DODが巨大シェルター「ロクロクベース2」を発売!家族やグループで開放的なキャンプを実現!

 キャンプ用品

出典:DOD

人気アウトドアブランドDODから、グループキャンプや家族キャンプに最適な6m四方の巨大シェルター「ロクロクベース2」が新発売されました。前モデルである「ロクロクベース」からカラー展開も増え、サイドドアの形状変更やメッシュ部分の面積が増えるなど、さらに快適に使いやすく改良されています。


 目次


6m×6mの巨大シェルター「ロクロクベース」がさらに進化!

正方形で扱いやすい6m×6mの快適大型シェルターテント「ロクロクベース」が、さらに進化して「ロクロクベース2」として登場しました。

巨大シェルターの魅力

ロクロクベース2 フルオープン時

出典:DOD

とにかく魅力なのはその広さ!21畳という一般的な住宅のリビングよりもかなり広いスペースを確保できます。特に6m×6mという正方形サイズなので使いやすさも抜群。

昼間はフルオープンにしてタープのように使ってキャンプならではの外とのつながりを楽しみ、夜はフルクローズにして仲間や家族同士だけの空間にして楽しめます。高さも一番高いところで2.5mあるので、かがむことなしに歩き回ることができ、開放感も十分です。

ロクロクベース2 フルクローズしても広々

出典:DOD

テーブルやテントなどのすべてのギアを入れて過ごすカンガルースタイルの使い方もおすすめ。フルクローズしても圧迫感がなく、まるで自宅にいるかのように自由にゆったり過ごせます。晴れた日はもちろん、雨の日のキャンプでさえ存分に楽しみにかわります。

ロクロクベース2 配置図

出典:DOD

大きなシェルターの場合、設営や収納に不安を感じる人も多いですが、このロクロクベース2は、構造がシンプルなため、組み立てや撤収もコツをつかめば簡単。四隅にペグを打ち、ポールを6本立てた後に補強用のペグを打つだけです。

大きすぎて扱えないことがないよう、天井は一般的なタープと同じサイズに設計し、ロープを張った状態で10m×10mの一般的な区画サイトに収まるように考えられています。

ロクロクベース2の改良された点とは!?

前モデルから、そのサイズ感はそのままに、さまざまな部位を改良し、さらに快適な「ロクロクベース2」が誕生しました。その改良されたポイントを見ていきます。

メッシュ部分の増大でさらに開放的に!

ロクロクベース2 メッシュ部分が増大

出典:DOD

改良の一番のポイントは、メッシュ部分の面積が大幅アップしたこと。ドア部分がすべてメッシュになるので、風通しもよくなり、外とのつながりもより一層楽しめるようになりました。

サイドドアの形状が変化し、出入りしやすく!

これまでのロールアップしてあける形から、真ん中が開く観音開きのドアに進化。簡単に出入りできるようになり、ファミリーキャンプでもより使いやすくなりました。

さらにコンパクト&軽量化!

コンパクト化したシェルター

大きいと、扱いづらかったり、収納や持ち運びに困るという心配も無用。前モデルからさらにコンパクト化、軽量化され、より取り扱いやすくなりました。

カラー展開も2種類に!

ロクロクベース2 ライトグレー色

出典:DOD公式

前モデルはブラウン系のタンのみでしたが、今回は新色ライトグレーも登場!DODでは少し珍しい明るくスタイリッシュなカラーです。手持ちのキャンプアイテムのイメージに合わせやすくなりました。

ロクロクベース2 ブラウン

出典:DOD

【基本情報】
商品名:ロクロクベース2
カラー展開: ブラウン、ライトグレー
使用サイズ:約600×600×250cm
収納サイズ:約73×35×35cm
重さ:約19.5kg
販売価格:88,000円(税込)

ロクロクベース2で、もっと自由なキャンプを!

ロクロクベース2でグループキャンプ

出典:DODジャーナル

メッシュ部分が増え、さらに快適になった大型シェルターのロクロクベース2!家族でプライベート空間を楽しむのはもちろん、グループキャンプの宴会場としても大活躍。ときには家族で自宅のようにくつろぎ、ときには開放的にみんなでわいわいと楽しみながら、キャンプの思い出を増やせます。

ロクロクベースの詳細はこちら▽

DOD STOREを見る→

キャンプ用品レンタルショップ キャンプ場に配送で手ぶらキャンプ

あわせて読みたい記事


新着記事

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪