キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

飲み口で選ぼう!サーモスの水筒おすすめ12選【容量別に紹介】

サーモスとブルーノの水筒

サーモスの水筒はバリエーション豊か!シンプルなデザインと優れた保温、保冷機能が人気です。今回は、飲み口によって異なるサーモスの水筒の種類と、便利な使い方を解説。特に人気のアイテムを紹介します。

飲み口が異なる!サーモスの種類を紹介

サーモスの水筒の飲み口

出典:Amazon

スクリュー式

スクリュー式はフタを開けて直飲みができる飲み口。サーモスは、半回転でキャップが開く便利な仕様です。パーツが少なくシンプルな構造なので、洗いやすいのがメリット。サイズ展開も多く、サーモスの水筒の中でも人気の飲み口です。

ワンタッチ式

ワンタッチ式の飲み口は片手で開けられる便利なアイテム。ランニングをしながら水分が取れるので、スポーツシーンで大活躍します。飲み口はすべて取り外して洗えるので、衛生的にも安心です。JNLシリーズはロックリングが大きく、スポーツ中でも簡単にキャップの開閉ができます。

コップ付き

アウトドアシーンで使えるコップ付きの水筒は、幅広いラインナップが魅力。山専用のボトルは、コップ部分にシリコン製のカバーがついており、落下に強い仕様となっています。スタンダードなモデルは持ち運びがしやすいようにシンプルなデザイン。余計なものを削ぎ落として、軽く仕上げてあります。

【容量別】水筒「サーモス」のおすすめ12選

持ち運びしやすい「350ml」

ペットボトルと同じサイズ「500ml」

ジムに持って行くなら「600ml」

たっぷり飲める「750ml」

子供の遠足用におすすめ「1リットル」

みんなでシェアできる「2リットル」

もっと便利に!サーモス水筒の使い方のコツ

サーモスの水筒のパッキン

出典:Amazon

パッキンを清潔に保つ

飲み口に直接口をつけるタイプの水筒は、しっかり洗うことが大事です。特にパッキンには汚れが溜まりやすく、最悪カビが生えることもあります。サーモスの水筒は、飲み口が分解できるので、毎日しっかり洗浄することをおすすめします。もしカビが生えてしまったら、お酢を使ってつけ置きをしましょう。

取っ手付きの「カバー」が便利

サーモスの水筒をもっと便利に使いたい方には、取っ手付きのカバーがおすすめ。水筒カバーはさまざまな種類が販売されており、衝撃から水筒を守る役割があります。子どもが喜ぶキャラクターアイテムが人気。ショルダータイプの水筒カバーは、肩にかけて持ち運べるので便利です。

アウトドアでは「真空断熱構造」の水筒が活躍

アウトドアシーンでは、炎天下の中でもずっと冷たさをキープできる水筒が必要です。サーモスの真空断熱構造の水筒は、真夏でも真冬でも飲み物を最適な温度でキープします。保温、保冷性能にこだわるサーモスの高い技術力を駆使して作られたアイテム。キャンプや登山で大活躍します。

サーモスの水筒を使ってみよう!

パステルカラーのサーモスの水筒

出典:楽天

サーモスの水筒選びに迷ったら、飲み口で選ぶのがおすすめ。「スクリュー式」「ワンタッチ式」「コップ付き」の3種類から選べます。飲み口を毎日きれいに掃除をすれば、湿度が高い季節でも安全に水筒が使えます。お気に入りの水筒をゲットして、ぜひアウトドアシーンで使ってみてください。

今回紹介したアイテム

商品画像真空断熱ケータイマグ スクリュータイプサーモス まほうびんのベビーストローマグ ブルー真空断熱ケータイマグ ワンタッチオープンタイプ真空断熱ケータイタンブラー真空断熱ストローボトル真空断熱ケータイマグ山専用ステンレスボトル真空断熱スポーツボトル ワンタッチオープンタイプ真空断熱スポーツボトル ブラックカモフラージュ真空断熱スポーツボトル ブラックブルー真空断熱スポーツジャグステンレスボトル
商品名真空断熱ケータイマグ スクリュータイプサーモス まほうびんのベビーストローマグ ブルー真空断熱ケータイマグ ワンタッチオープンタイプ真空断熱ケータイタンブラー真空断熱ストローボトル真空断熱ケータイマグ山専用ステンレスボトル真空断熱スポーツボトル ワンタッチオープンタイプ真空断熱スポーツボトル ブラックカモフラージュ真空断熱スポーツボトル ブラックブルー真空断熱スポーツジャグステンレスボトル
商品リンク
 最終更新日:

あわせて読みたい記事