足元が快適! コロンビアのトレッキングシューズ6選

 ファッション

大台原を歩く男

出典:Hiroki Sakamoto / flickr

アメリカのアウトドアブランド「コロンビア」の山歩きを快適にする機能性を備えたトレッキングシューズ。防水透湿技術「オムニテック」や防水吸湿性素材「アウトドライ・エクストリーム」など、コロンビアが独自に開発した技術が活かされたトレッキングシューズの魅力をご紹介します。


 目次


コロンビアのトレッキングシューズは高機能

コロンビア川    

出典:Nick Kinkaid / flickr

アメリカのコロンビア川にちなんで社名がつけられた「コロンビア」。1938年に、小さな帽子問屋からスタートしました。コロンビア名を有名にしたには、1982年に発表された「インターチェンジシステム」。アウタージャケットとインナージャケットをジッパーで脱着して3通りの着こなせるシステムで、これを採用した「バガブーパーカ」は、爆発的な人気となりました。

コロンビアは、「インターチェンジシステム」のように独自開発した技術を活かしたアイテムがそろっているところが魅力。トレッキングシューズにもコロンビアが開発した、防水透湿技術「オムニテック」や防水吸湿性素材「アウトドライ・エクストリーム」などのオリジナルの技術がちりばめられています。

山登りを愛している人たちに、質の良さを認められているオリジナル性が高いトレッキングシューズぞろいです。

コロンビアが開発したオリジナル素材や機能の秘密

アウトドアアイテムに採用されているコロンビアのオリジナルアイディアをご紹介します。知っておけば数種類あるトレッキングシューズを選ぶときに役にたちますよ。

オムニテック

「オムニテック」は、防水透湿機能のこと。外からの雨を防ぎ、シューズ内の湿気は外に出す機能です。トレッキングシューズ以外にレインウェアでも採用されています。

防水透湿といえば「ゴアテックス」が浮かぶかもしれません。以前はコロンビアのアイテムでも採用されていました。他社の技術を借りると使用料がかかり、アイテムの価格が高くなります。アイテムの価格を抑えてオリジナルを提供するために、防水透湿機能を開発したのです。

アウトドライ・エクストリーム

防水吸湿性素材の「アウトドライ・エクストリーム」は、表側にシームシール加工して、外側からは水を侵入させない構造になっています。残念ながらアウトドライ・エクストリームを採用したトレッキングシューズはまだありません。

アウトドアアイテムで使われている「アウトドライ」という機能をよく耳にします。アウトドライは、イタリアのアウトドライ社が開発した機能です。実はこのアウトドライ社はコロンビアの傘下。アウトドライは、他の会社にも供給をしています。しかし、アウトドライエクストリームは、コロンビアだけしか使用できません。

アウトドライエクストリームエコ

アウトドライエスクトリームと同じ機能を持ちながら、環境を配慮して、基本的に染色をしない「アウトドライエクストリームエコ」。染色する場合は、環境に悪影響のないものが採用されています。

テックライト

テックライトは、超軽量のミッドソール。クッション性に優れ、快適な履き心地です。テックライトは洗うことができるので、トレッキングシューズの中が清潔に保てるところも魅力です。

履き心地にこだわったコロンビアトレッキングシューズ6選

まとめ

ご紹介したトレッキングシューズは、機能性が高いだけでなく、おしゃれ感があるところにも共通点を感じませんでしたか?コロンビアは、ウィンターブーツの「Sorel」やトレイルランニングシューズの「Montrail」、アウトドアウェア・ギアの「Mountain Hardwear」の3つのラインも展開。ファッション性の高いブランドがコロンビアの特徴なのです。コロンビアのトレッキングシューズで、登山のときの足元をおしゃれに決めませんか。

▼トレッキングシューズ以外にも、コロンビアの人気アイテムについてもっと詳しく知りたい方は、こちらをチェック!


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

コロンビア アウトドアブランド

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪