キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【この春"買い"なバッグ特集】手ぶら感覚で持てるミニバッグが欲しい!

ミニバッグの集合写真

どうしても荷物が増えがちなキャンプ。お手洗いや歯磨きなど、貴重品だけを持ってちょっとテントを離れたいタイミングに役立つのが、ウエストポーチやサコッシュなどのミニバッグです。大きなバッグの中では迷子になりがちな財布やスマホも、使いたいときにすぐ取り出せて便利。ファッションのアクセントとして街でも人気のミニバッグから、狙い目の新作を紹介します!

街でもアウトドアでも、あるとうれしいミニバッグ

子どもがミニバッグを持っている様子
うっかりポケットのない洋服でキャンプに行ってしまい、不便な思いをした経験があるひとも多いのではないでしょうか。暖かくなるこれからの季節は日中上着を脱ぐことも多いので、「財布をアウターのポケットに入れたままテント内に置き忘れる」というハプニングも起こりがちです。街中でも、ちょっと近くのコンビニまで買い物に行く時は貴重品だけ手に持って行くスタイルの人は多いはず。 そんな人におすすめしたいのが、肩掛けで持てるミニバッグ。ポケットがなくても貴重品を携帯でき、両手が空くので手ぶら派も違和感なく取り入れやすいです。子どもと一緒に外出する際に、手を拭くタオルやちょっとしたおもちゃを、無くさないように自分で持ってもらうのにも使えます。

最旬ミニバッグはコロンとした丸いヤツ

「和」×「アウトドア」のギャップが新鮮、巾着タイプ

巾着バッグを持つ女性
昨年頃から世界中で注目されているバッグのデザインが「巾着型」。ジルサンダーやメゾンマルジェラなどのラグジュアリーブランドが、コレクションで巾着型バッグを含む和テイストのアイテムを発表したのをきっかけに、数々のバッグブランドが後を追うように巾着バッグをリリースしています。 アウトドアアパレル界も例外ではなく、巾着タイプやそれに似た丸いフォルムのバッグが続々と登場。コロンとした形がかわいらしく、女性が初めてアウトドアブランドのアイテムを取り入れる入門アイテムとしてもおすすめです。

OUTDOOR PRODUCTS:MIRAMAR/ENCANT

アウトドアプロダクツの巾着バッグ
【写真左】OUTDOOR PRODUCTS MIRAMAR 手持ちとショルダー、どちらでも使える2WAYタイプ。光沢感のあるナイロン素材に、底面のパイピングがさりげないアクセントになっていて上品です。マチが広めで自立するのもうれしいポイント。見た目以上に収納力があって頼れます。 【基本情報】 サイズ:17×24×17cm 価格:6,900円(税別) 【写真右】OUTDOOR PRODUCTS ENCANT こちらも手持ちのほか、付属の幅広ショルダーストラップを装着すれば肩掛けで使用可能。マチがないタイプなので、バッグの上からアウターを羽織っても着ぶくれしません。前面にポケット付きなので、ちょっとした小物を収納しておくのにも便利です。 【基本情報】 サイズ:29×33×1cm 価格:5,900円(税別) 公式サイトはこちら:アウトドアプロダクツ

コロンビア ティンカーズパークアウトドライミニショルダー

コロンビア バッグ
コロンビア独自の防水透湿テクノロジー「アウトドライ」を採用した完全防水のミニショルダー。川や海など、水辺でのアクティビティが増えるこれからの時期にひとつ持っておくと安心です。ショルダーストラップは取り外し可能で、濡らしたくないものを入れておくインナーパックとしても活躍する優れもの。 【基本情報】 サイズ:28×27×17cm 価格:4,500円(税別) 公式サイトはこちら:コロンビアスポーツウェアジャパン

アウトドアシーンでの使い勝手抜群、流行に流されないウエストバッグ

子どもが持ったウエストポーチ
貴重品入れとして、老若男女問わず人気のウエストバッグ。体に密着するのでアクティブに動きまわるアウトドアシーンでも邪魔にならず、多くのブランドが発売しているためデザインの選択肢も豊富です。親が昔使っていたお下がりをそのまま使っている人もいるほど、トレンドに左右されない定番人気のバッグなので、一度お気に入りを見つければ長く愛用できます。 唯一、時代で変化しているのがバッグの持ち方。昔は「ウエストバッグ」の名の通り、ベルトのようにウエストに巻くのが定番でしたが、今はショルダーバッグとして斜め掛けに持つのが主流です。

アンドワンダー sil ウエストバッグ/MEI ARCHIVE BOTTOMLINE

ウエストバッグ2種
【写真左】アンドワンダー sil ウエストバッグ シリコンでコーティングされた薄手のコーデュラナイロン素材を使用することで、独特の透け感がある繊細な見た目と、引き裂きと水に強いという機能性を両立。長時間着用していてもノーストレスな軽さも魅力です。 【基本情報】 サイズ:30×11×8cm 価格:9,000円(税別) 公式サイトはこちら:アンドワンダー 【写真右】MEI ARCHIVE BOTTOMLINE 2021年春夏よりスタートした新ラインで、クラシックな見た目が特徴です。シンプルで飽きのこないデザインながら、素材にはリサイクルポリエステルを使用するなど、今年らしいサステナブルな一品。 【基本情報】 サイズ:36×13×7.5cm 価格:3,300円 公式サイトはこちら:MEI/スタンレーインターナショナル

パタゴニア Ultralight Black Hole Mini Hip Pack

パタゴニアのヒップバッグ
パッキングしたバッグ
バッグ本体からストラップまで、リサイクル素材を100%使用。貴重品だけを持ち歩くのにちょうどいい、両手にすっぽり収まるサイズ感です。内ポケットが収納袋になっているので、使わない時はバッグを裏返して袋に入れれば小さく収納できて便利。旅行やキャンプのサブバッグとして活躍してくれます。 【基本情報】 サイズ:13×21×6cm 価格:3,800円(税別) 公式サイトはこちら:パタゴニア公式

その他気になる、個性豊かなミニバッグたち

F/CE ダイニーマポシェット/チャムス スプリングデールサコッシュ/BACH アクセサリーバッグM

サコッシュなどのミニバッグ
【写真左】F/CE.ダイニーマポシェット 独特な存在感を放つフィルム状の生地は、強度と耐久性の高い「ダイニーマ素材」をラミネート加工したブランド独自のもの。肩にかけた時の負担を軽減するため、ショルダーのマウンテンロープは中の芯を柔らかくしてあります。定番人気のホワイトカラーに加え、今年は新たにブラックが仲間入り。 【基本情報】 サイズ:19×15×8cm 価格:11,000円(税別) 公式サイトはこちら:F/CE./ルート 【写真中央】チャムス スプリングデールサコッシュ チャムスが生まれたアメリカ・ユタ州にある「スプリングデール」という街の名前を由来にしたシリーズ。軽量で丈夫なことに加え、小物を分けて収納できるようにポケットがたくさんついているのが魅力。カラフルでかわいい見た目は、フェスなどで身につければ気分が上がります。 【基本情報】 サイズ:18×20cm 価格:2900円(税別) 公式サイトはこちら:チャムス 【写真右】BACH アクセサリーバッグM 貴重品の他、アメニティグッズ収納やモバイルケースとしても使いやすいサイズ感。中にはジップ付きのメッシュポケットが搭載されています。素材は丈夫なコーデュラナイロンで、アウトドアでも安心して使えるタフさです。 【基本情報】 サイズ:21.5×15×8cm 価格:4.800円(税別) 公式サイトはこちら:BACH/バーリオ

「ちょっとそこまで」も、お気に入りのバッグでテンションを上げよう

「バッグを持って外に出る」というだけで、お出かけ気分が何となく増すものです。どんどん春めく日差しの中、ちょっと近所まで散歩をする時も、もちろんがっつりアウトドアを楽しむ時も、ミニバッグがあれば身も心も軽やか。この春もどんどん外に出て、アウトドアを満喫しましょう!
series top img

アウトドアのお供に欠かせないアクティブ仕様のバッグ。サイズや形、デザインetc…。あなたはどんな基準で毎日の相棒を選びますか?数あるバッグブランドの中から、2021年注目の新作バッグを紹介。

記事一覧へ
 最終更新日:

あわせて読みたい記事