キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

ワークマンなら1万円でキャンプサイトが作れる!?製品開発スタッフが全力で教える、デイキャンプからお泊りまで叶うギアはこれ!

ワークマンのキャンプギアの画像

2022年6月16日に池袋にOPENした「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」。高機能でオシャレなのに低価格なアイテムが頭からつま先までそろうとあって、新たなアウトドア系お買い物スポットとして注目されています。そして、ワークマンの狙い目はやはりキャンプギア。税込み10,000円以下のうおすすめギアを、製品開発スタッフの鐵本孝樹さんに聞いてきました。

トータル9,160円!これから始める人におすすめな【キャンプスターターセット】

ワークマンのキャンプギアの画像
BASICドームテント4,900円(税込) BASICスリーピングバッグ1,500円(税込) 耐熱アルミテーブル980円(税込) 燃え広がりにくいローチェア1,780円(税込) ※ワインとグラスは含まれません
「アンダー1万円で日帰りキャンプからお泊りキャンプまでできるギアを教えて!」と無理難題を鐵本さんにふっかけたところ、最低限必要なギアに絞ってテント、寝袋、テーブル、椅子の4点をピックアップしてくれました。各ギアを順番に紹介していきます。
ワークマンのBASICドームテントの画像
※赤線上が対象商品です
まず、BASICドームテントから。これから始める人の中には、高機能すぎるテントだと価格は高いし、使いこなせる場面は当分先だがら今必要なものじゃない。かといって安すぎても本当に現場で使えるか不安…と感じて購入をためらっている人もいるかもしれません。初心者向けの機能と価格のバランスが合ったものが欲しいところです。そんな人におすすめなのが、まさにこのBASICドームテント。
風に弱いワンタッチ式ではなく、交差した2本のポールがテントを支えます。構造はシンプルなので、組み立ても簡単。付属のキャノピーポールを使って、入口部分の生地をタープのように広げて支えることで、ちょっとした日陰も作れます。虫が大発生する暑い季節には、入り口部分のメッシュを閉めて網戸代わりに。通気性も良く快適です。 急な雨が降っても大丈夫なように、生地の耐水圧はフライシートが約2000mm、フロアシート約3000mmを確保。長時間の大雨でなければ耐えてくれるでしょう。雨漏り防止、結露を軽減してくれるフライシートはテントと別売りなことも多いので、これがついているだけでもお値打ちもの。かなり充実した内容、スペックで5,000円を切るのは驚異的。1人用なので、ソロキャン向けです。
BASICスリーピングバッグの画像
次は、テントと同様、お泊りキャンプに必須な寝袋を紹介します。暑い季節はあたたかすぎる寝袋はいらないけど、朝晩の冷え込みには対応してほしいところ。そんな時期にピッタリなのが「BASICスリーピングバッグ」。中綿のおかげで、外気温10℃を下回らなければ、温かく快適に過ごせます。
逆に暑くなってきたら、ダブルファスナーの足元側を開ければ、温度調節も楽々。ファスナーをすべて開放すれば、ブランケットや敷布団代わりにもなって便利です。表生地には撥水加工が施されているので、テント外に持ち出して水に濡れることがあっても、気にせずジャンジャン使えます。
耐熱アルミテーブルの画像
3番目は、キャンプでの大きな楽しみの一つ、食事シーンで大活躍する「耐熱アルミテーブル」を紹介します。キーワードは、軽量、耐熱、ロースタイル。
重さは約390gと超軽量で手軽に持ち運び可能。折り畳み式なので、サッと組み立ててすぐ使えるのが便利です。天板は耐久性と耐熱性のあるアルミ製。さっきまで火にかけていたスキレットやクッカーを直置きしても大丈夫。焚き火まわりに置いておいても安心です。テーブルの高さは低めで大きさも小さめですが、ドリンクとちょっとした料理を置くくらいであれば十分。1人用のエントリーモデルとしてピッタリなアイテムです。
燃え広がりにくいローチェアの画像
※赤枠の中が対象商品です
最後に紹介するのは、燃え広がりにくいローチェア。テントの外で自然を感じるにも、食事を楽しむにも、椅子の座り心地は重要です。このローチェアの推しポイントは、ゆったりリラックスできること。
お尻をつける座面と背もたれが地面と垂直ではなく、ほどよく傾斜しているため、背中を預けるとリクライニングシートに座っているような心地よさ。生地には燃えにくい加工が施されているので、火の粉が飛んできても燃え広がりにくく安心です。収納時は付属のバッグに入れれば横約40cm、縦約15cmとコンパクトになり、かさばらないのも助かります。

ワークマンならアンダー1万円で日帰りor宿泊キャンプギアが揃う!

高価格、高機能は当たり前の中、キャンプ初心者向けにスペックと価格の足並みをそろえてくれているのは、さすがわれらがワークマン。自分用にも、一緒に始めたいあの人のプレゼント用にもおすすめです! 【店舗情報】 店名:「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」池袋サンシャインシティアルパ店 住所:東京都豊島区東池袋3-1-2 サンシャインシティ専門店街アルパ2階 営業時間:10:00~20:00 電話番号:03-3988-5588
「WORKMAN SHOES」×「#ワークマン女子」池袋サンシャインシティアルパ店の詳細は下の記事もチェック!
 最終更新日:

あわせて読みたい記事