Bluetooth搭載スピーカーおすすめ11選!アウトドアでも活躍!

 キャンプ用品

テーブルに置いてあるブルーのスピーカーとiPhone

出典:instaram(@shu_hey0828)

アウトドアの最中も大好きな音楽を楽しみたいと思っているあなたのために、今回は、アウトドアで活躍すること間違いなしのスピーカーを紹介します。水辺でも安心して使える防水タイプ、大きな音量が出るタイプ、1回の充電で長時間駆動してくれるタイプなどなど!


 目次


アウトドアで音楽を楽しむならBluetoothスピーカーがおすすめ!

アウトドアスピーカーで音楽を聴いている女性

出典:Amazon

アウトドア用のスピーカーと一口にいっても種類は盛りだくさん。それぞれさまざまな特徴がありますが、キャンプで音楽を楽しむためにはどんなものを選べばいいのでしょうか?おすすめは、プラグの接続の手間などがないBluetoothスピーカーです。今回は、Bluetooth機能搭載のスピーカーを「防水」「大音量」「長時間再生可能」「高音質」などの特徴ごとにピックアップしました。ぜひお気に入りを見つけてみてください。

水辺でも安心!防水スピーカー3選

水に濡れてしまう心配がある場合には、防水機能のあるスピーカーを選ぶのがおすすめ。防水機能は「IPX」という規格で表示されていて、1~8の8段階で表され、数字が大きいほど防水性能が高くなっています。IPX1、2は少しの雨でも壊れてしまうため、外で使う方はIPX3~8のものを選びましょう。さらに、水辺での使用や釣りを楽しむなど、水中に落としてしまう可能性のある状況で使用する人はIPX7~8のものを選ぶと安心です。

【BOSE】サウンドリンク マイクロ

スピーカーなどの音響機器の大手開発メーカーBOSEのコンパクトスピーカーです。シリコン製のストラップが付いており、リュックに付けて歩きながら使ったり、テーブルが狭くて置き場所がない時に、クーラーボックスに取り付けて使ったりすることも可能。IPX7の防水設計で、川など水に落としても安心です。

【JBL】FLIP3 スプラッシュプルーフ

人気メーカー、JBLのスピーカーです。JBLの持ち味であるクリアな中高域に加え、低音の厚みを増強させるパッシブラジエーター搭載で、迫力のJBLサウンドを楽しめます。IPXは5ですが、多少の雨なら心配ありません!

【JBL】 FLIP4 Bluetoothスピーカー IPX7防水

迫力あるサウンドが楽しめるだけでなく、海辺やプールサイドでも安心して使える防水スピーカーです。また、ボイスアシスト機能に対応しているため、Siriなども使用可能。便利に使えます。

自然の中でも音楽を楽しむ!大音量スピーカー3選

川の音が響いていたり、大人数でのキャンプで広範囲に音を響かせたかったり…。外で音楽を聴きたい時、大音量スピーカーは必須アイテムです。スピーカーの音量は、ワット数が大きいほど音が大きく、さらに低温もよく響きます。1W以下だと低温はほとんど聞こえず、5~15Wだと10畳空間の室内で使える程度です。大音量、大人数で楽しみたい方は20W以上の出力のものがおすすめです。

※アウトドアで音楽を楽しむ場合は、キャンプ場のマナーを守り、周囲への配慮も忘れずに!

【BOSE】サウンドリンクミニⅡ

最大出力は20Wで、深みのある低音がフルレンジスピーカーから流れてきます。BOSEが長年培ってきた「小型でも重低音と迫力のある高音質」が実現されているスピーカーです。

【Uitimate】Ears MEGABOOM WS900

Ultimate Earsより発売されているWS900。360度、重厚感のある力強いビートが鳴り響く安定性の高いスピーカーです。最長30mのワイヤレス通信が可能。スマホのアプリからも操作できます。耐久性や耐水性も高く、アウトドアだけでなく、入浴時などにも使えます。

【JBL】XTREME ワイヤレススピーカー

JBLのハンズフリー機能に対応したスピーカーです。ノイズ・キャンセリング、エコー・キャンセリングが可能で、ボタン1つで非常に明瞭な音声でのスピーカー通話が可能になっています。前述の2つに比べてサイズも重さ最も大きくなっていますが、その分出力も大きく、最大出力は20W×2です。

寒い外でも長持ち!長時間駆動バッテリースピーカー3選

キャンプ中ずっと音楽を楽しみたいのに、途中でバッテリーが切れてしまった…なんてことがあったら、テンションが下がってしまいます。ここからは、1度の充電で長時間聴ける長時間連続再生可能なスピーカーを紹介します。

【ANKER】sound core

24時間/500曲の長時間再生が可能というタフなスピーカーです。バッテリーの残量をペアリング中のiPhoneやiPadから確認できるため、あとどれくらい使えるか確かめやすいのもうれしいポイント。また、音の歪みを1パーセント未満に抑え、その場で演奏されたような透き通った音を実現します。価格の割に滑らかな音をで音楽を楽しめ、コストパフォーマンス抜群といえるでしょう。

【SONY】SRS-XB30

こちらも最大で24時間連続再生可能なスピーカーです。防水機能も備わっており、水しぶきを気にせずに使えるので、プールサイドやビーチでも安心して使えます。また、スピーカーの全面部分が曲に合わせて光るため、夜はさらに盛り上がれそうな予感。ビジュアルからも雰囲気を楽しみたい方におすすめです。

【Tribit】 XSound Go Bluetooth スピーカー

最大24時間/500曲の連続再生が可能でありながらリーズナブルな価格のパワフルスピーカーです。サイズもコンパクト。最大音量にしても、音が割れることなく、バランスよく響きます。また、防水加工が施されているため水場でも安心。低音を強化する技術により、臨場感のあるサウンドが楽しめます。

どこだって音質にこだわりたい!高音質スピーカー2選

音質にとことんこだわりたい時、やっぱり選びたいのが高音質なスピーカー。高音質のスピーカーを選ぶときは、「対応コーデック」「パッシブラジエーターの有無」「ワット数」を見て判断します。コーデックはSBC<AAC<apt-X<LDACの順に音質が良くなります。

音質にこだわる方はAAC以上のものを選びましょう。さらに低音域を重視したい方は「パッシブラジエーター」機能が搭載されているものを。これは空気の振動を拾い、低音域を増強させる機能です。そしてW数を見れば、音の大きさだけでなく低音の響き方も判断可能です。ここにも注目してみましょう。

【SONY】ワイヤレスポータブルスピーカー h. ear go SRS-HG1

ハイレゾ音源をハイレゾ相当の音質のまま再現する、LDCAに対応した高音質スピーカー。パッシブラジエーター機能も搭載されており、音質にとことんこだわりたい方におすすめ。最長12時間連続再生可能と、バッテリー持続時間もまずまずです。W数は24Wで、大音量で楽しめます。

【DENON】Envaya Pocket DSB50BT

AACなどの高音質コーデックに対応しているBluetoothスピーカー。コンパクトなボディながら、パワフルな音が楽しめます。見た目はシンプルでシーンを選ばないため、キャンプ以外の落ち着いた場面でも使えます。最大出力は11Wで、パッシブラジエーター機能も搭載されています。

まとめ

好きな音楽をキャンプ中でも楽しむために、Bluetoothスピーカーは必須アイテム。自分の好みや目的に合ったスピーカーを見つけて、キャンプライフをより一層楽しみましょう!

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

スピーカー キャンプ小物

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪