UCO(ユーコ)のキャンドルランタンと焚き火台!人気の秘密は?

 キャンプ用品

UCOのキャンドルランタン

出典:楽天

UCO(ユーコ)特集!UCOの代名詞とも言えるキャンドルランタンと最近じわじわと人気のコンパクトな焚き火台。ここでは、UCOのキャンドルランタンと焚き火台「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」について紹介していきます。


 目次


UCO(ユーコ)とは

UCOのキャンドルランタン    

出典:楽天

 UCO(ユーコ)は、アメリカのワシントン州で1973年に生まれたIndustrial Revolution社の代表ブランド。「灯り」をキーワードにしたブランドで、キャンドルランタンを中心に、LEDランタンや、最近では焚き火関連アイテムからカトラリーまで、アウトドアで使える灯り関連アイテムを取り扱っています。

UCOの人気キャンドルランタンを比較

UCOのキャンドルランタン    

出典:楽天

UCOでもっとも有名なアイテムがキャンドルランタンです。キャンドルランタンというのは、ろうそくで灯りを灯すランタンのこと。キャンプのメインランタンとして使えるほど明るくなく、LEDランタンほど使いやすくもないけれども、手元灯として、揺らめく炎の雰囲気に癒される、というのが人気の理由です。また、燃料のろうそくが比較的手に入りやすいものなので、非常用としての用途も。

ここからは、いくつか種類があるUCOのキャンドルランタンを比較していきます。それぞれの違いを知って、自分に合ったアイテムを見つけましょう。

キャンドルランタン

UCOのキャンドルランタン    

出典:楽天

こちらはUCOのキャンドルランタンの中で最もスタンダードなモデルです。重量は180gで、おおよそお米1合分くらいの重さ。非常に軽量で、かつ使わない時には半分程度のサイズに収納できるので、持ち運びも便利です。テーブルに置いて使うのももちろんのこと、付属のチェーンで枝に巻き付けたりワイヤーを引っかけたりと、吊るしても使用可能。また、専用キャンドル1本の燃焼時間は約9時間ほどあるため、1泊2日程度のキャンプなら取り替えなく使え、荷物も少なく済むので、ソロキャンプにも連れて行けそうです。

キャンドルランタン[ブラス]

こちらは、本体の素材がアルミではなくブラス(真鍮)でできたモデル。基本的なスペックは先述したキャンドルランタンと同じですが、素材が変わったことで重量が少々増加しています。使うほどに渋く、味が出てくるので、ジーンズなどのように「アイテムを育てていきたい」という方にはこちらがおすすめ。アクセサリーにも使われる素材なので華やかさや重厚感もあり、インテリアとしてもおしゃれです。

キャンドルランタンキット

こちらは、スタンダードのキャンドルランタンに、キャンドル1本、専用ケース、リフレクターが付いてセットになったもの。リフレクターにより、キャンドルの灯りを全方位ではなく一方向に集めることができるので、片側だけで感じる明るさがUPします。専用ケースは衝撃吸収性に優れているので、ランタンをより大事に扱いたい方にもぴったり。ちなみに、ここに付属するアイテムはすべて単体でも購入可能です。

ミニランタン

こちらは、100均などでも手に入るティーキャンドルを使ったキャンドルランタン。燃焼時間は3時間と、スタンダードのキャンドルランタンに使う専用ろうそくと比較すると燃焼時間は短いですが、その分使用サイズが半分程で、よりコンパクトに使えます。本体は伸縮しませんが、スタンダードタイプよりもガラスのホヤが大きいので、炎のゆらめきを楽しみたい!という方にはこちらがおすすめ。

キャンドリア

UCOのキャンドルランタンの中で最も大きなモデル。スタンダードタイプはろうそく1本でしたが、こちらはろうそく3本を使うことで、より明るく空間を照らせます。点火する本数で明るさを調節できることと、簡易コンロとしても使えるのが魅力ポイント。重いものは載せられませんが、シェラカップで少しのお湯を沸かしたり、ちょっとした飲み物や食べ物を保温することができます。

キャンドルランタンのスペアキャンドル

キャンドルランタンのろうそくは、替えが販売されています。通常の白いろうそくもありますが、こちらはシトロネラの香りのするキャンドル。虫除け効果があるので、虫の多いアウトドアでは、こちらが便利かもしれません。

キャドルランタンの口コミをチェック!

UCOのキャンドルランタン    

出典:楽天

UCO(ユーコ)のキャンドルランタンは、キャンプを始めた時から使っている道具の一つです。明るさはろうそく一本分ですので、実用品の道具としてどのくらい役に立っているかは微妙ですが、小さく荷物にもならないので、必ず持って行くキャンプ道具の一つです。役には立たなくても、キャンプが豊かになる楽しい小物といったところでしょうか。

mameusaCAMP

あまり明るさがないため役に立つアイテムではないけれども、ゆらめく炎に心癒されることでキャンプが豊かになるアイテムとして魅力を感じているとのこと。炎のゆらめきは「1/fのゆらぎ」という、人間が心地よく感じるリズムであることが知られていますね。UCOのキャンドルランタンは、癒しを求めている方に最適なアイテムのようです。

ろうそくのゆらめき    

出典:photo AC

このキャンドルランタンには、ガラスのホヤがついていて、風が強いときでも火が消えにくいです。逆に火の揺らめくのを見たい場合は、このガラス部をすこし開けた状態でつかうといい感じに揺らめくので、無風の状態のときはちょい開けがおすすめです。

ひとりキャンプと山道具

ガラス部分を少し開けた状態で使うと、風が入ってよりほのが揺らめくとのこと。炎のゆらめきをより感じたい方は、ぜひ試してみましょう。

キャンドルランタンをカスタマイズして使おう

オイルランタン    

出典:楽天

キャンパーに人気のUCOのキャンドルランタン。そのもも使うのももちろんいいのですが、自分の好きなようにカスタマイズして使っている方も多数。人気のカスタマイズはオイル化です。

オイル化してローコストで使う!

純正のローソクは高いので、頻繁に使うと結構な出費になります。雪丘工房さんで販売しているオイルカートリッジを購入すれば、オイル化できます。このランタンを買うのなら、オイルカートリッジも入手したほうがより快適に楽しめます。これはシングルで、火が二つのダブルも販売されています。

ひとりキャンプと山道具

こちらの方は、純正のろうそくは高いということで、安価に購入できるオイル燃料で使えるように改造したそう。なるべく費用を抑えて使っていきたい、という方はオイル化を検討してみましょう。

バジェットがあれば、BEKEさんもお持ちの雪丘工房のカッコいいオイルカートリッジを手に入れたいのですが、取り急ぎ、自作されてる方の情報をもとに材料費0円で頑張ります!必要なものは、ロウソクの大きさに準じたガラス瓶、健康ドリンクなどのアルミ蓋、M6ボルト🔩、ワッシャー、ナット、コットン芯。

DayOut

オイルカートリッジ(オイルインサート)は市販の物を購入すると簡単ですが、オイルカートリッジ(オイルインサート)自体を自作することも可能とのこと。市販のものは高いので自分で作ってみよう!という方はぜひ参考にしてみてください。

LEDランタンカスタマイズも◎

UCO キャンドルランタン    

出典:楽天

キャンパーの間ではオイル化が人気ですが、キャンドルランタンはLEDランタン化して使うこともできます。既存のランタンベース(底部分)を取り外し、公式で販売している「LEDアップグレードキット」を装着すれば、キャンドルランタンとLEDランタンの2WAY使いが可能に。本体をハンドルにして懐中電灯として使えたり、単体でテーブルランプとして使えたりと、用途が広がります。

焚き火台もじわじわ人気上昇中

UCOの焚き火台    

出典:楽天

最近、キャンパの間でじわじわと人気上昇中なのが、UCOの焚き火台「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」。たったの30秒で組み立てられる、設営簡単なアイテムなんです。そして収納時には厚さ約3.5cmと非常にコンパクトになり、持ち運びも簡単。ステンレス製で錆びにくいため、メンテナンスが楽で長持ちすることも魅力ポイントです。もちろん、燃焼効率もよく、熱を逃がさず調理できる機能性も備わっています。

サイズは2種類

「フラットパックポータブル グリル&ファイヤーピット」は、通常モデルとミニモデルの2種類。通常サイズはA4コピー用紙より一回り大きいぐらいサイズ感です。ミニは通常の約半分。通常サイズの薪を使って調理する場合にはミニサイズは少し窮屈になるため、通常モデルが良いでしょう。ミニモデルは、ソロキャンプにおすすめ。ソロキャンプ用焚き火台で人気の「笑’s B-6君」や「ロゴス ピラミッドグリル・コンパクト」よりも一回り大きなサイズ感なので、想像よりも広く快適に使えるでしょう。

口コミをチェック!

UCOの焚き火台    

出典:楽天

我が家が選んだユーコの焚き火台、フラットパックポータブルは楽天ランキングで人気上位の焚き火台ですが、まだまだ持っている方が少なく、人とあまりかぶりません。焚き火台の多くは、ゴツゴツした雰囲気のものや、男っぽいつくりのものなどが多い感じがします。ユーコーの焚き火台は、やわらかな雰囲気の女性好みの焚き火台。見た目がかわいいので、女性でキャンプされている方に特におすすめ!横から焚き火台を見るとハートの形がとてもかわいく、見た目が良いのも人気がある理由。

Kutikomi

横から見ると焚き火台がハート型に見えるということで、女性にも人気とのこと。線の細さからも女性らしさが感じられますね。焚き火台は無骨で男っぽいものが多いので、女性でも使いやすいアイテムは嬉しいものです。

最近キャンパーの中でUCOの焚き火台が流行っています。なぜ流行っているのか?それはコスパが良すぎるからです!(中略)商品紹介ページに飛ぶとわかりますが「30秒で組み立て完了!」みたいなこと書いてありますが、実際は10秒もかかりません。(中略)なんと言っても耐久性、コンパクト性、大きさ、価格で全てに満足できる焚き火台です!

きぴろのバイク日記

慣れた方だと、組み立てに30秒もかからないとのこと。また、耐久性やコンパクト性などを総合的に見てもコスパが良いということで、コスパ重視の方にもおすすめです。

UCOのアイテムをキャンプに取り入れよう!

なじみのない方にはまだまだ知名度の高くないUCOですが、今回紹介したキャンドルランタンや焚き火台をはじめとして、キャンプに便利なアイテムがラインナップされています。これからキャンプを始める!という方も、新しいギアを探しているという方も、ぜひ候補に入れておきたいブランドですよ。


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪