キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

都心から60分!広々ドッグランの森のまきばオートキャンプ場へ犬連れキャンプブロガーがいく!

森のまきばオートキャンプ場のキャンプサイト

千葉県の房総半島に位置する「森のまきばオートキャンプ場」へ犬たちと一緒にお邪魔してきました。都心から近いことで人気なキャンプ場です。都心からなんと1時間という近さ!天気がよかったのでドッグランへ!電源サイトもあり初心者さんにもおすすめです。

森のまきばきオートキャンプ場!通称「森まき」

【基本情報】 住所:千葉県袖ヶ浦市林562-1-3 電話:0438-75-2966 営業期間:通年営業(年末年始休業) アクセス:JR内房線姉ヶ崎駅下車、タクシーで約20分 公式サイトはこちら:森のまきばオートキャンプ場
【施設】  フロント受付 / 炊事場 (5カ所・蛇口50カ所) / かまど(5カ所) / トイレ (31コ) / シャワー(8基) / ランドリー (2コ) / 自動販売機(2コ) 【予約の注意】 3家族(3サイト)以上の団体、家族以外のグループ(6人以上)まで。別々での予約による(3サイト以上)キャンプ場での合流も禁止です。 
【レンタル】 タープ:2,100円 テーブル:1,280円 イス:320円 コンロセット(大):1,600円 コンロセット(小):1,050円 鉄板:540円 ランタン(電池式):1,280円 マット:300円 シュラフ:540円 鍋:大500円・中400円・小300円 やかん:500円 その他調理用品円:200~ ※コンロセット以外はデイキャンプは半額になります。  【使用料金】 AC電源:1,050円 シャワー(5分):300円 マウンテンバイク(30分):300円・自転車(30分)150円 【販売】 炭(2kg):500円 炭(3kg):720円 薪:500円

近郊とは思えない広さの場内はフリーサイト!

森まきのいいところは、何といってもこの広さです!!電源サイト以外はすべてフリーサイトなので広々好きなとこに張ることができます!周りに高い建物がないため空も広くて高いので解放感抜群です!草原に吹く風が気持ちがいいですが、たまに午後から風の通り道となり強風が吹くことがあります。テントのガイロープはしっかりと張りましょう。広さに対して平らな所が限られているのと、場所によっては炊事棟・トイレまで遠くなるのでサイト選びは慎重に!

犬連れキャンパーにうれしい大きなドッグラン!

森まきのドッグランはとにかく広い!!私が行ったキャンプ場の中でもトップクラスじゃないでしょうか?緩やかな斜面で芝と土のランは走るのも脚に負担がかからず、安心です。我が家のシニア犬たちも広さと走りやすさに加え、通い慣れているというのもプラスされ森まきのランが大好きです。 一般的なキャンプ場にあるドッグランの広さだと、大型犬はトップスピードに乗るころには柵!ということがよくありますが、森まきのドッグランはおもいっきりトップスピードで走ることができます。

安心してください!小型犬エリアと中・大型犬エリアに分かれています。

こちらが小型犬エリア!大満足な広さです。気を付けなければならないのが、ドッグランはネットで囲まれています。たまに破れていたり、下がしっかり止っていなくて出れそうな場所もあります。そのことにワンコが気付かなければいいのですが・・・。気を付けてくださいね!

犬たちは遊び疲れてコットでのんびり。

ドッグランがあると犬たちもいっぱい遊べて助かります。ポカポカな陽気に誘われてこの後みんなお昼寝していました。外が好きでも、やはり普段と違う場所は気を使うもの!ワンコが安心してココが自分の場所!と分かるようにしてあげてくださいね。うちはコットの上が犬たちの居場所です。ドッグアンカーや長い丈夫なペグにつないでいます。

場内にある、コレ!犬連れキャンパーは注意!?

この実何だか分かりますか?森まきの場内にはいっぱいあります。これ「センダンの実」だと思われます。センダンは、ムクロジ目・センダン科の植物の一種。嘔吐、よだれ、下痢、胃炎、けいれん、運動失調、呼吸停止、心停止などの症状をきたします。犬だけでなく人間をはじめとする哺乳類でも死亡例があるとのこと。何でもお口入れちゃうような小さなお子様はもちろんですが、お散歩しながら拾い食いしちゃうワンコは要注意です!

森まき、私はこう過ごす!

買い出しは最寄りの「スーパー吉田屋 横田店」へ

気持ちがいい青空なので、タープなしのお外リビングで青空の下のんびり過ごします。外で食べるご飯は本当においしくて、ついつい食べ過ぎてしまいそう。買出しは森まきから10分ほどにある「スーパー吉田屋 横田店」が便利です。お野菜も新鮮で安いです。買い忘れがあっても大丈夫。近くにコンビニもあります。寒くなったら大きいテントをリビングにして引きこもりキャンプ!アウトドアで引きこもりもなかなかクセになるでしょう。 スーパー吉田屋 横田店 〒299-0236  千葉県袖ケ浦市横田2632 0438-75-2005 営業時間 9:00〜20:00

疲れた心をリセットするのは焚き火の時間。

忙しい毎日で疲れた心をリセットする時間は焚き火の時間です。焚き火ってなぜこんなに癒されるのでしょうか?炎の癒し効果は絶大です。パチパチと薪が爆ぜる音、風にゆられる炎。時間を忘れて何時間でも見ていられます。

寒くなってきたら引きこもりキャンプ!

暖かいといわれる房総半島でもやっぱり冬は寒い!夜と早朝は、まだまだ冷えるので引きこもりキャンプで決まりです。幕の中はストーブ2台でぬくぬく。今回は土間スタイル!フロアーシートをはがして使用しました。

サイロ越しの朝日と夕日は絶対見るべし!

空が広い森まきではホントに空がキレイです。星空はもちろんですが、オススメは朝日と夕日です。

お散歩しながら施設紹介!

冬はやっぱり安心な電源サイト!

電源サイトは区画サイトにですが広々しています。電源サイトであればお子様連れでも、冬キャンプデビューでも安心です!ホットカーペットにファンヒーターなど色々使えます(AC電源¥1,050)。
電源サイトからみたフリーサイトはこんな感じです。ドッグランの広さもよく分かりますね!

炊事場

キャンプ場に何カ所かある炊事場です。高い流しと低い流しがあります。場所は限られていますがお湯が使える所もあります。数が少ないのでシーズンインしたら時間帯では混雑すかもしれませんね。

トイレ

新しくした所もありますが、キャンプ場に多くあるのは、昔ながらのスタイルの洋式トイレです。建物はちょっと古く見えますが中はキレイに掃除してあります。和式スタイルを洋式にしたので、座ると扉が近いです

シャワー&お風呂

トイレと同じような作りで一瞬わからなかったけど、シャワー室もあります。脱衣所と別になっているので使いやすいです。中はキレイでした(有料)。どうしても湯船に入りたい!という人には、「君津の湯」か「湯の郷かずさ」がおすすめ。ただし両方距離があります。 詳しくはこちら:スーパー銭湯 君津の湯 詳しくはこちら:湯の郷 かずさ

ゴミステーション

森まきはゴミが出せます!遠征や連泊だとありがたいのがゴミが出せることです!しっかり分別してくださいね。

洗濯機と禁止事項

意外とあると助かるのが洗濯機!連泊はもちろんですが、自然に出ると汚れることもしばしば。夏には「じゃぶじゃぶ川」という小さな川遊びもできます。そんな時にも便利です(期間7月18日~8月31日)。洗濯機の横には炭入れがあります。

森まきのシンボル!?サイロ周辺が楽しい!

電源サイトの裏にあるサイロ!コレを見ると「昔牧場だったんだな~」と思う人も多いのでは?サイロとは、穀物・野菜・飼料などの粒体や、小麦粉などの粉末を一時的に貯蔵しておくための倉庫・容器のことです。
サイロ周辺にはかわいい動物たちがいます!
遊び場もあります。

「森のまきばオートキャンプ場」へ出かけよう!

広くてのんびり時間が流れる「森のまきばオートキャンプ場」は、都内から1時間とは思えない自然豊かな環境。家族連れ犬連れキャンパーさんにぜひおすすめしたいキャンプ場です。出かける際の選択肢にぜひ入れてみてください。 ▼もりまきの概要が知りたい方は、こちらの記事も合わせてチェック
▼キャンプデビューにおすすめな【全国版】オートキャンプ場特集もチェック!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事