絵本の中に迷い込んだかのよう!野外映画フェス『夜空と交差する森の映画祭2019』鑑賞レポート

 おでかけ

9月21日(土)にオールナイトで開催された「夜空と交差する森の映画祭2019」へ、hinata編集部もオールナイトで参戦してきました!絵本の中に迷い込んだかのような世界観に圧倒されながら、素敵な映画と美味しい食べ物に囲まれた野外映画フェスの魅力をお届けします!


 目次


一歩足を踏み入れたら別世界だった

一体どんなイベント?

   

“最高なロケーションで映画を楽しめる”というのはもちろん、グランピング施設への宿泊など野外で映画鑑賞する以外にも、様々な趣向が凝らされた野外映画フェス「夜空と交差する森の映画祭2019」。毎年開催地の異なる本イベントは、今回静岡県は沼津市の泊まれる公園「INN THE PARK」にて開催されました。徹夜で映画鑑賞するもよし、テントでキャンプがてら映画をツマミに行くも休憩するもよし、スナックでお酒を嗜むでもよし。楽しみ方は人それぞれな、ゆったりとした雰囲気のイベントです。

絵本の世界を再現した森の中

   

会場に到着し、自分たちのサイトを設営してからいざ出陣した森の中は、外から見た景色と別世界。設営可能スペースで所狭しとテントやシェードが設営されてゆく中で、まさかこんな世界が展開されていたとは…な驚きの空間でした。広がる緑の中にポツポツと絵本を模した装飾が施されており、夜の本番が今から待ち遠しくなります!

   

当日のスケジュールは、全て絵本として綴じられた冊子の中に詰め込まれています。まるで売り物のような冊子が、また可愛い!女性の心をくすぐるデザインやネーミングが散りばめられており、どこを見ても、どこを読んでもわくわくの止まらない一冊に仕上がっていました。

観たいが止まらない!魅力的すぎるタイムテーブル

会場を埋め尽くすほどの熱気と、人気の映画たち

   

上映会場は「ねえねえみてみて! Supported by UPLINK」「まちはずれのたからじま」「きいろいながぐつ」「まっくらのなか」と、全部で4つ。メイン会場となる「まちはずれのたからじま」では、1本目から名作の上映が決まっていたため編集部もチェアを持参して場所取りを行います。場所取りとはいえ争奪するようなものではなく、穏やかに座りたい場所へ各自着席していきます。

   

事前に下見に来た時間帯とは様子が異なり、映画上映まで時間が差し迫ってくると「まちはずれのたからじま」は満席状態。それもそのはず、お客さんはオールナイトで映画を見に来ているため、場所取りが当日の過ごし方の舵を握るよう。レジャーシートに寝袋を広げる人や、なるべく暖かい服装でチェアにゆったり沈む人など、快適に過ごすための工夫は人それぞれでした。

   

18時30分頃から上映が始まったのは、「きみに読む物語」。珠玉のラブストーリーとして有名な本作は、ニコラス・スパークス氏の小説が原作の人気の衰えない名作映画です。これで観るのは3回目と話す編集部員は「何回観ても素敵だし、何故かまた観たくなる素敵な映画」と絶賛!野外で鑑賞しているからこそ、普段とは違った雰囲気で映画を楽しめたとのこと。

20時55分から上映が始まった「インターステラー」は、クリストファー・ノーラン監督の手がけるSF超大作。およそ3時間にわたり観る者が圧倒されっぱなしの作品で、観ているのに体力を必要とする2本目の映画でした。こちらも野外パワーが存分に発揮され、臨場感溢れるシュチュエーションに力みながら鑑賞していたため、終わった瞬間ほっとする声があちこちから聞こえたのでした。

かわいいが止まない!独特ラインナップのワークショップ

オリジナルランタン作り&失恋ボトルetc…

   

「まちの商店街」と称されるワークショップブースでは、新しいアイデアが詰まったワークショップがいくつも展開されていました。中でも、特に人が集まっていたのがオリジナルランタン「森のランタン」作りのワークショップ。お気に入りのドライフラワーを組み合わせて作ることができるため、作った後は世界にひとつのランタンを自身の旅路に携えることができます。

   

他にも「失恋ボトル」なる失恋エピソードを殺さずに生かすような不思議なワークショップが存在したり、1日かぎりの本屋さんがオープンしていたりと、『夜空と交差する森の映画祭』限りのラインナップが目白押しでした。ナチュラルテイストで統一された空間は、女子には嬉しい素敵な癒しポイント!奥に見えるコットンテント内では、疲れた身体を癒してくれるマッサージまで受けることができます。

美味しそうで選べない!和洋折衷どころじゃないごはんたち

長蛇の列に並んででも食べたいあれこれ

   

まちの商店街の飲食ブースには、Soup Stock Tokyoをはじめとした美味しそうな匂いのする飲食店がずらり。唐揚げ丼やキューバサンド、ピッツァなど、映画やお酒のお供にばっちりな食べ物屋さんが立ち並んでおり、参加者のみなさん、選ぶのに苦戦を強いられていた様子。

   

映画の上映中は集中して鑑賞していても、隙間の時間を狙って美味しいご飯を求め、同じ時間帯に一斉に動き出します。こういった場合を想定して、少しゆとりを持った自分たちスケジュールを事前に薄っすらでも組んでおくのがおすすめです。程よく休憩をしつつ、映画をBGMに移動したりしてまったり過ごせるのも、『夜空と交差する森の映画祭』ならではです。

まとめ

   

キャンプをしながら屋外の大スクリーンで映画を観るという非日常的な空間は、キャンプ好き・映画好きにはなんともたまらないものでした。素敵な映画を、美味しい食べ物を片手に緑に囲まれながら大切な人と楽しめる、またとない素敵な時間。今回は参加できなかったという人も、来年はぜひ参加してみてください。きっと素敵な時間を過ごすことができるはずです。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

公園 イベント 秋キャンプ

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪