河口湖の名店「スタンダードポイント」が拡大リニューアル。最新おすすめギアとは?【アウトドアギアさんぽvol.7】

キャンプ用品

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア

アウトドア×ライフスタイルで使えそうなギアを求め、キャンパー視点でお店を渡り歩く好評企画「アウトドアギアさんぽ」。7回目は、山梨県富士河口湖町の人気アウトドアセレクトショップ「STANDARD point (スタンダードポイント)」にお邪魔しました。2021年3月にリニューアルを遂げ、店舗の広さが4倍になった人気セレクトショップの最新おすすめキャンプギアにフォーカスします。


 目次


人気のアウトドアセレクトショップをめぐる

今回の「アウトドアギアさんぽ」は、前回に引き続き、今のキャンプシーンを語るうえで欠かせない、人気アウトドアセレクトショップに注目。審美眼が光るセレクトにフォーカスを当て、ショップイチオシの最新アイテムや、他のショップでは見かけないレアなギアを紹介します。

大幅拡大!河口湖の人気セレクトショップ「スタンダードポイント」

「アウトドアをより楽しむ手伝いを...」。オーナー長田さんの思いが詰まったショップ

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
お店を案内してくれたのは、ショップオーナーの長田孝洋(おさだ たかひろ)さん。「これまで経験したアウトドアの楽しさや、美しい景色の感動を多くの人に共有したい」という思いから、「スタンダードポイント」を立ち上げました。長田さんが大事にしているのは、「アウトドアをより楽しむ手伝いをすること」。

「一方的ではなく、お客さんとのコミュニケーションの上、役立つ情報や、道具を提供するショップであり続ける」。長田さんの真摯な姿勢やセレクトが、お客さんから支持されています。

富士五湖エリアに来たらまず寄りたい!キャンプ場からアクセス抜群

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
ふもとっぱらキャンプ場や洪庵キャンプ場など、人気キャンプ場からのアクセスの良さも「スタンダードポイント」の魅力です。キャンプ場に近い場所だからこそ、消耗品やリペア用品のセレクトにもこだわっているので、ギア忘れや、ポールの破損など、トラブルの際も安心。帰りに次のキャンプの準備もできます。

「スタンダードポイント」がある大型商業施設「フォレストモール」には、スーパーや100円ショップもあり、キャンプの買い出しをこの場所でまとめてできるので、キャンパーにとってはとてもありがたい立地です。土日祝日は朝7時からオープンしている点も魅力。

リニューアルでスペース拡張!商品がより見やすく探しやすく

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
今年3月に、リニューアルオープンした「スタンダードポイント」。店舗が広くなったことにより、商品点数が増えたのはもちろん、商品がより見やすく探しやすくなりました。テントの展示もできるようになったので、実際のテントのサイズ感やイメージも確認できます。
スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
アウトドア調味料コーナーも地域随一の品ぞろえ。種類も少なくとも10種類は取りそろえていました。定番の万能調味料「ほりにし」や、にんにく調味料「MOG」などの粉末スパイスはもちろん、「TUBUマスタード」や「ゴールデンマスタード」などのアウトドアマスタードも充実。複数買って、キャンプ場で食べ比べしてみるのも楽しそうです。

「スタンダードポイント」のイチオシアイテム

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
定番のものから、他のショップではお目にかかれないものまで、さまざまなギアが見やすく並べられた店内。「キャンプをより楽しく、便利に」をテーマに集められたギアの中から、オーナー長田さんが紹介してくれたイチオシのアイテムを紹介します。

ストックメーカーが本気で作った!SHINANO WORKS「FIRE BLASTER ARTISAN」

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
まず紹介してもらったのが、スキーや登山用のストックを長年作り続けている老舗メーカー「シナノ」のアウトドアライン「SHINANO WORKS」の新作。ストック作りの技術を生かして作った火吹き棒「FIRE BLASTER ARTISAN(ファイヤー ブラスター アルチザン)」です。

ナチュラルなウッドとブラックのシャフトのコンビネーションが高級感あふれる火吹き棒。精度の高いストック作りをしてきた、シナノならでは品質の高さが伺えます。

一見重厚に見えますが、シャフト部分はブラックのアルマイト加工が施されたアルミ製。100gと軽量に作られています。ウッド部分はケヤキ製、ストラップは鹿革使用と細部に至るまで隙がありません。
スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
さらに特筆すべきは、中心部分で分割できるため、コンパクトに持ち運べる点。接続は2本のパイプを差し込むだけですが、しっかり保持しつつ抜きやすい、絶妙な精度で加工されています。シナノの高い技術力が光るポイントです。さらに丈夫なナイロンでできたロール式の収納ケースも付属していて、本体に傷をつけることなくフィールドに持ち出せます。

お値段は、14,300円(税込)と比較的高価ですが、一生モノのクオリティを求める方には文句なしにおすすめの一本。こんなファイヤーブラスターで、ウィスキー片手に焚き火にゆっくりと息をふきこんだら、最高の時間が過ごせるでしょう。入荷されるたび、瞬く間に即完売してしまう人気アイテムです。

クーラー in クーラーという新しい発想!オレゴ二アンキャンパーの「クーラーパック8」

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
収納ケースを中心に、キャンパーのかゆいところに手が届くアイテムを続々と展開するオレゴニアンキャンパー。その保冷アイテムライン「HYAD」のソフトクーラーバッグです。一見するとシンプルな、上部をロールアップしてバックルで止める方式のシンプルなソフトクーラーですが、この魅力はサイズにあります。
スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
なんと、イエティやアイスランドクーラーなどの20QTサイズの人気ハードクーラーに収まります。2重になる分、保冷力がアップするので、翌朝使う食材をソフトクーラーに入れるのに最適。一つのクーラーボックスに食材とドリンクをまとめて入れている方は、ボックス内の物の出し入れがしやすくなり、開け閉めの時間が短縮されるメリットもあります。

350ml缶が6本と保冷剤が入る「クーラーパック8」は、2,970円(税込)。カラーは、ジェイブルーとカーキの2色展開です。

人気ランプと相性抜群!ミニマルワークスの「ガスキャニスターマスク」

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
日本でも人気が定着しつつある韓国のアウトドアブランド、ミニマルワークスのOD缶カバー。一見、ヴィンテージ感あふれる真ちゅう製に見えますが、実は丈夫でさびないステンレス製です。

すっかり定番化したガス缶カバー、レザーやシルバー、ブラックの物は多いですが、アンティークゴールドのものはなかなかないので、探していた方も多いのだとか。同ブランドの定番ガスランタン「エジソンランプ」との相性は抜群で、ヴィンテージスタイルのキャンプコーディネートにぴったりです。

ガス缶カバー「ガスキャニスターマスク」が3,080円(税込)、「エジソンランタン」が8,580円(税込)。セットでテーブルランプとして使えば、キャンプの夜をムーディなものにしてくれます。

こんなゴトクを待っていた!ノリノリプロジェクトの「スライドゴトク」

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
頑丈そうな五徳は、腕利きの鉄鋼職人が集まる、福岡県柳川市の乗富鉄工所が立ち上げたアウトドアブランド「ノリノリプロジェクト」のもの。同ブランドは「鉄鋼職人=メタルアーティスト」を掲げ、実用性と美しさを兼ねたアイテムを職人技で生み出しています。

「スライドゴトク」はその名の通り、上部が水平にスライドし、五徳部分の面積を調節できるスグレモノ。さびに強い高品質なステンレス材を、高い技術力で溶接しているので、ゴトクを最大まで広げた状態でも耐荷重が15㎏あり、ダッチオーブンも安定してのせられます。
スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
ガスバーナーの五徳としての使用はもちろんですが、焚き火台の五徳にも最適。スライドしてサイズを変えられるので、さまざまな焚き火台にフィットします。他にも、鍋敷きや、メインのローテーブルの脇に置いてサブテーブルとしても使い勝手がよさそうです。

「スライドゴトク」のラインナップは高さ違いで3種の展開。使っている道具に合わせて選べます。高さ10cmの「レギュラーフット」が8,980円(税込)、高さ16cmの「15フット」が10,890円(税込)、高さ21cmの「20フット」が11,250円(税込)。

肉や野菜がジューシーに焼ける陶器のダッチオーブン!マイスターハンドの「GRILLERミニ」

スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
デザインと機能を兼ね備えた陶器のキッチンウェアを展開するブランド、マイスターハンドの「GRILLERミニ」。こちらは、ダッチオーブンのように使える陶器製のクッカーです。

作った料理を器に盛らずとも、そのままで見栄えする器としての美しさと、陶器ならではの保温性の高さが魅力。底部分の凹凸により、余分な油が落ち、食材がヘルシーかつ、ジューシーに仕上がります。
スタンダードポイントのおすすめキャンプギア
キャンプシーンでは、ダッチオーブンのように、ふたの上に炭や薪を置いての調理も可能。直火のほかにも、オーブン、電子レンジなど、幅広い熱源に対応しているので、家のキッチンでも活躍します。サイズも角型でスリムな形状なので、収納に困らない点も嬉しいポイントです。2,530円(税込)。

キャンプのついでに「スタンダードポイント」でギアを調達しよう!

キャンプ場に近い立地ならではの、キャンパー本位のセレクトが光る「スタンダードポイント」。富士五湖エリアのキャンプ場に行く際は、ぜひ立ち寄りたい場所です。「スタンダードポイント」で、キャンプをより楽しく便利にするアイテムを探しに行きましょう!

【基本情報】
店舗名:STANDARD point (スタンダードポイント)
住所:山梨県富士河口湖町小立4318 フォレストモール富士河口湖D棟
営業時間:平日10:00~19:00、土日祝7:00~18:00
定休日:水曜定休(その他不定休)
電話番号:090-3596-1019
駐車場:施設内に大型駐車場あり
Instagram: @standard_point

※営業時間は新型コロナウイルスの影響で変わることがあります。詳しい営業日は、公式Instagramか、オンラインショップで告知。

詳細はこちら:STANDARD point オンラインストア
アウトドアギアさんぽ

アウトドア×ライフスタイルで使えそうなギアを求め、アウトドアショップの枠にとらわれずにお店を渡り歩く名品探し企画。

記事一覧へ
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪