上質なフリースはここまで違う!パタゴニアのスナップTを着よう

 ファッション

丘からの景色を見ている4人の女性

出典: Rawpixel / ゲッティーイメージズ

寒い季節になると活躍するのがフリースですね。今ではさまざまなブランドからフリースが販売されていますが、実はフリースの元祖はパタゴニアなのです。昔から親しまれてきたデザインと確かな品質は、1枚持っておくと安心。今回はパタゴニア シンチラ スナップTの魅力をご紹介していきます。


 目次


元祖フリースといえばパタゴニア

パタゴニアの旗    

出典:Yukiko Matsuoka / flickr

パタゴニアのシンチラ スナップTシリーズはフリース素材の元祖として有名です。その高品質な生地は目がしっかり詰まっているので暖かく、それでいて蒸れにくいという特性を持っています。デザインもクラシックで質実剛健な印象を与えますが、カラーリングが絶妙で古臭さを感じさせません。

そのため、登山やキャンプ、アウトドア全般で活躍するでしょう。また、デザイン性も高いのでタウンユースでも使い勝手が良い1枚となっています。このシンチラという言葉は聞き慣れない言葉かもしれませんが、もともと造語です。

synthetic(シンセティック)+Chinchilla(チンチラ)=SYNCHILLA(シンチラ)

syntheticというのは“合成”、+Chinchillaはネズミの仲間でペットとしても人気の動物で、その毛皮を指します。

要は「合成チンチラ素材」ということになります。1985年にパタゴニアが発表した新素材はその後「フリース」として一気に広がりました。

シンチラ生地は、目が詰まっていて暖かいのに、蒸れにくい素材です。
フリースの生地で、安物と高級品との差は、厚みと暖かさの関係です。

同じ厚みの生地では、安物はスカスカで寒いです。
高級品は、厚さの割に暖かいので、結果的に、薄く柔らかい着心地に作ることが出来るのです。

A級放浪計画

多少値段が高くてもパタゴニアを選ぶ人はその品質に惚れ込んでいるのがわかりますね!

毎年カラーバリエーションが違うから被らない!
人と被るのが心配という人もいると思いますが、ご安心ください。パタゴニアは定番アイテムのカラーバリエーションを毎年出すことで知られています。シンチラ スナップTもその法則に漏れず、新しい色が毎年発売されています。

カラーデザインに関してはガラリと変えることもあれば、ポケットの色やチャックなど、ワンポイントで違いを出すことも。つまり、ほかの人と色が被った!ということはかなり低いと考えられます。

なぜかというと、もともと高額な商品なので、よほどのことがなければ毎年買い換える人はいないからです。つまり、同じカラーリングをもっている人はそこまで多くないのです。

そのため、パタゴニアのシンチラ スナップTは自分が気に入った商品があれば、その年の内に手に入れるのが鉄則となります。

同じデザインで続いていますね。こういう定番品があるっていうのは流石です。カラーは毎年変わりますが、このナチュラルカラーは定番かな。このステッチのテープっていうのか、この部分のカラーが微妙に変わります。この年はブラウン2色の組み合わせ。

胸ポケットのカラーもブラウン。このポケット割りと使います。

ずっとこの空の下で

ファンも毎年変わるカラーを楽しんでいるようですね。

良いものは長く使える!パタゴニア スナップT2選

まとめ

パタゴニアのシンチラ スナップTはフリースの元祖でありながら、いまだにその人気が衰えることはありません。一度袖を通してみれば、あなたのこれまでのフリースの常識をひっくり返すことになるでしょう。1枚あれば、長く冬の相棒として活躍するはずです。ぜひ、お気に入りの1枚を見つけてくださいね!


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪