hinata

>

キャンプ用品

>

タウンユース

>

冬支度はもう済んだ?大活躍間違いなしの防寒グッズ3種を聞いてきました!

冬支度はもう済んだ?大活躍間違いなしの防寒グッズ3種を聞いてきました!

 キャンプ用品

寒い日が続くこの頃。そろそろ防寒グッズを揃える時期ですね。そこで、今回はスーパースポーツゼビオのスタッフに防寒グッズをヒアリングしてきました!この時期持っておきたい、アウトドアでもタウンユースでも使える3種類の防寒グッズとは?この冬を暖かく過ごすために、最後まで必見です!


 目次


おすすめ防寒グッズを聞きにゼビオへ!

   

今回お邪魔したのは、スーパースポーツゼビオ蘇我店。防寒グッズが豊富に揃う、都内近郊の店舗の中でも大型店の1つです。そんな蘇我店で、「寒さを感じるがまだ本格的な冬ではない」、そんな温度調整が難しいこの時期に持っておきたい防寒グッズを聞いてみたいと思います!

   

お話をお伺いしたのは、蘇我店の高石さん。9月には焚き火、10月にはアウトドアアパレルについて、豊富な知識で的確なアドバイスをくれた、hinataでもおなじみの方です。

━━━━日中はまだまだ暖かい日があったり、かと思えば急に冷え込んだりと、温度調整が難しい時期になりました。そんな時期におすすめの防寒グッズを教えていただきたいです!

11月・12月は、「寒いけどダウンジャケットなどの本格アウターを着るほどでもない」という、服装選びが一番難しい時期ですよね。そんな時期に用意しておきたい防寒グッズが、こちらの3種類。

1. フリースジャケット
2. アンダーウェア
3. フードウォ−マー

それぞれ詳しくご紹介していきますね!

着回し力抜群の「フリースジャケット」は必携!

   

まずおすすめしたいのが、着回しに優れているフリースジャケットです。この時期の防寒は、脱ぎ着する前提で服装選びをするのが重要。その点、フリースジャケットは、単体でもおしゃれにキマリますし、簡単に脱いだり、上に一枚羽織ったりと、ミドルレイヤーのウェアとして着回し力抜群なんです!

━━━━たしかに、いろいろなスタイルで着回しができるアイテムが1つあれば、温度調整も簡単ですね!

マムート / ゴブリン ML ジャケット

   

マムートのゴブリン ML ジャケットは、タイトシルエットのボアフリース。裾から袖先にかけてのサイド部分がストレッチ性に優れた切り替え生地になっているので、タイトでありながらも、動きやすさが確保されています。

━━━━厚めの生地ですが、ストレッチがかなり効いているので、動きやすくてびっくりしました!

伸縮性抜群で動きやすさ◎

ゴブリン ML ジャケット を詳しく見る→

コロンビア / アーチャーリッジジャケット

   

コロンビアのアーチャーリッジジャケットは、マムートと同様、タイトシルエットのボアフリース。最大の特徴は、内面に施されたオムニウインドブロックというコロンビア独自の技術。防風性に優れつつも、通気性も確保しているので、冷たい風の侵入を防ぎ、逆に身体の熱や汗は効率的に外へ出すことができるのです。

━━━━防風フィルムが全面に施されているとのことなので着用感が気になっていましたが、実際に着てみるととても柔らかく、着心地抜群です!

防風性◎のあったかフリース

アーチャーリッジジャケット を詳しく見る→

ザ・ノース・フェイス / デナリジャケット

   

ノースフェイスのデナリジャケットは、他に紹介したフリースジャケットとは違い、ルーズなシルエットが特徴。生地も固めになっていて、オールド感が漂う風合いなので、古着やヴィンテージのリバイバルがトレンドになっているファッション界では、かなりホットなスタイルです!

━━━━たしかに街中でもよくリバイバルモデルを見かけます! デナリジャケットは一着でもさまになるので、アウターとしてヘビロテしたいですね!

レトロなシルエットがかっこいい!

デナリジャケット を詳しく見る→

吸湿率で選ぶ「アンダーウェア」

   

アンダーウェアを選ぶ時に重要なのは、吸湿率という指標。冬用のアンダーウェアの多くは、水分を熱に変える吸湿発熱素材を使用しています。しかし、この吸湿発熱素材は、限界まで水分を吸収すると、発熱ができなくなるんです。そうすると、着はじめは快適だったのに、長時間経つと汗でアンダーウェアが湿り、発熱できずにかえって汗冷えの原因になることも。

━━━━なるほど、暖めるために発熱素材のアンダーウェアを着たのに、かえって身体が冷えてしまっては本末転倒です。そうならないために、どこまで水分を吸収できるのかという「吸湿率」が重要になるんですね!

   

吸湿率の観点からおすすめしたいのが、ポールワーズの「エクスプレートアンダーウェア」。発熱性にも吸湿性にも優れており、防寒素材として有名なウールと比較すると、発熱量は約3倍、吸湿率はなんと約6倍にもなるんです!

実際にどの程度発熱するのか、実験してみましょう。

吸湿発熱を実際に体感!

   

エクスプレートに使用している繊維に、普通の水を吹きかけて握っていただくだけの簡単な実験を行います。吸湿発熱の名の通り、水分を吸うことで発熱するエクスプレートの原理を肌で感じることができますよ!

   

━━━━すごい!水に濡らして握っただけなのにじわじわ暖かくなりますね!この素材のアンダーウェアを着ておけば、冬場も安心だということがよく分かります!

実際に体感できると、アンダーウェアの違いもよく理解できますよね。この発熱体験キット、スーパースポーツゼビオの店頭で用意しているので、どなたでも体感できます。アンダーウェアの購入を考えている方は、ぜひ一度店頭に脚を運んで、実際に体感してみてください!

吸湿力に優れた発熱素材を使用!

エクスプレートアンダーウェア を詳しく見る→

様々なスタイルで防寒できる「フードウォーマー」

   

防寒グッズ3つ目は、フードウォーマー。これ、最近じわじわ流行っているのですが、見たはことありますか?

━━━━見たことないですね...どういったアイテムなのでしょう?

   
   

フードウォーマーは、このようにネックウォーマーとフードが合体したアイテムです。フェイスガードが付いているので、フードを被る・脱ぐ、フェイスガードを付ける・脱ぐ、という組み合わせがあり、計4パターンのスタイルで着用できます。自転車に乗る方やスノーボードなどのウィンタースポーツを楽しむ方を中心に、今人気の商品なんです!

━━━━たしかにこれは便利!見たかんじはサイズが大きいイメージでしたが、実際に着用してみると隙間も少なく、しっかり温めてくれますね!

   
   

また、カラー展開が豊富なのも嬉しいポイント。フリース素材を使った異素材モデルも増えていて、機能性・ファッション性も抜かりなしです!店頭でも様々な種類を用意しているので、ぜひ店舗で試着してもらいたいですね。

様々なスタイルで防寒できる!

フードウォーマー を詳しく見る→

まとめ

いかがでしたか?温度調整が難しい11月・12月の防寒グッズ選び。今回紹介したように、使い回しがしやすい防寒グッズなら、1日の気温の変化にも対応できる上に、本格的な冬になっても使えますね!ぜひ、防寒グッズを揃えて快適な冬シーズンを過ごしてください♪

【撮影協力】
スーパースポーツゼビオ アリオ蘇我店
住所:千葉県千葉市中央区川崎町52-7
電話:043-209-2777
営業時間:10:00~21:00
アクセス:
[車] 京葉高速蘇我I.C. 約5分
[電車] JR蘇我駅 徒歩約15分
(ハーバーシティ蘇我 無料巡回バスあり)

お買い得商品やおすすめ商品など満載!

アリオ蘇我店 を詳しく見る→


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪