焼酎とキャンプと秋レシピ。大人アウトドアのディープな楽しみ方【キャンペーン実施中】

 キャンプ料理

PR

焼酎をククサに注いでいる様子

秋冬のキャンプは澄んだ空気や美しい紅葉など、大人が楽しむ時間です。そんなときにはお酒が必須。今回は、芋焼酎と料理をペアリングして、大人な雰囲気を楽しむ秋冬キャンプスタイルを紹介します。まだ夏にしかキャンプに行ったことがないという方は、これを機にステップアップしてみましょう。


 目次


夏とは一味違う。大人の雰囲気漂う秋のアウトドア

空気が澄み、景色はくっきり美しく

秋キャンプをしている様子

キャンプは夏にするものだと思っている方。そろそろステップアップしてみませんか?本当のキャンプ好きにとってのキャンプは、秋が深まってきてからが本番。色づく木の葉を眺めながら、澄んだ空気を味わいつつ、優雅に過ごすのが大人の楽しみです。

料理と合わせてグッとおいしくなる「お酒」

黒霧島を注いでいる様子

大人キャンプの主役はお酒。夏にはごくごく飲めるビールがいいですが、この秋はゆったりと飲める「芋焼酎」をたしなんでみましょう。焼酎がちょっと苦手という方も、相性が良い料理とペアリングすればおいしくいただけます。

初心者におすすめしたいのが、「霧島」ブランド。「芋焼酎といえばこれ!」といっても過言ではない人気の銘柄です。その秘密は飲みやすさと、料理と合わせたときの奥深さ。今回はさまざまな「霧島」と一緒に、さらに深くキャンプを堪能します。

しっぽり「芋焼酎」で玄人らしく楽しむキャンプ

好きな飲み方を好きな場面で

焼酎と酒器

焼酎の良さは、飲み方の多様さ。しっかり味わいたいときはロックで、爽やかに飲み干したいときは炭酸割り、と季節とシーンに合わせて好きな飲み方が選べます。寒い時期は熱々のやかんからお湯を注いで作るお湯割りが最高です。

パックなら持ち運びやすく、ごみ捨ても楽

赤霧島を持ち運んでいる様子

焼酎というと、ビンのイメージが強いですが、キャンプに持って行くなら紙パックタイプがおすすめ。持ち運びも簡単で、ごみ捨てにも手間取らずに済みます。落としてビンを割ってしまう心配がないのが、一番のメリットです。

本格焼酎は低カロリー(※1)・糖質ゼロ(※2)・プリン体ゼロ(※3)!

霧島の焼酎が並んでいる様子

お酒好きの大敵といえば、カロリー。芋焼酎ならその心配はありません。いわゆるサワーなどに使われる甲類焼酎のカロリーが100mlあたり206kcalであるのに対し、日本伝統の焼酎である乙類焼酎(本格焼酎)は100gで146kcal。ビール1杯が約200kcalなので、ほかのお酒より少ないカロリーでお酒が楽しめます(※1)。

飲み方も水割りやお湯割りが多く、余計なカロリーが増えることもありません。さらに糖質(※2)やプリン体(※3)もほとんど入っていないため、健康に気遣う方も安心して飲めます。

※1 各酒類に含まれるアルコール量を15mlとして算出しています。参照:日本食品標準成分表2015年版
※2 食品表示基準によります。
※3 100mlあたりプリン体0.5mg未満を「プリン体0」と表示しています。

寒い季節の相棒!ホットな「霧島」とキャンプ飯でペアリング

今回は、黒霧島・黒霧島EX・赤霧島の3つの芋焼酎と料理をペアリング。秋冬の寒い時期ということで、お湯割りに合うレシピの提案です。一緒にいただくことで、どちらのおいしさもグッと引き立ててくれます!

黒霧島…トロッとしたあまみとキリッとした後切れが長年の人気の秘訣。霧島ブランドの中でも定番の芋焼酎です。

黒霧島EX…芋焼酎の持つ「あまみ・うまみ・まるみ」と、黒霧島独特の「トロッと・キリッと」の、5つの要素を最大限に引き出した、特別な一品です。

赤霧島…品の良い香りと澄んだあまみが特徴。どんな料理とも相性がよく、食事を華やかにしてくれます。

黒霧島×タンシチュー

タンシチューと黒霧島

トロッとしたあまみのある舌触りと、キリッとした後切れが特徴の黒霧島には、ソースなどを使った濃い味の料理がぴったり。今回は、ぜいたくに牛タンを使ったスキレットシチューを用意しました。とろとろシチューと黒霧島で、身も心も温まります。

【材料】
・牛タンブロック   400g
・ニンジン      1本
・ジャガイモ     2個
・マッシュルーム   5個
・ブロッコリー    1本
・玉ねぎ       2個
・トマトピューレ   200cc
・デミグラスソース  1缶
・赤ワイン      200cc
・ウスターソース   小さじ1
・ニンニク      1片
・バター       20g
・ローリエ      2枚
・顆粒コンソメ    大さじ1
・塩         適量
・こしょう      適量

【道具】
・スキレットorダッチオーブン

食材をカットしている様子

▲必要な食材をカット。

シチューにキノコを入れている様子

▲食材と一緒にシチューをコトコト煮込みます。

【作り方】
1.牛タンを2〜3cm角に切り、玉ねぎを1個分すりおろす。ニンジン・ジャガイモ・マッシュルーム・ブロッコリーの野菜類は食べやすい大きさにカットしておく。
2.切った牛タンをすりおろし玉ねぎで15分ほど漬ける。
3.牛タンを、表面が白くなるまでゆでて、塩こしょうをなじませる。
4.スキレットにバターを敷き、牛タンを焼く。焼き色がついたら牛タンは一度取り出す。
5.薄くくし切りにした玉ねぎ、すりおろしたニンニク、最初に牛タンをつけておいた玉ねぎを入れて炒める。
6.玉ねぎが透明になったらトマトピューレ、赤ワイン、ローリエ、コンソメを入れて一煮立ちさせる。
7.取り出しておいた牛タンを戻し、1時間半ほど煮込む。
8.最後にデミグラスソースとウスターソース、野菜類を加えて、さらに20分ほど煮込んで完成。

黒霧島EX×ほりにしステーキ

ほりにしステーキ

キャンパーの間では言わずと知れたアウトドアスパイス「ほりにし」。ほりにしでシンプルに味付けしたステーキは、スパイシーな料理と相性抜群な黒霧島EXと一緒にいただきましょう。にんにくなど、個性の強い味の料理と一緒に楽しむと、おいしさ倍増です!

【材料】
・好きな牛肉 1枚
・ほりにし  適量

【道具】
・スキレット

ほりにしを肉に振りかけている様子

▲焼く前にたっぷりとほりにしを振りかけます。

肉を焼いている様子

▲ジュワっと音がしそう!

【作り方】
1.牛肉をまな板に広げ、ほりにしを裏表にまんべんなくふりかける。
2.焦がさない程度にじっくりとスキレットで焼きあげる。
3.盛りつけて完成。

赤霧島×チョコフォンデュ

チョコフォンデュ

ラベルの見た目通り、華やかな料理が似合うのが赤霧島。チーズや生ハムなどの洋風おつまみや、チョコレートやバニラアイスクリームなどのスイーツと相性抜群です。チョコフォンデュなら、みんなでワイワイ楽しめる上、手軽に作れるのがポイント。

【材料】
・チョコレート     50g
・生クリーム      30cc
・フルーツ       適量
・マシュマロ      適量
・その他、お好みの食材

【道具】
・シェラカップ

チョコレートを熱している様子

▲生クリームを注ぎつつ、チョコレートをゆっくり溶かします。

フルーツをカットしている様子

▲チョコレートにつけるフルーツをカットします。

【作り方】
1.シェラカップに刻んだチョコレートと生クリームを入れ、弱火で温める。
2.フルーツなどの食材をカットしておく。
3.チョコレートが溶けてなめらかになったら、準備完了。
4.好きな食材をつけて食べる。

番外編!シェラカップで熱々お湯割り

シェラカップを温めている様子

せっかくキャンプで焼酎を楽しむなら、飲み方にも一工夫。お湯をケトルで沸かさず、焚き火で温めてお湯割りを作ってみましょう!シェラカップで沸かしたお湯を芋焼酎に注ぐだけで、熱々のお湯割りがすぐに完成します。キャンプの気分がより一層高まりますよ。

応募者の中から抽選で20名様にプレゼント!

霧島ブランドのパック3本

みなさんに大人の秋冬キャンプを体験してもらうべく、今回プレゼントキャンペーンを実施します!たった1分で回答できるアンケートに答えると、今回レシピと一緒に紹介した霧島3本セットが当たるチャンス。キャンプで持ち運びやすい紙パックタイプです。記事を読んだ方限定のキャンペーンとなるため、奮って応募してください!

【キャンペーン概要】
応募期間:11月5日(木)〜12月5日(土) 23:59まで
景品:黒霧島25度900mlパック、黒霧島EX25度900mlパック、赤霧島25度900mlパックの3本セット
当選人数:抽選20名
応募方法:応募フォームへの回答

\ 霧島で大人の秋キャンプ体験 /

アンケートに答えて応募する→

焼酎初心者も必見!他にもおいしい霧島ブランド

霧島のお酒が並んでいる様子

今回紹介した黒霧島・黒霧島EX・赤霧島以外にも、霧島ブランドにはおいしい芋焼酎があれこれ。今回芋焼酎が気になった!という方は、こちらもぜひ味見を。

虎斑霧島…すっきりとした味わいが特徴の虎斑霧島。数量限定販売のレアな逸品です。揚げ物や濃厚ソース料理、中華料理に最適。

白霧島…なめらかな口当たりで飲みやすい白霧島。迷ったらこれを選んでみてください。どんな料理にも合わせやすいですが、中でも和食や魚料理など、だしの味が強い料理におすすめです。

茜霧島…華やかな香りと味で、女性型の人気が高い茜霧島。アヒージョやマリネ、さらにドライフルーツなど白ワインに合うような料理にぴったり!

大人のキャンプへ一歩踏み出そう

キャンプ場に焼酎がある様子

あえて寒い時期に行く大人のキャンプ。じっくりと味わうためにはおいしいお酒が欠かせません。霧島を携えて、大人の秋冬キャンプへ一歩踏み出してみましょう。

\ キャンプで焼酎を飲んでみよう /

霧島の焼酎を見る→

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪