hinata

>

キャンプ用品

>

チェア

>

ベンチ

>

アレンジでおしゃれ度倍増!キャプテンスタッグの鹿ベンチは今季マストバイ!

アレンジでおしゃれ度倍増!キャプテンスタッグの鹿ベンチは今季マストバイ!

 キャンプ用品

キャプテンスタッグの鹿ベンチ

出典:キャプテンスタッグ

キャンパーさんなら一度は聞いたことがあるであろう「鹿ベンチ」。これは、キャプテンスタッグのベンチがロゴマークの鹿であることから「鹿ベンチ」と呼ばれているんです。今回は、そんなおしゃれで人気がある「鹿ベンチ」の、簡単なアレンジの種類や方法をご紹介します!


 目次


おしゃれキャンパーに大人気の「鹿ベンチ」♪

鹿ベンチはシンプルで値段もお手頃なので、多くのキャンパーから愛用されています。最近ではキャプテンスタッグから、着せ替えカバーなども発売されているほど。カラーバリエーションが豊富で、鹿ベンチをより楽しむことができるようになりました。
鹿ベンチとはどんなアイテムなのか見てみましょう!

サイズなど基本情報を確認!

使用サイズ:1,040×560×高さ665mm
収納サイズ:1,040×640×厚さ85mm
重量:4kg
材質
・構造部材  アルミニウム(表面加工/アルマイト)
・張り材   ポリエステル
・ひじ掛け部 天然木
耐荷重:140kg(片側70kg)

鹿ベンチを使っておしゃれキャンプ!

シンプルイズザベスト!そのままでもかっこいい

鹿ベンチは迷彩柄を除いてワントーンの布が使われているので、シンプルさを求めるなら、それほどカスタムする必要は無いかもしれません。そのままならお手入れも簡単ですし、座面の取り替えを行う際の縫製ミスで、壊れてしまうようなこともありませんので、安心して使うことができます。ナチュラルカラーなので汚れが目立ちにくいのもポイント。おしゃれな布にすると、汚れが気になってしまいますが、元々の布なら多少の汚れはそれほど気になりません。

ブランケットで簡単にアレンジ!

Koichi Usuiさん(@n240180)が投稿した写真 -

とりあえず見た目を変えてみたいなら、市販のブランケットを利用してみましょう。こちらの写真はペンドルトンのブランケットを使ったコーディネイト。ペンドルトンのブランケットは、おしゃれでアウトドアにもお部屋のインテリアにもマッチするので、鹿ベンチ愛好家の間で人気があります。ブランケットを購入してかぶせるだけでOKなので、簡単に試せるのもポイント。

ajiiko01さん(@ajiiko0)が投稿した写真 -

ファーブランケットをかぶせれば簡単に座り心地をよくすることができます。鹿ベンチは金属のパイプと布1枚だけで作られているので、座り心地があまり良くありません…。クッションだけを乗せても良いのですが、ファーブランケットを追加することで、よりおしゃれに、そして暖かさと座り心地を良くすることができます。

@kanami_kaakoが投稿した写真 -

ブランケットは全体にかぶせるのも良いのですが、こちらの写真のように背もたれ部分にだけかぶせるのもおすすめです。この方法なら小さめのブランケットでも鹿ベンチのイメージを変えられますし、背中に当たるパイプの感触を和らげられるので、座り心地も良くなります。座面部分がノーマルのままだと、ブランケットのデザインを合わせるのが難しくなるので、薄手のクッションを組み合わせたり、ラグを追加しても良いでしょう。

本格的に自分流にアレンジしよう!

カバーを自作!迷彩柄よりももっとかっこよくできる!?

鹿ベンチのカスタムでは、カバーを自作する方もいらっしゃいます。こちらはポップなデザインのイラストが、目を引くカバー。材料には薄くて破れにくいタイベックシートが使われているので、鹿ベンチの質感をそのままにイメージを変えることに成功しています。

小物入れがセットになったカバーです。アウトドアだと小物類の置き場所に困ることが多いので、こんな風に椅子に小物を収納できると便利で良いですね。

こちらのカバーは厚手のキルティング加工が施された生地を使っているので、座り心地がとても良さそうです。見た目もキルティングのおかげで柔らかい印象に変わっており、元が鹿ベンチだとは思えません。撥水加工もされているので、濡れても安心なのが嬉しいですね。

【生地着せ替え】帆布

こちらは帆布を使った生地の張り替えになります。このカラーリングだとスノーピークのガスボンベと同じなので、スノーピーク製品と合わせて使うとデザインが統一できて良いですね。しかし、材料は帆布なので、縫うのが少し大変という面も。

【生地着せ替え】レザー

こちらはなんと皮を使った張り替え。背面にハトメがあるので道具をぶら下げられて便利そうです。皮だと質感が一気に変化するので、雰囲気が全く別になりますね。レザーの質感がアウトドアに良く似合っていて素敵です。

【生地着せ替え】タープ生地

ストライプ柄でポップなイメージの張り替えですが、材料にはなんとタープを利用。タープなら伸びにくいですし、汚れもつきにくく、落としやすいのでアウトドア用ならぴったりかもしれませんね。

自作カバーの作り方は?

ここまでどんな自作カバーがあるのか、ここまで紹介しました。では一体どうやって作るのか?
詳しくは下記をチェック!▼
ファミリーキャンパー6年生

オーダーメイドでおしゃれにしてくれる!?

SOTOLABO

こちらはSOTOLABOで販売されているオリジナルの張り替えファブリックです。カラーが7種類から選択できるので、好みに合わせて選ぶことができます。

BALLISTICS

ファブリック部分と肘置きがオリジナルになっている製品です。プリントを追加することができるので、自分でロゴマークを考えてみるのもおすすめ。BALLISTICSのショップロゴを入れて、自分のお店で使うのも良いかもしれません。

Hanpty Deco

Hanpty Decoは、お手頃価格で張り替え用のファブリックが購入できるお店です。シンプルなカラーの布が使われているので、どんな場所でもマッチし、使いどころを選びません。

皆さんがチャレンジしてみたいアレンジは?

@campingoutdoorchairsが投稿した写真 -

鹿ベンチのカスタムは色々な方法があるので、好みや作業にかかる時間に合わせて自由に選ぶことが出来ます。DIYがお好きな方なら、原型がわからないぐらいカスタムすることもできますので、こだわりの鹿ベンチをつくりあげみてはいかがでしょうか?もちろん適当な布をかぶせるだけでも十分おしゃれで、カバーの下にクッションを敷くだけでも快適さが増します。キャンプ用のおしゃれなベンチを探しているという方は、キャプテンスタッグのベンチを手に入れてみると良いでしょう。

その他のベンチおすすめ3選

まとめ

キャンプ用品はどうしても地味なものが多いのですが、鹿ベンチのように簡単にカスタムできるものもあります。カスタム次第では室内で使っても違和感が無いようにすることもできるので、何処でも使えるベンチが欲しいという方は鹿ベンチをカスタムしてみてはいかがでしょうか?


あわせて読みたい記事


関連する記事


新着記事

hinata ライター募集
hinata ライター一覧はこちら

  • LINE@ 友だち追加! 新商品や役立ちワザ、最新のアウトドアスポットまで毎日hinataから厳選した情報をお届けします。
  • テントのレンタル開始
  • hinata trunk banner
TOPへ
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪