埜となれ山となれの灯卓台_λ280

キャンプに「書斎」を持ち出す!?能動的に「ボッチ」を楽しむ、ランタンハンガー付きデスク

「好きな時間にテントを張って、好きな音楽をかけて食事をして…。さて、まだ就寝には早いし何をしようかな?」。そんなソロキャンプを愛する人にぜひ知ってほしいのが、このランタンハンガー付きローテーブル。たった2kg、テーブル高は26cmのミニマムサイズ。これとローチェアがあれば大自然の中がどこでも「書斎」に!?


【再入荷】埜となれ山となれ 灯卓台_λ280

18,700円(税込)


ランタンの灯りを頼りに読書やお酒を楽しむ、贅沢な一人時間

やわらかなランタンの灯りをお供に、自分らしくキャンプの醍醐味に浸る

埜となれ山となれの灯卓台_λ280使用イメージ
「使い方に余白のある新たなプロダクトを。」をモットーに、使い手に楽しみ方を委ねることを大切にしたギアを制作している「埜となれ山となれ」。2021年に発足とまだ新しいブランドながら、独創的なフォルムやありそうでなかった道具が多く、注目を集めています。 そんな埜となれ山となれの2023年最初のお披露目は、ランタンハンガーとローテーブルが一体となった「灯卓台_λ280(あかりたくだいラムダ280)」。ミニチュア家具的なかわいさと、必要最低限のアイテムを載せたり掛けたりできる機能性で、好きな場所で好きなように過ごすのにぴったりの相棒なのです。

天板+ランタンハンガー。シンプルな中に使い方が広がりそうな仕掛けも

天板サイズは280×220mm。カップや小皿、Bluetoothスピーカーなどが置ける!

埜となれ山となれの灯卓台_λ280イメージ
黒皮鉄の天板は、A4サイズより一回り小さいくらい。本当にミニマムなのですが、シェラカップや小皿、小さなスピーカーは同居できるので、お気に入りの音楽をかけながらコーヒーやお酒を楽しむには充分。ランタンの灯で読書をしたい場合は、コーヒーカップ+文庫本くらいがちょうどいい感じです。
埜となれ山となれの灯卓台_λ280イメージ
天板の細長い穴は、シェラカップやフックを掛けられる。ここも使い方は自由!

シェラカップなどをかけられるマグネット式ハンガーも

埜となれ山となれの灯卓台_λ280イメージ
天板の下には、マグネットで付けられるハンガーが。使わないものはここにかけておけばテーブルの上をすっきり使えます。スピーカーやラジオなどの音源をかけておくのもいいですね。

ランタンハンガーの頂部は方向が変えられる!

埜となれ山となれの灯卓台_λ280のランタンハンガー部分
ランタンハンガー部分は、真鍮製の留め具がアクセントのシンプルな造り。ちなみに、先端の向きを天板の上に来るようにも、外に来るようにも変えられるので、サイトの中でレイアウトする時も使い勝手がよさそうです。 ランタンハンガー部分もコンパクトなので、サイズ的にはゴールゼロなどのコンパクトLEDランタンにシェードを付けるのがちょうどいい感じ。手持ちの小型ランタンが使えるのも手軽でGOOD!

小さくて機能的なランタンハンガー付きテーブル

重さ2kgという軽さと安定感を両立!

テーブルの接合部はツメ+スライドで荷重がかかっても抜けない構造

埜となれ山となれの灯卓台_λ280接合部
持つと本当に軽いし小さいし、安定感は大丈夫?と思ってしまいますが、細部を見てみると、簡単な組み立ての中にも安定感を出すための工夫があちこちにありました。 例えば、天板と脚の代わりになっている鉄の板はツメを差し込んで接合しますが、スライド式になっているので荷重がかかったり多少の揺れでは抜けません。

ランタンハンガーの接合部はマグネットで抜け落ち防止

埜となれ山となれの灯卓台_λ280接合部マグネット
美しいシルエットを作るランタンハンガー部分は、ナラ材を接手に差し込むだけ。細くて繊細な見た目をしている分、一見衝撃に弱そうに見えますが、中にしっかりビスとマグネットが入っていました。磁石の接着力でハンガーの安定感もアップ!

商品名の「λ」にも似たこの形。荷重ベクトルを分散!

埜となれ山となれの灯卓台_λ280イメージ
さらに、この独特のシルエットも安定感のために一役買っています。ランタンハンガーの延長にある脚と一枚の鉄板だけで絶妙にバランスを取っていますが、ランタンハンガーを傾けることで荷重を分散させているそう。この無駄のないデザイン性も埜となれ山となれの魅力!

酸化被膜を纏った鋼材と耐水・耐久性に優れたナラ材を使用

埜となれ山となれの灯卓台_λ280イメージ
サイドの鉄板にさりげなく入ったロゴも渋い
素材は、酸化被膜を纏った黒皮鉄と、固くて傷に強く、耐水性も高いナラ材がメイン。無骨すぎないナチュラル感がどんなサイトにも似合いそうです。また、急な雨や夜露などで濡れても多少なら大丈夫。使い終えたらしっかり水気を拭いて、木は陰干しなどで乾かしてから片付ければ長く愛用できます。 ミニマムながら存在感抜群のランタンハンガー付きローテーブル。次回のソロキャンプは、ランタンの灯りと好きな本をお供にゆっくり流れる時間を楽しんでみてはどうでしょうか。 【基本情報】 材質:黒皮鉄(SS400)、角鋼管(STKR400)、ナラ材、真鍮 サイズ:280×220×H750mm 重さ:2.0kg ※収納ケースは付属していません

安定感にも配慮したランタンハンガー付きローテーブル

荷物を減らしたい、でも個性は欲しいミニマリストキャンパーにもおすすめ

コンパクトで軽く、ランタンが掛けられて、ほどほどに物も載るローテーブル。便利過ぎないけれど、自然の中でゆっくり過ごすのに充分な機能は、身軽に出かけて自然の中に身を浸したいソロキャンパーやミニマリストキャンパーさんと相性抜群です。小さいからこそ、外でもテントの中でも、さらにテーブルonテーブルでも場所を選ばないのも魅力。「使い手に委ねられた自由さ」を楽しんでみて!

【再入荷】埜となれ山となれ 灯卓台_λ280

18,700円(税込)




あわせて読みたい記事