hinata

>

キャンプ用品

>

アウトドアブランド

>

Whole Earth(ホールアース)

>

知らなきゃ損!ツインポールシェルターがあれば雨でも快適キャンプ!

知らなきゃ損!ツインポールシェルターがあれば雨でも快適キャンプ!

 キャンプ用品

5月から本格的なキャンプシーズンが始まり、すでにキャンプを楽しんでいる方も多いでしょう。しかし、いくらキャンプが好きでも6月の梅雨時はキャンプをすることが億劫になりがち...。雨でも快適にキャンプができるギアがあればいいな、と一度は考えますよね。そこで今回、雨でも快適に過ごせる「ツインポールシェルター」をご紹介します!雨の日でも快適な理由とは?


 目次


雨天時のキャンプは大変...。

   

そもそも山間部で行うことの多いキャンプ、梅雨シーズンには、特に急な雨に襲われる確率が高くなってしまいます。雨の中のキャンプは、荷物の出し入れやテントの出入りをするだけでも大変で、せっかくのキャンプの楽しさも半減してしまいますよね。

そこでおすすめしたいのが、今回ご紹介する「ツインポールシェルター」という形のシェルター幕です!

ツインポールシェルターの魅力って?

魅力1. ツインポールシェルター1つでタープとテントの役割!

   

ツインポールシェルターは、2本のメインポールを使って設営するフロアのないシェルタータイプの幕のこと。2本のポールによって設営するので、幕内を広々と使えるのが大きな魅力です。

リビングスペースとしてだけではなく、インナーテントを取り付ければ寝室としても使用可能。ツインポールシェルターさえあれば、タープとテントの役割を1つの幕で完結させることができるのです!一度設営してしまえば、雨の日でも一切濡れずにキャンプを楽しむことができますよ!

魅力2. 豊富な設営バリエーション

   

タープシェルターはメインポール2本あれば使用可能ですが、サブポールを使うことで、「片面オープン」、「両面オープン」といった形でも設営が可能です。シーンや天候に合わせて設営パターンを変えることができるので、天気の変わりやすい梅雨シーズンにぴったり!

   

小雨程度であれば、「片面オープン」「両面オープン」にして、開放的にキャンプを楽しむことができますし、横風が強い場合は、完全にクローズすれば濡れる心配もありません。また、ポールを立てて設営しているので、移動するにも十分な高さです!

魅力3. ツインポールで設営簡単!たったの3ステップ♪

キャンプをする日が雨だったり、キャンプ場に到着したときに急に雨が降ってきたりすることってありますよね。そんな日に、設営に時間がかかってしまっては、せっかくのキャンプも台無しに...。ツインポールシェルターは、広げるとサイズこそ大きいですが、設営は非常に簡単!たったの3ステップです♪

   

まず、必要なポールは2本だけ!このポールを組み合わせていきます。

   

組み合わせていくと大きな山の形になります!これにガイロープとシェルターを合わせると、、

   

これで、土台となる部分は完成!次は、キャンプスタイルに合わせて、両面オープンにするのか、片面のみのオープンにするのか、フルクローズにするのかを決めてポールを立てるだけ♪

   

今回は、片面のみのオープンにしました!こんな簡単に設営ができるのであれば、雨の日でも苦労にならないです☆しかし、設営が簡単と言っても2人いないと難しいので、協力し合って設営しましょう♪

ツインポールシェルターを選ぶ時の3つのポイント

   

ツインポールシェルターの魅力を知った上で、梅雨シーズンに実際に選ぶ際のポイントは大きく3つ。

①ベンチレーション機能
②耐水圧の高さ
③紫外線カット機能

それぞれ具体的に説明します!

ポイント①ベンチレーション機能

ベンチレーション機能は「換気」のことです。ツインポールシェルターを開いた状態で利用すれば換気の機能は必要ありませんが、閉じた状態で利用する場合、換気なしでは、シェルター内がジメジメしてしまい快適に過ごすことができません!

なので、ツインポールシェルターを選ぶ際は、必ずベンチレーション機能が優れているかどうかをチェックしましょう!

ポイント②耐水圧の高さ

一般的にはフライシートは1,500mm以上の耐水圧があれば十分ですが、雨に降られることが前提の雨キャンプでは、より高い耐水圧の方が安心です。意外と見落としがちですが、ツインポールシェルターを選ぶときも耐水圧は要チェックです!

ポイント③紫外線カット機能

シミやそばかすの原因になる紫外線。快晴の日に比べて、曇りや雨の日は日差しがないので紫外線を気にしなくてもいいと感じてしまいますが、実は曇りや雨の日でも紫外線の量は大きく変わらず、場合によっては曇りの方が紫外線が強いというケースもあるほどです。

そのため、梅雨シーズンこそ、紫外線対策が大事!テントによっては紫外線カット機能が付いているものもあるので、紫外線が気になるという方は特に注意したい機能です。

今回使用したホールアースの「EARTH DELTA NEST SHELTER」は雨キャンプでも快適!

   

今回使用しているホールアースの「EARTH DELTA NEST SHELTER」は、ツインポールシェルターを選ぶポイントにも書いた「ベンチレーション機能」、「耐水圧の高さ」、「紫外線カット機能」がそれぞれハイレベルで備わった、梅雨シーズンに特におすすめのツインポールシェルターなんです。また、差し色になっているブルーの部分はスカートになっており下からの冷気をシャットダウンするので、寒くなりがちな雨の日の就寝も安心!

これで雨キャンプも快適!

アイテムについて詳しく見る →

初心者もツインポールシェルターで快適なキャンプを!

持っているだけで上級キャンパーに見えるツインポールシェルター。今まで雨の中のキャンプを不快に行っていた方も多いのではないでしょうか。初心者にも使いやすいツインポールシェルターは雨の日でも大活躍間違いなしです☆新たなキャンプスタイルを手に入れてみてはいかがでしょうか♪


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪