番信用できるのはやっぱり先人の言葉です。ということで今回は、2名の女性キャンパーに教えを乞いました。

焚き火タイムが至福!ゆるゆるキャンパー代表、りおさんのナイトルーティーン

焚き火を見る人

出典:Instagram(@r_camp_o)

Instagramフォロワー1.5万人の女子キャンパー、りおさん(23)。キャンプ歴は3年ほどで、忙しい仕事の合間をぬって行く休日のキャンプ(で、飲むお酒)が生きがいです。自身のYouTubeチャンネル「りおキャンプ」用の動画やインスタ用の写真を撮るので、アウトドアにも普段通りのメイクをしていきます。

りおさんの1日はこんな感じ
10:00 現地着、設営
12:00 お昼
13:00 場内散策、アクティビティなどリラックスタイム
18:00 夕飯
19:00 焚き火
21:00 洗顔、歯磨き
22:00 就寝

夕食を食べた後の焚き火タイムが至福。ゆらゆら揺れる炎を眺めてうっとりするのが好き…と思いきや、「豪快に薪を足す感じもいいですよね!」という回答が。男前〜!

そんな焚き火ラバーのりおさんは、キャンプ場では「乾燥対策」に命をかけています。

ちゅるん肌の秘訣は「化粧水+〇〇」!

シュラフをかぶる人

出典:Instagram(@r_camp_o)

お酒を飲みながらの焚き火は何時間でも見ていられますが、ずっと煙を浴びていると、思っているより肌や髪が乾燥でパリパリに。大好きな焚き火を楽しみつつ、お肌と髪の健康を守るためにりおさんがたどり着いた最強アイテム。
食事をする女性

出典:Instagram(@r_camp_o)

それはずばり、オイルです(上の写真はありし日の夕食兼おつまみ、ホルモンです)。

「化粧水もたっぷり使いますが、それだけだと焚き火の乾燥は防ぎきれないので…肌も髪もオイルを塗りたくります」(りおさん)。焚き火を終えたら、スキンケアグッズ一式を持って洗い場へ。歯磨きとクレンジング、洗顔を済ませます。

「テントと水場を行き来するのがめんどくさいから、全部一気に終わらせちゃいます。寝巻きに着替えたり、ヘアケアはしないことのほうが多いかも(笑)」という雑な感じ、親近感がすごい。
ハンモックに揺られる女子

出典:Instagram(@rio_camp_o)

しかし、この肌のキレイさは見逃せません。適当に見せかけておいて、裏ではどうせすごいイイやつ使ってるんだ…知ってんだ…。そう思って、キャンプ場での愛用グッズを聞きました。
「最近キャンプ用にはエリクシールの化粧水と乳液をを使ってます!保湿力がちょうどよくて使いやすいんですよね。でも『荷物はできるだけコンパクトにしたい!』という気持ちがあるので、家で使ってる化粧水を100均のちっちゃいケースに入れ替えて持って行ったりもします」。

冬場や特に乾燥が気になる時は、化粧水に加え、朝用、夜用でオイルを使い分けることもあるそう。そんなりおさんこだわりのオイルがこちら。

手早くヘア&スキンケアを終わらせたら、眠くなるまでまったりタイム

ランタンを持つりおさん

出典:Instagram(@r_camp_o)

「化粧水+オイル」で手早く&効率的にスキンケアを済ませるりおさん。最後に、世の女子キャンパーにおすすめしたい夜時間の相棒を聞くと…。

カンブリアンランタンです!!見た目がとにかくめちゃくちゃにかわいい!パラフィンオイルを入れて、芯を出して火をつける…という感じで、わざわざ手間をかけて火を灯す体験が最高。ボタンひとつで明るくなるLEDランタンも便利ですが、キャンプという非日常だからこそ、こういうアイテムで幸せを味わっています!」

夫婦そろってキャンプ好き!なみさんのナイトルーティーン

テントの入り口に座るなみさん

出典:Instagram(@y_____nami)

ご主人(@tanakiさん)との夫婦キャンプを楽しむなみさん(31)は、キャンプにも普段通りのメイクで行きます。「顔をあまり日焼けしたくないので、汗で日焼け止めが落ちたかな?と感じたら、UVカット効果のあるファンデーションを現地で塗り直すぐらい。キャンプだからメイクを変える、ってことはほぼないですね」(なみさん)。

なみさんの1日はこんな感じ
11:00 現地着、設営
13:00 昼食
15:00 おかし作り
18:00 夕食
20:00 食後のデザートタイム、焚き火
21:00 就寝準備
22:00 就寝

なみさんも夜の焚き火タイムが至福。キャンプでは日中のおかし作りが定番で、夕食後は焚き火や星空を眺めながら、日中作ったデザートをまったり食べます。「自然の風景に癒されながら、夫とゆっくりおしゃべりする時間は最高です!」とのろけられちゃいました。なんてかわいいご夫婦なんでしょう。

「時短ケア」命!2in1アイテムを賢く利用

顔のアップ

出典:Instagram(@y___nami)

「キャンプ場の狭い洗面所をずっと占領するのは申し訳ないので、夜のスキンケアも時短ができるように意識しています!2in1アイテムを使えば荷物も少なくなるので一石二鳥ですよ」。

月に2〜3回ほどの頻度でキャンプに行くからこそ、キャンプ場の水場事情もきちんと把握して必要なアイテムを厳選。みんなが寝る準備を始める21時ごろや、朝イチは水場に大行列が…ということもざらにあるので、サッと済ませるに越したことないですもんね。初心者にはわからない実情なので、参考になります。
美容ポーチ

出典:Instagram(@y___nami)

実際にキャンプに持っていく美容ポーチを見せてもらいました。無印良品のトート型ポーチが、持ち手がついて使い勝手がいいそうです。
ポーチの中身

出典:Instagram(@y___nami)

中身ドン。一つずつ紹介していきます。

①全身シャンプー
②洗い流さないトリートメント
③クレンジングバーム
④オールインワンジェル
⑤保湿クリーム
⑥パイルターバン、ヘアゴム
⑦歯磨きセット
⑧ボディシート
⑨日焼け止め
⑩ヘアブラシ

①の全身シャンプーはその名のとおり、髪の毛から体まで全身に使える洗浄料です。なみさんは泊まった翌日、帰りがけに入浴することが多いですが、「夏場はシャワーだけでも寝る前に浴びたい!」という人も多いはず。そんなときに全身シャンプーが活躍します。

キャンプ場のシャワーブースは狭いところも多いので、中に持ち込むグッズはできるだけ減らしたいところ。あれこれ持ち込んだあげく、うっかり床に落としたりしたら…拾ってもう一度ポーチにしまうの、なんかちょっと抵抗がありますしね。

紹介した中でも、なみさんオススメの2in1アイテムはこちら!

現地での「のんびりタイム」をどれだけ作れるか

テントから出る女性

出典:Instagram(@y___nami)

撤収時間も2時間ほど確保するようにして、現地でドタバタしないようにするのがなみさん夫婦のセオリー。「食器類も撤収時にまとめて洗っています!そうすると夜ののんびりタイムもゆっくりとれ、キャンプをもっと楽しめる感じがするんです」。

初心者ほど時間に追われるキャンプ。スキンケアで賢く時短をするなみさんだからこそ、余裕をもって夜のおやつタイムを楽しめるんですね。どんなおやつを手作りしているんでしょうか?
なみさんのおやつタイム

出典:Instagram(@y___nami)

「ホットサンドメーカーでアップルパイを焼いたり、メスティンでパンプディングを作ったりしていますね。インスタにもよくアップしていますが、料理は好きなので楽しんで作っています!」

見るだけでお腹がすいてきそうな写真…!

奥に写っているランタンも、夫婦の時間を彩る大切なギアだとか。愛知にある灯油ランプの専門店「江戸川屋ランプ」のミニランタンです。「まったりタイムにこのランタンの灯りを見るとほっとします。見た目もかわいいので、女子キャンパーさんのキャンプインテリアにもおすすめです!」

キャンプの夜は特別。自分だけのナイトルーティーンを見つけよう

なみさん夫婦のキャンプ

出典:Instagram(@y___nami)

回数を重ねると、キャンプでの過ごし方も自然と決まってくるもの。みなさん自分が一番楽しくて心地よくいられるスタイルに合わせて、夜の身だしなみをどうするか、自分にとっての正解を見つけているようです。話を聞いた女子代表2名のケア・グッズを参考に、自分なりの「ナイトルーティーン」を楽しみながら模索していきましょう。

今回紹介したアイテム

商品画像 ナプラ N. ポリッシュオイル 150ml お試しエリップスellipsヘアビタミン洗い流さないヘアトリートメント5種セット(海外直送品)(並行輸入品) [並行輸入品] DUO ザ クレンジングバーム ホワイト 90g メイク落とし【天然クレイ ガスール×ブライトケア】クリアな素肌に <肌の色ムラエイジング> まつエクOK W洗顔不要 ラックス アスレジャー ヘルシーシャイン 全身シャンプー 150g
商品名 ナプラ N.ポリッシュオイル エリップス ヘアビタミン DUO クレンジングバーム ホワイト LUX アスレジャー ヘルシーシャイン 全身シャンプー
商品リンク Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る Amazon で見る 楽天市場 で見る
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事



おすすめのキーワード