キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

特別な体験ができるコテージも!札幌地域のコテージ3選

ノースサファリサッポロのグランピング施設の画像

札幌は日本で4番目に人口の多い都市でありながら、豊かな自然に恵まれています。大自然に囲まれたユニークなコテージも多く、週末にBBQを楽しむほかに、特別な体験をすることも可能です。ここでは札幌地域の人気コテージを紹介します。

札幌地域のコテージの人気の秘密

札幌のコテージに人気が集まる理由は、首都圏からのアクセスの良さと豊かな自然にあります。札幌市は人口190万人を超える政令指定都市でありながら、温泉や山岳部などの大自然にも恵まれているのが特徴。首都圏からは成田空港・羽田空港の両方から毎日数多くのフライトが発着しており、新幹線やフェリーでもアクセス可能なため、行楽の地として選ぶ人も多いです。 また、北海道だからこそ楽しみたい新鮮な海産物を、コテージなら自炊できるという点も人気の秘密。キッチン完備・ストーブ完備のコテージなら、楽しみ方が広がります。

温泉も楽しみたい人におすすめ!札幌地域のコテージ3選

動物といっしょに過ごせるコテージ!ノースサファリサッポロ

札幌市南区に位置し、2005年に開演して以来、体験型のふれあい動物園として人気を集めている「ノースサファリサッポロ」では、動物たちと一緒に宿泊できる「アニマルグランピング」が人気を集めています。 施設としてはテントとコテージがあり、コテージは「アクアコテージ」「ジャングルコテージ」「レアアニマルコテージ」の3タイプに宿泊可能。なかでも「アクアコテージ」は寝室の壁が一面ガラス張りの水槽になっており、アザラシを間近に見ながら眠れます。 ジャングルの雰囲気を思いっきり味わいたい人は、マーモセットやイグアナ、コツメカワウソなどが日替わりで登場する「ジャングルコテージ」がおすすめです。また、レアなアニマルと過ごしたい人は「レアアニマルコテージ」がおすすめ。キンカジュー、ヨザル、スローロリス、ポト、フサオマキザル、マーモセットの中から好きな動物を一匹選んで、部屋の中にある動物スペースで.一緒に過ごせます。 このようにコテージでくつろぎながら水族館や動物園に住んでいるかのような体験ができるので、子どもはもちろん、大人も泊まるだけで楽しめます。「バーベキューやグランピングを楽しむほかに、特別な体験もしたい!」という人におすすめです。 【基本情報】 住所:北海道札幌市南区豊滝469-1 電話:080-1869-6443 料金: [コテージ2名利用時] 17,000円~ / 人 [コテージ3名利用時] 14,000円~ / 人 [コテージ4名利用時] 12,000円~ / 人 チェックイン / アウト:15:00 / 11:00 アクセス:国道230号線(石山通)を定山渓方面へ車で約35分、国道230号線(石山通)を札幌方面へ定山渓から車で約15分 公式はこちら:ノースサファリサッポロ

札幌市内から30分で手軽にコテージに泊まれちゃう!札幌市定山渓自然の村

札幌市内から至近距離で、しかも豊かな大自然に囲まれたコテージ生活を楽しめるのが「札幌市定山渓自然の村」です。快適な10棟のコテージと10棟のテントハウスがあり、、コテージには暖房やシンク、トイレなどの設備が完備しています。 「自然と触れ合うのは好きだけれどあまりにワイルドなアウトドア体験は苦手」という人でも過ごしやすい施設です。それぞれのコテージは屋根のかかったデッキスペースをはさんだ2室から成り立っているため、プライバシーを重視したい人にもおすすめできます。 「札幌市定山渓自然の村」は施設が充実しているだけではなく、四季折々のイベントが充実していることでも有名です。「森の観察会」や「ドラム缶風呂体験」など、ここならではのユニークな体験イベントもたくさんあります。 石窯を使って火を熾すところから始める「石窯料理体験」なども毎日開催されていますから、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。石窯は時間単位で借りれるため、材料を準備していけば手作りのパンやピザを焼いて楽しめます。 【基本情報】 住所:北海道札幌市南区定山渓(豊平峡ダム下流国有林野) 電話:011-598-3100 料金: [コテージ(野鳥の家サイト・定員5名)] 一泊4,700円 / 大人、日帰り1,600円 / 大人 チェックイン / アウト:13:00 / 11:30 (日帰り: 9:00 / 17:00) アクセス:北海道札幌市内中心部から国道230号線で約30分 公式はこちら:札幌市定山渓自然の村

定山渓 鶴雅リゾートスパ 森の謌

「定山渓 鶴雅リゾートスパ 森の謌」は、札幌の繁華街からわずか26km、旭山記念公園からも25km という便利な場所に位置したリゾートホテルです。支笏洞爺国立公園内にあり、美しい紅葉を堪能できるほか、乗馬やカヌー、スキーなども体験できます。 そんな環境の中に建つ「鶴雅リゾートスパ 森の謌」にもコテージがあり、遊び心のあふれるハイセンスな空間として人気を呼んでいます。コテージのウッドデッキには露天風呂があり、森林浴を兼ねた快適なひとときを味わうことができ、室内には52型液晶テレビやマッサージチェア、ナノケアスチーマー、ナノケアドライヤー、コーヒーメーカーなどの設備が整っています。 ふかふかのベッドやソファーもあり、ストレスを癒やすにふさわしい空間です。別荘やホテルのような雰囲気がありながら、温泉を楽しめるコテージに泊まってみたいという人におすすめの場所です。 また、ホテル内や敷地を散策することも楽しみ方の一つ。ホールに敷かれた草と大地を思わせるグリーンのカーペット、雨をイメージしてデザインされた、上から降り注ぐ水のカーテン、暖炉の上方に配された鉄のオブジェなど、非日常的な美しい空間が目を楽しませてくれます。 三月兎のお茶会を思わせるおしゃれなレストランもあり、森で採ったフルーツを素材にしたジャムや窯焼きのピザなどを楽しむことも可能です。 【基本情報】 住所:北海道札幌市南区定山渓温泉東3-192 電話:011-598-2671 料金: [露天風呂付きコテージ リビング+ベッドルーム] 40,500円~ / 人名 [露天風呂付きコテージ ツインベッドルーム×2] 40,500円~ / 人 ※時期によって料金は異なります チェックイン / アウト:14:00 / 11:00 アクセス:[車] 新千歳空港から道道130号→国道36号→道道77号→道央道 千歳IC→北広島IC→国道36号→道道453号→道道82号→国道230号 約1時間25分 札幌から道道18号→国道230号 約40分 小樽から国道5号→小樽IC→札幌北IC→国道5号→国道36号→国道230号 約1時間25分 公式はこちら:定山渓 鶴雅リゾートスパ 森の謌

札幌のコテージに宿泊して北海道を満喫しよう

過ごしやすい夏の札幌でアウトドアレジャーを楽しみたい人は、市内中心部に近いコテージを選んでみませんか?冬の札幌が好きな人も、冬のさっぽろ雪まつりの時期に合わせて早めにコテージの予約を取っておくのがおすすめですよ。 ▼全国の厳選コテージを知りたい方はこちらの記事もチェック
 最終更新日:

あわせて読みたい記事