平日も客足が途絶えない名店「キャンプヒルズ」。その意外な人気ギアとは?【アウトドアギアさんぽvol.6】

キャンプ用品

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」

アウトドア×ライフスタイルで使えそうなギアを求め、キャンパー視点で、お店を渡り歩く好評企画「アウトドアギアさんぽ」。6回目は、埼玉県富士見市の人気アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」にお邪魔しました。高いアンテナで最新キャンプギアをいち早く取り扱う人気ショップの珠玉のアイテムをご紹介します。


 目次


人気のアウトドアセレクトショップをめぐる

今回の「アウトドアギアさんぽ」は、今のキャンプシーンを語るうえで欠かせない、アウトドアセレクトショップに注目。全国各地に続々とオープンしているアウトドアセレクトショップは、大型のチェーン店では手に入らないレアなキャンプギアの宝庫です。他の人と違うものが欲しい、新しいものにいち早く触れたい、そんな方におすすめのショップをイチオシギアとともに紹介します。

お茶の間のスターも御用達!品数と早さが自慢の「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」

訪れたのは、埼玉県富士見市に店舗を構えるアウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」。平日も客足が途絶えず、県外からもキャンプギア好きが集まる同店。あの国民的アイドルグループのメンバーも、ショップのステッカーをキャンプギアに貼っている姿がテレビに露出し、話題になりました。

自らギアも開発!キャンプに生きるオーナー

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
案内してくれたのは、ショップのオーナー、萩原さん。もともとサラリーマンだった萩原さんは、キャンプとギア好きが高じて、2019年にショップをオープン。ショップは家族で営んでおり、絶え間なく訪れるお客さんと、ハイペースで入荷される商品の品出しに追われる毎日です。自らオリジナル商品の開発も行う萩原さんは、休みの日にはキャンプに繰り出し、道具の使い手側の視点も忘れていません。

3,000点以上の圧倒的品数と広い守備範囲

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
ショップに入ってまず目に入ってくるのが、店内に所狭しと並んだ膨大な量のキャンプギア。その種類はなんと3,000点にも及びます。これからキャンプを始める方から、すでにキャンプにどっぷりハマっているコアキャンパーまでカバー。手に取りやすい価格のものから、高級志向のアイテムまでバランスよく集められているのが特徴です。

旬を見極める審美眼と早さ

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
「キャンプヒルズ」のもう一つのうりは、新しいもの、話題のものをいち早く取り入れること。例えば、今人気を広げる「アウトドア調味料」では、殿堂入りの「アウトドアスパイス ほりにし」は言うまでもなく、売り切れ続出の粒マスタード「TUBU」や青森発ニンニク調味料「MOG」、カレー味のマヨネーズ「YODELLカレーマヨ」など、豊富に取りそろえています。

今ではすっかり人気が確立した北海道のアウトドアブランド「トリパスプロダクツ」。同ブランドのアイテムを関東で初期の初期から販売しているのも同店で、萩原さんの目利き力はコアなキャンパーからも注目されています。

「キャンプヒルズ」のイチオシアイテム

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
定番のアウトドアブランドや、話題のガレージブランド、オリジナル商品まで多種多様なアイテムがそろう店内。オーナー萩原さんが紹介してくれたイチオシのアイテムの中から、いくつか紹介します。

入荷するたび30秒で完売!SOTOの定番バーナーをさらに便利にするゴトク

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
こちらの王冠状の金属製のリングは、レギュレーターストーブ用のオリジナル五徳。キャンパーの間で不動の人気を確立したSOTOの定番シングルバーナー「ST-310」に、一回り大きなクッカーやケトルを置けるようにするために開発された五徳です。
アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
同じく埼玉に拠点を置く、高い金属加工技術が売りのガレージブランド「METAL DESIGN WORKS(メタルデザインワークス)」、長野県のデザイナーでキャンパーのnowellcamp573さんと共同開発した「キャンプヒルズ」でしか買えないアイテムです。
アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
ユーザーの多い「ST-310」以外に、ガス缶分離型の「ST-330」「SOD-330」にも対応。丈夫なステンレス製で、使い込むと、熱により色が変化し、経年の変化も楽しめます。あくまでサードパーティ製品なので、使用は自己責任となりますが、再販されるたびにネットでは毎回30秒ほどで完売してしまうほど。五徳のサイズに悩みを抱えている人を的確にとらえた人気作で、手に入れられた方はまさに幸運です。5,940円(税込)。

隠れた人気アイテム!手軽にギア感を演出できるガス缶カバー

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
昨年の1月に販売開始以降、売れ続けているアイテムが、カセットボンベタイプのガス缶(CB缶)のカバーです。マグネットシートに、ミリタリー用の燃料ボトルを彷彿とさせるデザインワークが施されており、CB缶に巻きつけるだけで、簡単にドレスアップできます。

カラー展開は写真の6種類。1,320円(税込)の手ごろさも人気の理由の一つです。

北欧の本格派ブランド「フェールラーベン」のドームテント

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
「キャンプヒルズ」は取り扱っているテントのチョイスもセンスの良さが光ります。それを物語っているのが、スウェーデンの国民的ブランド「FJALLRAVEN(フェールラーベン)」のドーム型テント「アビスコドーム3」。

優しげな見た目に反して、防水性の高い素材や、ハイエンドなテントに必須ともいえる、DAC社のアルミポールを使用しており、耐久性においてはは玄人も満足なスペックです。自然の景色や、さまざまなテイストのキャンプギアに調和しやすいデザインも魅力的。
アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
テント内は居住性も高く、大人2人がゆったりと寝られるインナーに加え、広めの全室がついており、バックパックやシューズを雨や夜露から守れます。フライシートとインナーテントが一体となっているので、初心者でも少ない手間で簡単に設営できる点もポイント。148,500円(税込)と決して安くはないですが、安かろう悪かろうのテントを何度も買い替えるよりは、最初からいいものを手に取りたい方にはおすすめの一幕です。
アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
「アビスコドーム3」の他にもフェールラーベンのテントを数種類取り扱っているほか、人気拡大中のノルウェー発「HELSPORT(ヘルスポート)」などのテントも豊富にあります。過去には「キャンプヒルズ」別注のテントもラインナップ。小物はもちろん、テントも玄人好みのツウなセレクトです。

写真映えするハイスペックなタオル

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
デザインが目を引くこちらは、カリフォルニア発のタオルとブランケットのブランド「NOMADIX(ノマディクス)」の大判タオル。通常のタオルの4倍の吸水性と速乾性があり、水遊びの強い味方です。早く乾くということは、雑菌も増えにくく、衛生的。

砂浜に敷いた時に通常のタオルであれば砂まみれになりますが、「ノマディクス」は砂が入り込まず、手で払うだけで落ちます。さらに人や動物の毛も付きにくく、簡単に落とせるので、ペットとキャンプする方もストレスフリーです。

72×184cmのサイズは、コットの敷物としてもちょうどよいので、サイトのコーディネートにアクセントが欲しい方にもおすすめです。「キャンプヒルズ」では「ノマディクス」のタオルも10種類以上あり、充実しています。5,280円(税込)。

軽量で丈夫な、男心くすぐるカーボンテーブルトップ

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
最後は、キャンプヒルズが、香港のガレージブランド「ピカルパックワークショップ」に別注をかけたオリジナルアイテム「カーボンテーブルトップ」です。ヘリノックスの定番テーブル「テーブルワン」のSサイズ、Mサイズのフレームに取り付ける、サードパーティの天板で、文字通りカーボンでできています。

意外にキャンプ用品には少ないカーボンのアイテム。カーボンならではの軽量さと丈夫さが売りで、軽量コンパクトにキャンプを楽しみたい方にぴったりです。カーボンは、車やバイク、自転車などの乗り物好きにとっては、なじみ深い素材。メカニカルなアイテムを好む方は、食指が動きそうです。
アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
長方形型のほかに六角形型のバリエーションもあります。長方形モデルで22,000円(税込)、六角形モデルで26,400円(税込)と安くはないギアですが、カーボン好きは気にしてはいけません!「キャンプヒルズ」では、他にもカーボンを使用したアイテムを多数取りそろえています。

「キャンプヒルズ」で本当に使える逸品を見つけよう。

アウトドアセレクトショップ「CAMP HILLS(キャンプヒルズ)」
今回紹介したアイテムは、「キャンプヒルズ」に並ぶ膨大なアイテムのごくごく一部。オンラインショップも充実していますが、実店舗にしか置いていないものも多くあるので、気になる方は足を運びましょう。

近くには「ららぽーと富士見」などの大型ショッピングモールもあるので、買い物のついでに立ち寄ると、掘り出し物を発見できるかもしれません。「キャンプヒルズ」で次のキャンプの支度をしましょう!
【基本情報】
店舗名:CAMP HILLS (キャンプヒルズ)
住所: 〒354-0024 埼玉県富士見市鶴瀬東2-15-10
営業時間: 平日12:00~20:00、土日祝10:00~18:00
定休日: 水曜定休(その他不定休)
電話番号: 049-293-9961
駐車場: 5台あり
Instagram: @camphills_2019
※営業時間は新型コロナウイルスの影響で変わることがあります。詳しい営業日は、公式Instagramか、オンラインショップで告知。

オンラインショップはこちら:CAMP HILLS オンラインストア
アウトドアギアさんぽ

アウトドア×ライフスタイルで使えそうなギアを求め、アウトドアショップの枠にとらわれずにお店を渡り歩く名品探し企画。

記事一覧へ
この記事の感想を教えてください
ご回答ありがとうございました!
お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事


おすすめのキーワード

おすすめのコンテンツ

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪