キャンプ・アウトドア情報メディア | hinata〜きっとそとが好きになる〜

【速報】池袋に6/16同時OPEN!関東初出店の「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」複合店舗に行ってきた!

「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」池袋サンシャインシティアルパ店の店頭画像

2022年6月16日(木)池袋サンシャインシティ内に「WORKMAN Shoes」と「#ワークマン女子」の複合店がOPEN。どうやら、頭からつま先までオシャレで高機能なコーデが叶うとのことですが、その真意はいかに!?hinata編集部がさっそく偵察に行ってきました!気になる見どころを紹介していきます。

「#ワークマン女子×WORKMAN Shoes 池袋サンシャインシティアルパ店」の見どころ

「WORKMAN Shoes」と「#ワークマン女子」の複合店が2022年6月16日(木)池袋サンシャインシティ内にOPENしました。「WORKMAN Shoes」といえば、かかとが踏める「LIGHT スリッポン」がテントの中と外を行き来するのに便利とキャンパーの間で大ヒット!オシャレ、高機能、低価格の三拍子が揃う商品が豊富で支持層が増加中です。また、女性目線で開発されたアウトドアウエアやキャンプギアを展開する「#ワークマン女子」とは店内が繋がっていますので、全身コーディネートが可能。ここでしか買えない商品も要チェック!
さっそく、「#ワークマン女子×WORKMAN Shoes 池袋サンシャインシティアルパ店」の見どころを紹介していきます。

「女性のお店」ではなく「女性目線のお店」、男性もウェルカム!

「#ワークマン女子×WORKMAN Shoes 池袋サンシャインシティアルパ店」の店頭画像
WORKMAN Shoes池袋店は、2022年4月1日にオープンした大阪の「WORKMAN Shoesなんば CITY店」に続き2店舗目。
もともとワークマンは、現場作業や工場作業向けの作業服・関連用品の専門店。ゆえに、男性向けアイテムの取り扱いが多く、女性がウエアを選ぶとなると、男性向けアイテムの中から選択することも少なくありませんでした。“ワークマン女子”という言葉も、“男性向けアイテムを使っている女性”という意味で最初は使われていたようです。 そんな中で、女性も入りやすいお店として誕生したのが「#ワークマン女子」。池袋店では、売り場面積の約30%が女性向けウエアで構成されています。
#ワークマン女子が展開するウエアの画像
売り場面積105坪(約200畳)の店内は、男女兼用ウエア35坪、女性向けウエア30坪、シューズ20坪、男性向けウエア15坪、キッズウエア(120cm〜)5坪で構成されています。
とはいえ、あくまで女性目線を取り入れたお店なわけで、従来から取り扱っていた男性向けアイテムは健在。男性ももちろんウェルカムです。

ビジネスシーンにも使えるアイテムから幅広い客層に対応したアイテムまで豊富

ワークマンが展開するキッズウエアの画像
今回の出店先である池袋は、東京23区でもトップレベルの人口密度を有するビジネスエリア。また、埼玉や横浜方面からのアクセスが良好なため、休日にはファミリー層や若年層など幅広い客層で賑わいます。 そんな池袋の特徴を活かし、池袋サンシャインシティアルパ店には、ビジネスシーンにも違和感のないウェアやシューズ、バックなどのアイテムが豊富。また、女性向けだけでなく男性向けやキッズ用まで取り扱いがあるので、来店時のパーティを気にせず、ふらっと立ち寄れるのも魅力です。

頭からつま先まで全身コーディネートが可能

#ワークマン女子で全身コーディネイトした画像
「WORKMAN Shoes」と「#ワークマン女子」というそれぞれのブランドがワンフロアにドッキングされているので、店内を自由に行き来しながら、上から下までコーディネートできるのも魅力。タウン用のコーデ、キャンプ用のコーデ、フェス用のコーデ...などなど目的に合わせて全身コーデが楽しめます。 また、キャンプやアウトドア初心者は、いざ現場に行ってから「あれも買っておけばよかった...」と気づくパターンも。その場でスタッフさんにアドバイスをもらうことで、買い逃しの心配もしなくて良さそうです。

ワークマン初となる女性向け プライベートブランドシューズが大量陳列!

WORKMAN Shoesが展開するシューズの画像
池袋店の目玉的存在なのが、ワークマン初となる女性向けプライベートブランドシューズ。働く女性を応援する〝ハタラクジョシ″企画として開発されたもので、オシャレなのに履き心地が快適なのが特徴です。パンプスやバレエシューズ、サンダル、レースアップシューズなど幅広く展開されていて、全部ほしくなってしまいそう。 ガンガン動けてビジネスでもお出かけ時でも大活躍の予感です。
WORKMAN Shoesが展開するアクティブパンプスの画像
履きやすく脱げにくい「アクティブパンプス」。カラーは新色のサックス
女性向けプライベートブランドシューズについては、関東では現状、ここでしか買えないので要マーク!もちろん、アウトドアシーンで使えるシューズは男女ともに取り扱いが豊富なので、アウトドアシューズ狙いで訪れても満足できるはず。

次のキャンプで使いたくなる季節感を意識したウエアや小物がたくさん

店内には、梅雨時期に大活躍しそうな撥水パーカーやカッパ、レインシューズなどが豊富!
#ワークマン女子が展開するウエアの画像
女性向け撥水パーカー
ワークマンが展開する男性向けレインウエアの画像
男性向けレインウエア
WORKMAN Shoesが展開するレインシューズ
レインシューズ
気のサイズやカラーから売れてしまうので、チェックはお早めに。

キャンプギアコーナーもあります!

ワークマンが展開するキャンプギア
高機能なのに低価格を実現させたソロテントから、泊まりに必要なシュラフ、火を使うキャンプに最適な耐熱テーブルや難燃チェアまでワークマン一押しギアが揃います。意外と知られていない隠れた名品も?詳細は店頭スタッフさんに確認を!

「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」池袋サンシャインシティアルパ店へ急げ!

キャンプやアウトドアが好きな人はもちろん、池袋にオフィスがあって「ちょっとアウトドアやってみたいかも…」と思っている人は、仕事帰りに池袋サンシャインシティアルパ店へGO!頭からつま先までオシャレで高機能なコーデ(しかも低価格)が叶います。

「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」池袋サンシャインシティアルパ店の基本情報

「WORKMAN Shoes」×「#ワークマン女子」池袋サンシャインシティアルパ店の店頭画像
住所:東京都豊島区東池袋3-1-2 サンシャインシティ専門店街アルパ2階 営業時間:10:00~20:00 電話番号:03-3988-5588
 最終更新日:

あわせて読みたい記事