都心の森で遊ぶキャンプカフェ。リワイルド アウトドア トーキョーで楽しむアウトドア【取材】

 キャンプ料理

東京・茅場町にキャンプ体験ができるカフェ「REWILD OUTDOOR TOKYO(リワイルド アウトドア トーキョー)」がオープン。「都会の森で遊ぶアウトドアカフェ」をコンセプトに、キャンプ体験を楽しめるお店です。都心にこのようなカフェをオープンした背景や狙いについて、お店に行って取材してきました!

LINEの友だちを追加

 目次


茅場町に登場!「都会の森で遊ぶアウトドアカフェ」

キャンプ体験ができる「REWILD OUTDOOR TOKYO」

リワイルドアウトドアの店内

東京・茅場町にあるオフィス街のど真ん中にカフェ「リワイルド アウトドア トーキョー」が2020年6月にオープン。キャンプ気分を楽しめるカフェとして注目を集めています。まるでキャンプ場に来たかのような自然を感じさせる店内に、ランタンやバーナーなどのキャンプギアを用いたキャンプ体験など、アウトドア好きにはたまらないお店です。

オーナーの山口さんにお話を伺いました!

リワイルドアウトドアトーキョーのオーナーさん

アウトドアの経験がない人にとっても、外遊びをするきっかけを目指すリワイルド アウトドア トーキョー。お店の魅力からアウトドアへの思いまで、ビル管理からアウトドア事業まで幅広く手掛ける「信光オールウェイズ」(東京都中央区)の取締役で、リワイルド アウトドア トーキョーのオーナー山口 雄輝さんにお聞きしました。

都心で気軽にキャンプ体験できるカフェの魅力

オフィス街に現れた開放的な「キャンプ場」

リワイルドアウトドアトーキョーの店内

━━━ キャンプ料理を出す飲食店などは以前からありましたが「キャンプの体験ができるカフェ」というのは珍しく、とても新鮮です。

山口さん
バーナーを使って自分でアヒージョを作ったり、ホットサンドを焼いたり、焼き場までいってマシュマロを焼いたりと、かなり本格的な体験ができるようになっています。

━━━ キャンプの中でも一番楽しい仕上げの時間を体験できるカフェになっているのですね。店内も開放的で、実際にキャンプに行ったときのようにリラックスできそうです。

山口さん
実際、お客さんたちもワイワイとコミュニケーションを取りながら、キャンプのように楽しんでくれています。焼き場では、初対面のお客さん同士で交流する様子もみられますし、14時からのディナータイムには、「コミュニケーションスタッフ」というキャンプの魅力をお客さんに伝えて回るスタッフが常駐しています。こんな風に「キャンプコミュニケーション」を楽しめるところが最大の魅力です。

━━━ コミュニケーション専門のスタッフまでいるのですね!開放的でキャンプ場に近い空間だからこそ、自由な雰囲気で交流を楽しめますね。キャンプに行ったことがない人にも魅力が伝わりそうです。

自然を感じさせる店内の工夫

リワイルドアウトドアトーキョーのハンモック

━━━ 実際にキャンプに来たかのような雰囲気を作るために、ほかにこだわっている点はありますか?

山口さん
まずは、ハンモックやチェア、ランタンなど、インテリアに徹底してキャンプギアを使用しているところです。内装のディテールにもこだわっていて、その一つに、地面に敷いてある芝生があります。人口芝は1cm~1.5cmの短い丈のものが主流なのですが、この店では4cmもの長さの芝を使うことで、ふかふかとしたキャンプサイトのようなリアルな雰囲気を再現しました。

リワイルド店内の芝生

━━━ 本当に実際のキャンプ場の芝のようです。こんなに細かいところにまでこだわっているとは、さすがですね。

山口さん
他にも壁を土壁にしていたり、天井には、僕も把握しきれていないくらいさまざまな種類の植物を吊るしています。BGMは、昼は小鳥のさえずり、夜はスズムシとカエルの鳴き声です!

━━━ 最高ですね!キャンプならではの自然のBGMは、一番リラックスできます。本当に自然の中にいるかのような空間で、都心にいることを忘れてしまいそうです。

キャンプを好きになってほしい!お店に込められた想い

REWILD OUTDOOR TOKYOはキャンプへの第一ステップ

リワイルドアウトドアトーキョーのオーナーさん

━━━ そもそも、都心にキャンプ体験ができるカフェをオープンしたのはなぜですか?

山口さん
ふらっと立ち寄れ、日々の疲れが癒せる憩いの場を作りたい、というのが意図ではありますが、その根底にはやはりキャンプを好きになってほしいという想いがありますね。

━━━ キャンプをしたことがない人でも、お店にくれば興味を持ってもらえそうですよね。

山口さん
そうですね。キャンプは一見ハードルが高そうにみえるので、キャンプの敷居を下げる目的も兼ねています。リワイルドアウトドアトーキョーで、実際にキャンプの体験をして雰囲気を感じてもらって、「キャンプいいな」と思ってもらえたらうれしいです。

━━━ 都心にあるカフェならキャンプをまったくしたことがない人でも来やすいですし、そういう人にこそ来てもらいたいですね。

山口さん
まさにその通りです。信光オールウェイズで行っているアウトドア事業・リワイルドでは、都内から90分ほどで行けるキャンプ場を2カ所運営していて、手ぶらで楽しめるようにしています。このカフェを第一ステップにして、第二ステップにリワイルドのキャンプ場に来てもらう、というようにキャンプにハマっていってほしいですね。

アウトドアに対する想い

リワイルドアウトドアトーキョーのオーナーさん

━━━ キャンプ場も運営されているということで、山口さんもアウトドアがお好きなのですか?

山口さん:
好きです!アフリカ大陸最高峰のキリマンジャロに登ったりもしましたし、アマゾン川で釣りの世界大会を開催したりもしています。

━━━ かなりアクティブにアウトドアを楽しんでいるのですね!いつ頃からアウトドアにハマったのでしょうか?

山口さん
もともと5、6年前に友人に連れてもらい、森でキャンプをしたことがきっかけです。働くのが好きで、気づけばいつも仕事ばかりしていましたが、キャンプで自然を感じ、人間が本来味わうべき楽しみを見つけられた気がしています。

━━━ そうしたご自身の経験が、カフェやキャンプ場の経営につながったのですね。

山口さん
そうですね。自分もそうだったように、今の社会では出世することやお金を稼ぐことが生きる目的になっている人が多いと感じていて。そんな人々がアウトドアを体験し、自然のなかで過ごす素晴らしさに気づいてもらえたらいいなと思っています。リワイルド アウトドア トーキョーが、そのアウトドアの入り口になってくれたらうれしいです。

REWILD OUTDOOR TOKYOで、最高のキャンプ体験を

リワイルドアウトドアトーキョーの看板

都心にできたアウトドア空間・リワイルドアウトドアトーキョーは、キャンプの体験を通してアウトドアの楽しさを教えてくれるカフェでした。キャンプが好きな人はもちろん、まだキャンプに行ったことがない人も、外の楽しさを再発見するべく、リワイルドアウトドアトーキョーに一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【店舗情報】
住所:東京都中央区日本橋茅場町2-1-13 信光ビル1階
営業時間:
[ランチタイム]11:00~14:00
[キャンプ体験タイム]14:00~22:00
営業日:月〜金 ※定休日:土・日・祝日
電話番号:03-6661-1290
公式はこちら:REWILD OUTDOOR TOKYO

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪