待望のスノーピーク2017年新作情報第1弾!グラマラスなキャンプシーンを演出する「アイボリーライン」をチェック◎

hinata

>

キャンプ

>

アウトドアブランド

>

スノーピーク

>

待望のスノーピーク2017年新作情報第1弾!グラマラスなキャンプシーンを演出する「アイボリーライン」をチェック◎

待望のスノーピーク2017年新作情報第1弾!グラマラスなキャンプシーンを演出する「アイボリーライン」をチェック◎

 キャンプ

出典:スノーピーク

「人生に、野遊びを。」のキャッチフレーズで、キャンプ初心者から上級者まで支持を集めているスノーピーク。そんなスノーピークが待ちに待った新作情報をついに発表!注目の新作の中から、今回は人気アイテムを新色としてリニューアルした「アイボリーライン」について紹介します☆


 目次


スノーピークの超人気アイテムがカラーを変えてリニューアル!

   

出典:スノーピーク

スノーピークの2017年新作アイテムが、先日12/10に公式より発表されました。数多くの新作が発表されたのですが、その中でも一足早く2016年の12/17に発売されるのが今回紹介する「アイボリーライン」。スノーピークのキャンプギアの中でも、ハイスペックで絶大な支持を集める「ドックドームPro」「HDタープヘキサエヴォ」「ランドステーションL」の3アイテムが、上品で温かみのあるキャンプシーンを演出できるアイボリーカラーとなってリニューアルされました◎
それぞれのアイテムの魅力と、従来品との違いを一つずつ見てみましょう♪

ドックドーム Pro.6 アイボリー

   

出典:スノーピーク

キャンパー憧れのスノーピークのファミリーテント「ドックドーム Pro.6」。アウトドアに慣れたキャンパー向けのテントとして、ハイスペックな機能性・快適性が詰まった6人用のテントです。従来品との違いはカラーの変更に伴って「ルーフシート」が標準装備であること!アイボリーカラーは日差しを透過しやすくテント内が暑くなってしまいそうですが、ルーフシートがあることでその心配はいりません!また、それによって骨組みが隠れるのでよりスッキリとした見た目になるのもポイント☆

シェルターとしてもテントとしても!

   

出典:スノーピーク

(画像はドックドームPro.6)

「ドックドーム Pro.6」の一番の特徴は、アウトフレーム構造を採用したことによってシェルターとしても使用できるという点。一般的なテントはインナーテントにポールを差し込んで自立させ、その上にフライシートをかぶせるというもの。ですが「ドックドーム Pro.6」は反対にフライシートが単体で自立し、インナーテントの取り外しが可能なつくりになっています◎

テントとしてだけでなく、土足のまま快適な時間を過ごせるシェルターとしても使えるのは魅力的ですよね♪

計算された快適な室内空間

   

出典:スノーピーク

(画像はドックドームPro.6)

スノーピークのテントの最大の特徴は、空気の流れを計算し尽くした流線的な形状です。それにより風の影響を受けにくく、快適な室内空間をつくり出しています。
さらに大型のメッシュパネルにより、テント内の快適な空間にいながら自然と一体になったような開放感を味わうことができます♪

   

出典:スノーピーク

インナーテントサイズ:300×300×155(h)cm
キャリーバッグサイズ:70×32×28(h)cm
重量:13.5kg
価格:159,000円(税別)
購入はこちら

HDタープ ヘキサエヴォ Pro. アイボリー

   

出典:スノーピーク

大胆で斬新なフォルムが特徴の「HDタープ ヘキサエヴォ Pro. 」のアイボリーカラー。ブラウンカラーであった従来品よりも、爽やかでグラマラスな印象のタープです☆スペック面の従来品との違いは「インナールーフ」が付属していること。ドックドーム同様、日差しを通しやすいアイボリーカラーなので、内側にもう一枚天井の役割を果たすルーフを装着して遮光性を維持しています。またタープ本体の耐水圧も3000mmから1800mmに減少していますが、通常の雨程度なら水がしみてくる心配はありません。(ちなみに、一般的な傘の耐水圧は500mm程度)

レクタとヘキサのいいとこ取りをしたタープ!

   

出典:スノーピーク

「HDタープ ヘキサエヴォ Pro. アイボリー」は、レクタタープのように広々とした内部空間を確保しながら、ヘキサタープのようにポール2本から設営できるという優れもの。必要なポールの本数が少ないので、「大人数で使いたい!」「でも気軽に持ち運んで設営したい!」という欲張りなあなたにもオススメのタープです♪

こだわりのシェイプでテントとの相性抜群☆

   

出典:スノーピーク

(画像はHDタープ“シールド”ヘキサエヴォPro.)

ただ2本のポールで立っているからすごい、というだけではありません。通常のヘキサタープではデッドスペースとなってしまうロープとポールの隙間が広がり、その独特の形状によって様々なテントと自然な形で連結することができるんです♪自分のお気に入りのスノーピークのテントと組み合わせて、広々としたアウトドアリビングを手に入れましょう!もちろん、先ほど紹介したドックドームPro.6とも連結できます◎

   

出典:スノーピーク

キャリーバッグサイズ:80×20×20(h)cm
重量:5.3kg
価格:49,800円(税別)
購入はこちら

ランドステーション L アイボリー

   

出典:スノーピーク

ランドステーション L アイボリーは、折り紙のように自由自在に形を変えることで多彩な空間を生み出せる次世代のタープ。従来品との違いはHDタープヘキサエヴォと同様で、「インナールーフ」が付属しているので、日差しの心配もいりません。アイボリーカラーになったことで、より軽やかで優雅な印象に変身しました♪

自分好みの空間がつくれる変幻自在なタープ☆

   

Instagram (@sruizsuaki)

(画像はランドステーションL)

こんな風に、シチェーションに合わせて様々な形に変化できるのがランドステーションの最大の特徴です!四方に開けた開放的なタープとして使うだけじゃなく、日差しと雨を防げる少し閉じた空間を作ってあげることも。もしくは、開放的な空間とプライバシーを守れる空間を両立させることもできちゃいます♪

   

Instagram (@taki1982)

(画像はランドステーションL)

これからの寒い時期の冬キャンプなら、中にインナーテントを入れて2ルームシェルターにすることで、1つのストーブで温めやすくなります◎また、ポール脇にベンチレーションが完備されているので風の通り道も生み出してくれています。集まった人数や、その日の天気、どんなキャンプをしたいかなど、どんなシチュエーションにも対応してくれるランドステーション。これがあればキャンプが一段と楽しくなりそうですね♪

   

出典:スノーピーク

キャリーバッグサイズ:76×28×33(h)cm
重量:8.9kg
価格:95,500円(税別)
購入はこちら

まとめ

   

出典:スノーピーク

スノーピークの2017年の新作「アイボリーライン」を見てきました。とても魅力的なカラーで、これからのキャンプシーンで見ない日はなくなるかもしれません☆
また、今回紹介した「アイボリーライン」の他にも、2017年4月に発売予定の「Pro.airライン」や、小物の新作がたくさんあります!実物にお目にかかれる日が待ち遠しいですね♪

軽さと快適性を兼ね備えた、完全新作を含む4アイテム「Pro.airライン」の詳細はこちら☆

公式HPはこちら


あわせて読みたい記事



新着記事

  • hinata trunk banner

  • テントのレンタル開始
  • hinata item mall
  • レンタカー予約が15%OFF
  • hinata trunk banner
hinataアプリで、アイデア集をいつも手元 トレンドや最新情報を毎日配信!
気になった記事やあとから読みたい記事を保存して、いつでも手元に!
さらにみんなのキャンプ写真からアイデアやヒントをゲットしよう♪