雨の日キャンプが好きになる!おすすめは「タープの下で映画鑑賞」と「テントでトランプ大会」

 ノウハウ

PR

家族でトランプをしている様子

キャンプを予定していたせっかくの休みに限って天気予報が雨…。キャンプを続けると、いつかは経験するのが雨キャンプ。ただ、人がまばらのキャンプ場でのびのびできることもあり、雨の日でもポジティブに楽しんでいるキャンパーは多くいます。雨予報でキャンプ場をキャンセルするのは、新たなキャンプの楽しみを逃しています!


 目次


雨の日だからとがっかりしないで!

雨の日のキャンプ。設営や撤収で雨に濡れたり、ぬかるんだ地面を歩くのは、考えるだけで少し憂うつ。キャンプ当日が雨予報と知り、キャンプ場の予約をキャンセルした経験がある方も少なくないはずです。しかし、雨でも楽しみを見つけているキャンパーがいるのも事実。実はいくつかのポイントを抑えるだけで、「むしろ雨キャンプが好き!」となる可能性があります。

※台風や大雨の予報の場合は無理せずにキャンセルしましょう。

知っておくと安心!雨の日テントの設営場所

地面を触って確認している

キャンプ場に到着して、テントとタープの正しい場所取りをするのが、雨の日でも快適にキャンプが楽しむ大前提。覚えていたいのは、細かい砂利の地面。粘土質の地面はぬかるみやすく、靴もギアも泥だらけになってしまいます。もし地面に傾斜があるのなら、できるだけ雨水のたまらない上の位置に設営場所を確保。水の流れる場所でないかも確認します。

自然の音と匂いが最大限に感じられる

テントから外を眺めている様子

雨の日のキャンプ場で感じたいのは、晴れでは気づけない音や匂い。パラパラとテントの布地をたたく雨音や、濡れた土の匂い。特に雨で周囲の話し声や音楽もカットされるので、自然の雰囲気に集中できるのは、雨の日キャンプの醍醐味です。

さらに、雨でもキャンプをしながら楽しめるアクティビティも多数。数あるアクティビティの中からhinataのおすすめのスタイルを紹介します。

非日常感がたまらない!「タープの映画館」

まずは大きめのタープを準備しよう!

タープの下でくつろぐ家族

雨の日に楽しみたいアクティビティは、タープの下での映画鑑賞。風によっては雨が斜めに吹き込んでくることもあるので、テント外でも快適に過ごしたいのであれば、必ず大きめのタープを準備することが条件となります。

プロジェクターと白い布で映画館の完成

映画鑑賞の準備をするお母さん

クリップを使って、テントの前室部分にスクリーンとなる白い布を固定。ポータブル電源にプロジェクターをつなぎ、白い布に向けて投影します。サイドから雨が吹き込んでくるようであれば、プロジェクターが濡れないようにビニール袋を被せておきます。

映画のお供を準備して!

スナックを食べている様子

映画の雰囲気を盛りあげるなら、スナックとジュースの準備もお忘れなく。ダッチオーブンでポップコーンを手作りし、できたて熱々をみんなでほお張るのも楽しみの一つです。

準備ができたら上映スタート!おすすめの映画は?

投影された映画を観賞

hinata編集部の雨キャンプでのおすすめの映画は、大ヒット映画「君の名は」で知られる新海誠監督の「言の葉の庭」(2013年)。靴職人を夢見る高校生と仕事をサボってビールを飲む高校教師が、雨の日に公園で出会い、恋に落ちるというストーリー。雨の描写が美しく、実際に降っている雨の音と相まって臨場感が増します。反対におすすめしないのがホラー映画。驚いてうっかり絶叫してしまうと、ご近所さんの迷惑に。子どもだけでなく、大人も夜のトイレにいきづらくなるかもしれません…。

タープで雨の日を楽しみに!

EARTH HEXA TARP Ⅲ

今回使用したタープは、ホールアースの「EARTH HEXA TARP Ⅲ」。撥水3000m加工プラスシームシールによる防水機能を強化した5m×4mの大型タープなので、雨の日でも濡れることなく、家族3人でゆったりくつろげます。延長テープが付属でついているので、タープ+αの長さに延長可能。テントを覆うように設営できて、テントを出入りするときも雨に濡れません。

\今回使用したタープの購入はこちら/

「EARTH HEXA TARP Ⅲ」を見る→

家族みんなで!「テントの中でトランプ大会」

UNOやボードゲーム、ジェンガなどテントの中で楽しめそうなゲームはいくつかありますが、おすすめはトランプ。1つでさまざまなゲームが楽しめる上、かさばらないのでキャンプにぴったりです。

水に強いトランプを用意しよう

トランプを抜き取っている様子

紙で作られたカードは、湿気や雨で濡れた手で触ったことによってふやけてしまうことも。雨の日キャンプで使うのであればプラスチックの水に強いトランプを用意しましょう。

テントの真ん中にはランタンを!

テントの中でトランプ

雨天だと日中も薄暗く、手元のカードが見えづらいことも。テント内を照らすLEDランタンを1つ準備しておけば、トランプ大会に集中できます。テントの中は秘密基地のような雰囲気で、非日常の楽しさがあります。

今回使用したテントはこちら

EARTH DOME 270 Ⅳ

今回使用したのは、ホールアースの「EARTH DOME 270 Ⅳ」。前室は、大人二人がチェアに座ってくつろげるくらいに広めの設計なので、インナーテントから手が届くところに靴や荷物を置いておけて便利です。

\今回使用したテントの購入はこちら/

「EARTH DOME 270 Ⅳ」を見る→

雨の日キャンプのお片付け

タープの設営から始まりタープの撤去で終わる

テントの撤収作業をしている様子

タープの下で設営・撤去をすれば、雨に濡れる時間が最小限で済みます。オートキャンプ場なら、タープの脇に車を横付けして撤収するのがおすすめです。

大きめのゴミ袋を準備

ゴミ袋にタープを詰めている様子

濡れたテントやタープをそのまま収納袋に入れて積んでしまうと、他のアイテムが濡れてしまうことがあります。そうならないために、濡れたテントやタープはゴミ袋(大きめのビニール袋)に入れてから車に積むようにしましょう。袋はゴミを捨てる際にも使えるので、車の中に常備しておくのがおすすめです。

タープとテントは家や公園でしっかり乾燥させる!

タープを干している様子

自宅に持ち帰ったテントとタープはできるだけ日を置かずに乾燥させてください。乾かさずに放置しておくと、臭いやカビの原因になるので注意。自宅や公園でつるして干す方法と、天気の良い日に実際に設営して乾かす方法があります。

いつだってキャンプは楽しい!

もちろん晴れているキャンプが一番ですが、きちんと対策をしてのぞめば、雨でも快適に過ごせます。雨天だからと諦めず、いつでもキャンプを楽しんでください。紹介したアイテムは全国のゼビオ・エルブレスで購入できます。

※店舗により取り寄せになる商品もあります。

\気になるアイテムの購入はこちら/

エルブレスオンラインショップを見る→

お気に入り お気に入り
お気に入り
キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪