キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

意外と初心者向け?この夏はSUPに挑戦!まず必要な心づもりとアイテムは?

エルブレス御茶ノ水

湖や川、海でよく見かけるSUP。親子での二人乗りや釣り、ボード上でのヨガなど多様なスタイルで楽しむ姿は、なんとも自由で気持ちよさそう。夏のキャンプでウォーターアクティビティを検討している方、今年はSUPに挑戦してみませんか?道具や服装のハードルが低いのも、初心者におすすめのポイント。今回は公私ともにSUPに慣れ親しむアウトドア専門店「エルブレス」のスタッフが、「これさえ押さえておけば大丈夫!」というSUPの基本をレクチャーします。

湖畔でキャンプ。今、SUPが気になる!

エルブレス御茶ノ水

出典:PIXTA

真夏でも、比較的涼しい湖畔や川辺でのキャンプ。富士五湖では湖に浮かぶ富士山を眺めながらキャンプができたりと、通年人気のスポットです。湖でのアクティビティといえば、スワンや手漕ぎボート、カヤック&カヌーが定番。一方、サーフボードのようなものの上に立って進むスタンドアップパドルボード(Stand Up Paddleboard)=SUPは、今子どもから大人まで、自然やアウトドア好きに注目度の高いアクティビティです。 SUPを始めるには、まず何を準備したらいいのか、フィールドの選び方、服装などについて知るため、アウトドア専門店エルブレス御茶ノ水店(東京都千代田区)へ。プライベートでも頻繁にSUPを楽しむというフィリピン出身のスタッフ、マンザーノさんにSUPのいろはを教えてもらいました。

湖、川、海どこでもできる。基本はフリー

初心者には、湖がおすすめ

エルブレス御茶ノ水

出典:PIXTA

SUPは湖、川、海どこでもフリーで楽しめるウォーターアクティビティ。徒歩や車で入れない場所を水上散策したり、いつもと違う角度から自然を眺められるのも、アウトドア好きを魅了している理由です。湖は、川のように流れが速かったり、海のように波がなく穏やかなので、初心者の方におすすめのフィールド。はじめは、スクールに入ったり、ガイドに依頼して基本的な乗り方や、注意点を教えてもらいましょう。
person icon

マンザーノさん

SUPは波、風、うねりのないところが乗りやすいので、ビギナーには湖をおすすめします。お子さんと一緒でも安心して楽しめますよ。ただ、湖は淡水で海に比べて浮力がないため、落水したときのために、必ずライフジャケットを着用してくださいね。

SUPのボード選びと基本的な乗り方

安定感のあるボードなら30分で立てます

エルブレス御茶ノ水
ボードの上に立ち、パドルを漕いで進むのが基本スタイルのSUP。二人乗りや釣り、SUPヨガまでやる人がいるのでとても簡単に見えますが、実はバランス感覚が必要で、乗っているだけでも体感が鍛えられます。
person icon

マンザーノさん

ボードは幅が狭く(細く)、長さが短くなるほど安定感が悪くなるので、初心者は太く、長いものを選ぶとよりスムーズに立てます。幅の狭い川などでは細い方が乗りやすい場合もありますが、まずは立てないと楽しめません。レンタルなどでも、安定感があるものを選んでみてください。

パドルの長さ調節

エルブレス御茶ノ水
person icon

マンザーノさん

パドルは水面より下に入るので、自分の身長より長めになります。パドルの長さの目安は、まず目一杯伸ばして、前腕がポールにピッタリつくところ。初心者は、ひじを少し曲げて、短めに調節するといいでしょう。

基本的な立ち方

エルブレス御茶ノ水
person icon

マンザーノさん

SUPボードは、後方の裏側にフィンがついていて、フィンに近づくとボードが回転しやすくなり、離れると直進性が上がります。はじめは膝立ちなど低姿勢で漕ぎ出し、スピードが出てきたら、両手をついて、一気に立ち上がります。ハンドルストラップのついている真ん中あたりで、足を肩幅程度に開いて立つとバランスを取りやすいですよ。

ボードの運搬と保管はどうする?

エルブレス御茶ノ水
いきなり相場15万円前後のSUPボードを購入するのは気が引けますが、レンタルなどで練習を重ねたあと、自前のボードが欲しくなるもの。予算はもちろん、気になるのは運搬や保管。長さ約3mものボードを車や電車で運んだり、自宅に保管するのはかなりハードルが高いと思う方もいるのでは。
エルブレス御茶ノ水
person icon

マンザーノさん

エルブレスで取り扱いのあるSUPボードは、インフレータブルのみ。空気で膨らませているので、運搬時は空気を抜いて折りたたみができ、収納ケースに入れてコンパクトに持ち運びできます。
エルブレス御茶ノ水
空気を抜き、折りたたんでしまう状態にするまで10分程度
エルブレス御茶ノ水
(左)ボード、パドル、ポンプ(空気入れ)、フィンをすべて専用の収納ケースに。最近はこれらのセット売りも多い
専用ケースには車輪がついているので、キャリーバッグのように押して運べ、またリュックのように背負えます。
エルブレス御茶ノ水
セットのポンプは車のシガーソケットに差し込むタイプのため、電車移動の方や、駐車場からサイトが離れている場合は手動ポンプ(左)、もしくは充電式ポンプ(右)が必要になります。
person icon

マンザーノさん

私は、車でSUPをしに行くことが多いですが、電車で行くこともあります。都内の川でもSUPできるところがたくさんありますし、身軽に移動できるのも、インフレータブルの大きなメリットですね!

SUPをするときのファッションは?

UV加工のTシャツにハーフパンツでもOK!

エルブレス御茶ノ水
マリンスポーツやウインタースポーツを楽しむには、ボードなどの道具以外にも、ウェットスーツや専用のウェア、ゴーグル、ブーツ、フィンなどそろえるものが多く、初期投資が高額になるケースがほとんど。その点SUPは、ボードとパドル以外に絶対に必要な道具は基本ありません。
エルブレス御茶ノ水
SUP専用のラッシュガード。シュノーケル用などに比べて、横が大きく開いており、動きやすくなっています
ライフジャケットは身につけておくに越したことはありませんが、服装は日よけ対策のためにラッシュガードと帽子、下はハーフパンツやレギンスといったカジュアルなスタイルでOK。他のマリンスポーツに比べ、比較的軽装で楽しめるのも、人気の理由です。
エルブレス御茶ノ水
person icon

マンザーノさん

SUPでは長時間日光を浴びるので、日よけ対策はマストです。ネックガードのある帽子にUV加工のラッシュガードを着用しましょう。以前は体にぴったりとフィットするタイプのものが多かったですが、最近ではダボっとした普段着のTシャツのようなラッシュガードもあります。女性はフードつきのもの、下はレギンスを合わせるなど、人によっていろいろなスタイルが楽しめますよ。

この夏はSUPを楽しもう!

エルブレス御茶ノ水

出典:PIXTA

道具や服装の面からも、初心者がエントリーしやすいSUP。湖、川、海でキャンプをする際のアクティビティとして、ぜひ夏にチャレンジしてみてはいかがでしょう。
【基本情報】 住所:東京都 千代田区 神田小川町3-4 ヴィクトリア御茶ノ水本店内 電話番号:03-3233-3555 営業時間:11:00〜20:00(日・祝は〜19:30) 詳細はこちら:エルブレス御茶ノ水店 Instagramはこちら:@lbreath_ochanomizu
 最終更新日: