キャンプなどのアウトドアで大活躍するNV200バネットの魅力!

 おでかけ

車

出典:Michael/ flickr

キャンプをするときの必須アイテムといえば「車」です。ファミリーでキャンプするときには子どもたちが窮屈な思いをしないためにも大きめの車が欲しくなりますよね。そこで、今回は日産のNV200バネットをご紹介していきます。アウトドアにおけるバネットのポテンシャルをぜひ確認してくださいね!


 目次


NV200バネットってどういう車?

青い車    

出典:Kārlis Dambrāns / flickr

NV200バネットは日産から販売されているミニバンです。2名、5名、7名乗りに対応しており、走行性能や積載性能などを高めてあります。もともと商用向けに販売されている車で、主に営業車、タクシー車両としても利用されています。最近では、その積載能力からキャンプ用の車として注目されるようになってきているのです。なぜ、ここまで人気になったのでしょうか。

ソロキャンからファミキャンまで幅広く対応

ソロキャン(一人キャンプ)では自分のこだわりのアイテムを好きなだけバネットに載せて行くことができます。それだけでなく、車中泊をするのにも苦労しません。また、ファミキャン(ファミリーキャンプ)なら、家族を乗せて荷物を積んでも不満は感じないでしょう。それだけでなく、後部座席シートを畳めば広大な収納スペースが確保できるのも魅力です。

山道でも困らない4WD

坂の多い山道や舗装されていない悪路ではバネットの4WDの恩恵を感じることになるでしょう。荷物や人を満載しての山道でもスイスイと進むことができるため、ストレスを感じずに目的地にたどり着くことができます。

車中泊にも余裕で対応!

フロアパネルを引くことでフラットな床を実現し、そこに布団を敷けば快適に車中泊をすることもできるでしょう。せっかく寝る場所が汚いとゆっくり休むこともできませんが、フロアパネルなら掃除やお手入れもラクラクですし、取り付けや取り外しが簡単ですよ。

NV200バネットは本格的なキャンピンカーにもできる!

車の中    

出典:TAKA@P.P.R.S/ flickr

キャンピングカーは高くてとても手が出ないと考えている人も少なくありません。しかし、バネットをベースにすれば夢のキャンピングカーオーナーになることも可能なのです!方法はいくつかあり、スタイリッシュな居住空間を作れるバンコンやキャブコンであったり、自分で自作したりするのも良いでしょう。

NV200バネットをベースにしたキャブコン

キャブコンというのは「キャブコンバージョン」という意味で、一般的に住居空間をトラックの荷台に載せたものを呼びます。キャンピングカーの製造・販売の専門店AtoZでは、バネットをベースにしたキャブコンが販売されていますよ。

ALPHAシリーズは大人2人と子ども3人が寝泊まりできるスペースと快適なリビング空間が魅力で、価格は380万円~となっています。

NV200バネットをベースにしたバンコン

バンコンというのは「バンコンバージョン」という意味で、キャブコンのように外付けするタイプではなく、もともとの車内スペースを活用して作るキャンピングカーのことです。日本では一番人気のタイプがこちらで、必要なときだけキャンピングカーとして活用できる柔軟性も魅力の1つです。

キャンピングカー専門店のトイファイクトリーからは「エコロ(ecoro)」が販売されています。ポップアップルーフこそついていないものの、必要最低限の居住空間を確保できます。価格も267万円~とキャブコンよりもお手頃です。

車中泊を前提にしたNV200バネットも!

日産は最初から車中泊を前提とした「マルチベッドワゴン」モデルも販売しています。5人乗りの2列シートを採用、レジャーやアウトドア向けに作られたモデルで、専用のベッドシステムとフロアパネルがついてきます。大人2人までが快適に眠ることができる仕様になっています。

また、オプションでテーブルを追加することもできるので、車内でゆっくり食事をとるといったこともできますよ。

ポップアップルーフをつければより本格的に!

車中泊をするにしても「荷物が多すぎて横になるスペースを確保できない」「複数人で寝泊まりしたい」という場合はポップアップルーフを検討してみてはいかがでしょうか。ポップアップルーフは車のルーフ上にベッドを取り付けるタイプのものです。

地上から離れているため、夏は夜の景色を満喫しながら涼しく快適に眠れますよ。また、子どもがワクワクするアイテムでもあります。

そのほか、便利なおすすめツール

<間仕切りカーテン>
就寝スペースを外から見えないようにするためのものです。突っ張り棒と布があれば簡単に自作することも可能です。

<車載インバーター>
シガーソケットから電源を確保できるインバーターをつければ、スマホやカメラの充電はもちろん、ノートPCなどのデジタル機器を車内で充電・使用することができます。

<ポータブルクーラー>
いくら暑いからといって、キャンプ場で車中泊のアイドリングはマナー違反です。どうしてもエアコンを使いたいのであれば、ポータブルクーラーを自作しましょう。クーラーボックスにUSBファン、保冷剤とアルミシート、クーラーキャップ、モバイルバッテリーがあれば作ることができますよ。

まとめ

バネットは「人も荷物もたっぷり乗せてキャンプをしたい」という人にはとてもおすすめな車だということがわかったと思います。そのままでも十分にキャンプに使える車ですが、キャンピングカー仕様にする方法がいくつかあるというのも魅力です。バネットで快適なキャンプライフを送ってみてはいかがでしょうか。


あわせて読みたい記事


新着記事

関連するキーワード

キャンプスタイル

おすすめのキーワード

hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪