キャンパーが登山靴を使う理由 Part2 キャラバンオーナーたちはこんな風に使ってる!

 キャンプ用品

前回、インスタグラムでアンケートをとった結果、登山靴を履いているキャンパーが予想以上に多いことが判明。そこで、登山靴の老舗キャラバン広報の井原さんに、その理由をお伺いしました。今回はそんな登山靴を愛用しているキャンパーが、実際にどう活用しているか密着取材!


 目次


[結論!]キャンパーは登山靴を愛用している人が意外に多い!

キャンプに行くときのシューズは、一体何が正解なのか?前回のアンケート結果や、登山靴の老舗キャラバンの証言から結論として「登山靴」がキャンプに適している!その理由を前回のおさらいとして、簡単に特徴をご紹介します!

【その①】足の怪我をするリスクが低い
【その②】水たまりや泥汚れも気にならない!
【その③】蒸れにくく、抜群のフィット感でずっと快適!

登山靴の老舗ブランド「キャラバン」とは

   

今年で65周年を迎えるキャラバンは、日本の登山シーンをリードするブランドの1つ。日本人の足型に合わせた軽登山靴として、多くの登山愛好者に好まれています。

▽詳しい記事についてはこちら

実際に登山靴をどんな風に活用してる?

   

ここまでで、登山靴がいかにキャンプに適しているかがよくわかります。実際、登山靴愛用者はどんな風に活用しているのか気になりますよね。今回、hinata編集部内でも探してみると、実はキャラバンオーナーが3人もいました!ということで、身近なキャラバンオーナーに話しを聞いてみます!

「どんな風に使いたい?」その① 買ったばかりのオーナー

   

1人目のキャラバンオーナーさんは、実は最近買ったばかり。なので、このシューズを履いてキャンプ経験はまだないとのこと。購入のきっかけはなんと、前回の記事を読んで欲しくなったため。ブラックのデザインがカッコよく、フィット感もバッチリで、とても気に入ったそうです。これから、キャンプやアクティブな場で使って行きたいそうです!

【プロフィール】
愛用のシューズ:C1_02S
愛用歴:0年
買った理由:前回の記事を読んで購入

「どんな風に使っている?」その② 編集ニーノの場合

   

実は筆者もキャラバンオーナー。真っ赤なデザインが気に入って購入し、山やキャンプ以外にも、冬の北海道旅行などでも愛用しています。長時間歩く旅行にも登山靴は適しており、防水透湿性があるので雪の中でも快適に歩けました。まだ試していませんが、厚地の靴下と登山靴で冬キャンプなどにも活躍しそうです!!

【プロフィール】
愛用のシューズ: C1_02S
愛用歴:3年くらい
買った理由:初心者で、丹沢に登るために購入。フィット感とデザインが気に入っている。

「どんな風に使っている?」その③編集 安部浩正の場合

   

メインは登山用として使っていますが、ベースキャンプでの使用や登山後のキャンプにもキャラバンとクロックスを愛用しています。初めて買った登山靴もキャラバンで、履きやすく、価格も比較的手頃なのでエントリー層にも定番のシューズです。ヴィブラムソールを使用していてグリップ力が良いところも魅力的。

【プロフィール】
愛用のシューズ:以前はGK67、現在はGK23
愛用歴:5〜6年くらい
買った理由:登山を始める時に、店員に薦められフィット感がよくて購入。

プレゼントが当たるかも!耳よりな情報!

キャラバンSNSキャンペーンを実施中!

   

出典:キャラバン

ここでキャラバンオーナーにお得情報です!2019年 6/1~10/31の期間中に、キャラバンシューズと一緒に撮った写真や、キャラバンシューズ自体を撮った写真を、ハッシュタグ(#キャラバン #キャラバンシューズ #キャラバンシューズキャンペーン2019)の3つ以上をつけてinstagramで投稿すると、抽選で素敵な商品がプレゼントされるSNSハッシュタグキャンペーンを実施中です!!

キャンペーンについて詳しく見る

キャラバンSNSキャンペーンはこちら→

キャラバンオーナーのキャンプに密着!

ここまでは、hinata編集部内のキャラバンオーナーたちの活用方法を簡単にご紹介しました。その中でも、オーナー歴の長い安部が、最近気になっているキャンプスタイルがあるそうなので、編集部もキャンプに密着させて頂きました!キャラバンシューズを使ってどんなキャンプをしているのか気になりますね!要チェックです☆

愛用シューズはこちら

   

安部さんの愛用するシューズはグリップ力に優れた、ミドルカットのトレッキングシューズ「GK23」。ソールにはヴィブラム®PREDATOR(Megagrip)を使用しています。足先から甲まで高さを抑えたスペシャル・ウェッジトゥ設計で、かかとには立体成形ヒールカップでしっかりホールド。アッパーが柔らかく、フィット感、クッション性も高く、本格的な登山から野外フェスまで、オールラウンドに活躍する一足です。

★注目★
残念なことに2018年でカタログ掲載終了。だからこその超お得情報!!メーカー在庫処分で現在キャラバンSALE商品として特価販売中。在庫限り(新品)なのでなくなってしまう前にゲットしましょう♪

今が最後のチャンス!

GK23 について詳しく見る →

渓流釣りキャンプを始めたい!

   

安部さんが最近気になっていたキャンプスタイルは、渓流釣りキャンプ。渓流キャンプと言えば、木々の木漏れ日と、涼やかな水や音、心地よい風などで、大自然を感じられるキャンプですね。一方で、足場の状態には気をつけたいところ。そんなときにキャラバンシューズがとても役に立つそうです!※本格的な渓流釣りは渓流専門の『渓流シューズ』を使用するので、川の中まで入りたい方は渓流シューズがおすすめ!

足場の悪いところこそ役立ちます!

   

安部:渓流釣りはゴツゴツした足場の悪い場所が多いのでスニーカーだと滑ったり、捻挫しそうで不安です。今履いているGK23だと、グリップ力、フリクション性に優れているため、安心して歩行ができます。

━━━なるほど!確かにスニーカーは危なそうですね。スポーツサンダルも石や枝などがあったら怪我してしまいそう…。

安部:そうですね。ちゃんと足を覆っている方が安心ですし、サンダルを履いていて靴ずれしてしまうことって結構あると思うのですが、登山靴だとクッション性やフィット感があるので靴ずれしにくいのもポイント。ソールやアッパーもしっかり作られているため、アクティブに活動しやすいのも特徴ですね。

水がかかっても大丈夫!

   

安部:そして、スニーカーとの一番の違いは、濡れてもへっちゃらなところです。水しぶきや足先が潜る程度なら全然問題なし!水たまりやぬかるみ、泥や砂がついて汚れたとしても大丈夫。後でホースの水をさっと表面にかけてあげるだけで、キレイになるため扱いが楽なのも嬉しいところです。どんなにおしゃれな靴をキャンプに履いてきても、汚せないとなると、キャンプを100%楽しめないですからね。

━━━確かに…!キャンプに来たからには存分に楽しみたいです!!

これからの季節なら雨キャンプもいいよね!

   

出典:Instagram(@shinichi.kob)

━━━他にキャラバンシューズでおすすめの使い方などあれば教えてください。

安部:梅雨の時期にあえて雨キャンプもおすすめですよ。シトシトと降る雨の音を聴きながら、土の匂いや、森の匂いを感じ、ゆったり過ごすのもいいものです。近年、冬もキャンプしたり、年間を通してキャンプを楽しむ人が増えています。雨が降ってもキャンプしたい人は多いはず。そんな方は1つ登山靴を持っておくと楽しみ方が広がっていいと思いますよ。雨の時一番気になるのは足が不快な点ですから、それさえ解決してしまえば、雨キャンプも楽しく過ごせるはずです。

━━━雨キャンプいいですね〜。ゆっくり読書とかしたいですね。

キャンプにもおすすめなキャラバンシューズ

エントリー層にもぴったり!キャラバンの代表モデル

   

キャラバンシューズの代表的なモデルの「C1_02S」。履き口まわりに柔らかな生地やクッション材を採用しているため、初めて登山靴を履く方にも違和感なく履ける設計です。指先はTPU樹脂カップを採用し、しっかり保護して、ゆとりも持たせているので、長時間履いていても快適。もちろん防水透湿性もバッチリです。
※画像は65周年限定色LIMITED COLOR

   

アキレス腱部分は足首が動きやすいよう浅めにカットされ、足首を優しくホールドします。そのため、しゃがむことも、テントの設営や、外遊びなどアクティブな動きにも難なく対応。さらに、登山靴ならではの安定感があり、悪路でも歩行性は抜群です。

   

ここでお得情報!
キャラバン広報の井原さんより、お得な情報をゲットしたのでご紹介!創業65周年を記念して、「キャラバンシューズ 65周年 LIMITED COLOR」が登場。写真のキャメルをはじめとした3色の限定カラーが発売中なので、限定カラーを手に入れるチャンス!さらに、嬉しいことに、こちらのモデルを購入すると、1年間傷害保険に加入できるという特典もあります!同梱されている申し込み案内に従ってWEB申込をするだけで、無料で保険に加入できる超お得な登山靴です。

異例の保険付き登山靴はこちら

C1_02S について詳しく見る →

スッキリしたデザインでタウンでも大活躍!

   

汎用性の高いローカットモデルの「C7_03」。ローカットの魅力は脱ぎ履きが簡単なところです。足首に負担のかからない平地なら、特におすすめしたいモデル。履き口にかかとが浮かないようパッドが入っているため、とても歩きやすくスニーカー感覚のソフトな履き心地が特徴。

   

デザイン性も高く、一見ライトそうな外見ですが、ゴアテックスを使用しているので防水透湿性は文句なし!タウンユースでも、雨でも、キャンプでも活躍する一足。アウトソールはグリップ力も高く、ハイキングやハードウォーキングでも活躍する優れものです。

脱ぎ履き楽ちん!

C7_03 について詳しく見る →

まとめ

   

いかがでしたか?今まで、キャンプに登山靴?と思っていた方も、違った視点での活用法を知ることができました。これから、梅雨や釣りや水辺のキャンプ、冬キャンプなど様々なシーンでキャラバンシューズを使っていきたいと思います。ぜひ、これからのキャンプに登山靴を使ってみてくださいね。

さあ、キャラバンシューズで写真を撮ろう!

SNSキャンペーンに参加概要はこちら→


あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪